予防接種 Hib(ヒブ)細菌性髄膜炎について

予防接種 Hib(ヒブ)細菌性髄膜炎について

予防できる病気

 

Hibによる髄膜炎…Hibとはインフルエンザ菌b型の略称で、冬に流行するインフルエンザに名前が似ていますが別物です。Hibに感染すると髄膜炎、喉頭蓋炎、肺炎、敗血症などになることがあります。とくに髄膜炎が起こりやすく、日本では年間に約600人発生していると推測されています。5歳未満の子供がかかりやすく、0~1歳までは特にかかりやすいので注意が必要です。

 

Hibによる髄膜炎になると抗菌薬による治療が必要となり、1ヶ月程度入院して治療します。治療を受けても約25%に発育障害や聴力障害、てんかんなどの後遺症が残り、約5%が死亡します。初期症状は発熱や嘔吐、不機嫌、けいれんなどで、一見風邪などの他の病気の症状と似ているため早期診断が難しく、適切な治療が遅れる心配があるので、ワクチンによる予防が大切です。

 

望ましい接種年齢

 

生後2ヶ月から7ヶ月の間に接種を開始する

 

接種年齢

 

生後2ヶ月~5歳未満

 

回数

 

生後7ヶ月未満で接種開始:4~8週間隔で3回、おおむね1年後に追加1回
生後7ヶ月~1歳未満で接種開始:4~8週間隔で2回、おおむね1年後に追加1回
1歳~5歳未満で接種開始:1回

 

接種方法

 

ワクチンを皮下注射します。他のワクチンと同時接種が可能です。

 

副反応

 

ショック・アナフィラキシー様症状やけいれん、血小板減少性紫斑病が極めてまれにおこることがあると言われていますが、発生頻度についてはわかりません。

 

その他の副反応は、接種部位の発赤が約44.2%、腫れが約18.7%、しこりが約17.8%、発熱が約2.5%、不機嫌が14.7%などです。

 

注意

 

Hibワクチンについての案内等をしっかり読んで理解しておきましょう。Hibワクチンについてのパンフレットは小児科などに置いてあります。

 

※予防接種の情報は古い場合がありますのでご了承ください。