【正看護師が解説】つわりの症状・対処法。つわり時に食べやすい食べ物は?

妊娠 つわり

つわりとは?

つわりとは妊娠をした妊婦の50~80%の人が経験する症状です。妊娠6週頃からはじまり、16週ほどで落ち着くといわれていますが、臨月まで症状が続く人もいるなど個人差が大きいです。

つわりはいつ終わる?時期や終わり方は?【看護師が解説】

2018.03.29

つわりのピークっていつ?辛いつわりの軽減の仕方など【看護師が解説】

2018.03.29

つわりの原因はまだ詳しく分かっていませんが、妊娠するとヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが分泌されて、そのhCGの上昇とともにつわりの症状がでてくるので、ホルモンが関係しているとのではないかと言われています。

つわりの症状は?

妊娠 つわり
つわりの症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、唾液分泌亢進などがあります。
ほかにも頭痛や眠気、全身のだるさなど人により様々な症状が現れます。特に多いのは食欲不振、吐き気などです。

今まで食べていたものが突然受け付けなくなったり、お茶を飲めなくなったり、ご飯のにおいをかいだだけで吐き気が出てきたり、はたまた急にすっぱいものを食べたくなったりと、その症状はさまざまです。
そのため食べられる食物がかなり制限されます。

また、つわりは朝や空腹時に症状が強くなる傾向があります。
起きたとたんに吐き気におそわれることも多いです。

そのためなるべく空腹の状況を作らないように、少量ずつ食べられるものを食べられる時に摂取するといいでしょう。
水分も一度にたくさん飲むと吐き気を催す場合もあるので、少しずつ含んでいきます。

つわり時に食べやすい食べ物は?

冷やしうどん
つわり時に食べやすい食べ物は個人差がありますが、比較的冷たくてのど越しの良いものが食べやすいと言われています。
冷やしたトマトや冷たいうどん、お豆腐や果物などが摂取しやすいです。またビタミンB6を摂取することでつわりの吐き気症状を軽減させることができると言われています。ビタミンB6はバナナやサツマイモ、玄米などに含まれているので積極的に取り入れていきたい食物です。

またつわりの時は食事準備する時もにおいで吐き気を催したりするので、無理をせずその間は家族にフォローしてもらうか、調理済みのものを買うなどして対応していきましょう。

つわりの対処方法は?

また、つわりの症状である唾液つわりとは唾液の分泌が異常に増えることです。
食事中に異常に唾液が出てくる場合もあれば、寝ているときも絶えずだらだらと出てくる不快な症状です。
横になっているときはなるべく唾液を出せるようにティッシュなどを置いておいて対処します。そして唾液が増えることで脱水にならないようにこまめに水分摂取をしましょう。
このようなつわりの症状が非常に重くでる人がいます。

つわり中の飲み物のおすすめは?比較的飲みやすい飲み物について【正看護師が解説】

2018.03.29

食事や水分摂取が困難となり、脱水や体重減少、栄養障害を伴います。
そういう状態を重症悪阻といい、場合によって入院して点滴治療などを行うことがあります。

つわりで一日中吐き続けて食事や水分が全く取れなくなった、また尿量の極端な減少があれば、早めにかかりつけの産婦人科に行き診察をしてもらいましょう。

つわりは妊娠の正常な反応ですが、個人差も大きく人によっては入院するほど重い場合もあります。辛いときは家族や医師に相談して一人で抱え込まず少しでも楽になる方法を見つけていきましょう。