予防接種 BCGについて

予防接種 BCGについて

予防できる病気

 

結核…結核菌に感染すると咳や微熱などの症状があり、慢性化しやすく死にいたることもあります。1歳未満の赤ちゃんが感染すると、結核菌が脳にまで達し高熱やけいれん、意識障害を起こしやすく、結核菌が肺全体に広がり重症化しやすい病気です。

 

望ましい接種年齢

 

生後3ヶ月~6ヶ月未満

 

接種年齢

 

生後6カ月未満まで(やむを得ない事情がある場合は1歳未満まで)

 

回数

 

1回

 

接種方法

 

接種液を上腕外側に垂らし9本の針が付いたスタンプを2か所に押しつける。体内に入るように強く押し付けます。

 

副反応

 

接種した部位が10日~4週間程経つと赤くなり少し盛り上がり、その部分に膿がたまることもありますが、やがてかさぶたになり、3ヶ月くらい経過すると、あとが残る程度になります。これは異常ではなく免疫がしっかり付いた証拠です。3ヶ月経過しても接種部位が膿んでいて、よくならない場合は病院で診てもらいましょう。

 

重度の副反応はほとんどありませんが、まれにわきの下のリンパ腺が腫れることがあります。腫れは半年経過する頃には、ほとんどの場合自然治癒しますが、まれに化膿して膿が出ることや、大きく腫れてしまうことがあるので、その場合は病院を受診しましょう。

 

注意

 

10日以内に接種局所の発赤や化膿が見られたときは、すぐに接種した場所や役所に相談するか、病院を受診しましょう。これをコッホ現象といい過去に結核に感染した可能性があります。家族や赤ちゃんに長期間接触した人から感染した可能性もあるので、必ず病院を受診しましょう。

BCGに行ってきました(体験談)

接種日より1ヶ月ほど前に、市から3ヶ月検診とBCGが一緒に行われると案内が届きました。私の住む地域は集団接種でした。当日の朝、検温をしたら37.0℃で、赤ちゃんも元気だし受けられそうなので、用紙に必要事項を記入して、持ち物の準備をしました。 持ち物は、予防接種の予診票、健診の案内、母子手帳、オムツ3枚、携帯用おしりふき、おむつ用ビニール袋、真冬だったので防寒具、その他は普段出かけるときに持っていく財布や携帯、ハンカチくらいです。

 

開始時間と同じくらいの時間に、会場に到着するとすでにすごい人でした。まず受付で検温をしてから、予診票にサインをして赤ちゃんに関するパンフレットをもらい、栄養についての講座、身体測定、診察、BCGの順番で進んでいきました。健診にとても時間がかかり、2時間ほど経ってからようやくBCGの接種になりました。

 

準備用のベッドの上で赤ちゃんの左上半身を出し、私は髪の毛を縛ってかばんを預かってもらいました。赤ちゃんを抱っこして順番が来るのを待っていましたが、泣き叫ぶ赤ちゃんを目の前にしている状態なので、かわいそうでかわいそうで…。でも私の赤ちゃんは健診で疲れて、うるさい状況なのに眠ってしまいました。

 

しばらくして名前が呼ばれ、椅子に座り赤ちゃんの左腕をだして、私は赤ちゃんが動かないようにしっかり抱え、ワクチンが付かないように指示されました。ワクチンを赤ちゃんの腕に垂らし、スタンプの様な針でこれでもかってくらい押しつけていました。私は骨が折れるんじゃないかと、ひやひやして見ていました。赤ちゃんはもちろんおお泣きです。そのあとは乾くまで腕を抑えながらその部屋で待ちました。

 

乾いたら赤ちゃんの服を直してかばんを受け取り、次は保健士による個別の指導へ行くように案内され、指導を受けてようやく終了しました。BCGの接種はあっという間でしたが、健診も含め全工程で3時間近くかかりました。

 

接種後は何の異常もなく元気でしたが、2週間くらいすると針を刺したほとんどの部分が赤くなり膿んで痒そうでした。それからかさぶたができて、4週間くらいでかさぶたも剥がれて、赤みがぽつぽつとある状態にまで落ち着きました。1歳頃になると針を刺した部分はあとが少しあるくらいで、膿んでいないので大丈夫そうです。

予防接種を受けて思ったこと

  • 室内は暖かくしてあるので、防寒具は車に置いていった方がいい
  • 赤ちゃんがお腹いっぱいの時に行くと楽
  • 荷物は最小限で1つにまとめると便利
  • ショルダーバッグが使いやすく、ハンドバックはとっても邪魔
  • 服は見た目より脱がせやすく着せやすい物が1番いい

※予防接種の情報は古い場合がありますのでご了承ください。