吐きづわりの症状と対策方法

吐きづわりの症状と対策方法

つわりはストレスや不安など精神的なことで症状が重くなることがあります。家族が協力的でなかったり、育児に対する不安や経済的な不安など妊娠中は様々な悩みがありますが、なるべくいい精神状態で過ごせるように工夫しましょう。

吐きづわりの症状

吐きづわりは食べるとむかむかと気持ち悪くなり吐いてしまったり、においなどで気持ちが悪くなってしまいひどい時は吐いてしまいます。

吐きづわりの対処法と乗り切るコツ

食べられなくて赤ちゃんに栄養がいくか心配になると思いますが、栄養は赤ちゃんに優先的に回されるので、妊娠悪阻でない限り大丈夫です。つらい時は栄養バランスなどはあまり気にせず食べられる物を食べたいだけ摂取しましょう。食べ物がダメなときは飲み物だけでも取りましょう。

 

  • 水分の多いものをとる(ヨーグルト、プリン、ゼリー、野菜スープなど)
  • 消化の良いものを食べる(おかゆ、煮物、温野菜など)
  • お酢やレモンなどを使ってさっぱり食べる(ご飯をすし飯にしたりドレッシングでサラダをさっぱり食べる)
  • 自分で作らない(作っていると気持ちが悪くなるときは買ってきたり作ってもらう)

吐きづわりさんにおすすめ食べ物

アイス、ヤクルトなどの乳酸菌飲料、生野菜、ヨーグルト、ゼリー、プリン、酢飯、トマト、酢の物、炭酸飲料 などさっぱりとしてのど越しがよく、消化がよい物がおススメです。