つわりのピークっていつ?辛いつわりの軽減の仕方など【看護師が解説】

つわり

「つわり」は、妊娠や赤ちゃんがいることを実感できることから、妊婦さんにとっては、大切な体験の一つとも捉えられています。

しかし、一方で、吐き気などにより、妊婦さんの身体や日常生活に影響が見られるのも事実です。
正しい知識の下に、上手に乗り切りたいものですね。

つわりは、いつから始まるの?

つわりは、妊娠5 ~ 6 週頃より現れ、全妊婦の50~80%が経験すると言われています。
一般的に、経産婦より初産婦にその頻度は多いことが知られています。

つわりは、妊娠8週から11週がピークで、妊娠12~16週頃には、ほとんど消失します。

つわりの原因

つわりの原因は、未だ、はっきりとは、分かっていません。
しかし、いくつか要因として考えられるものがあります。代表的なものは、次の2つです。

1.ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)

hCGは子宮内の絨毛組織から分泌されるホルモンで、ステロイドホルモンやタンパク質ホルモンを分泌して妊娠の維持を図ります。

つわりの発症時期がhCG 分泌が高まる時期と一致することや、hCG 分泌過剰状態ではつわりの症状が強くなるといったことから、hCG の関与が大きいと言われています。

2.妊娠の受け止め方

妊婦さんのアンビバレントな感情がつわりに大きな影響を与えると考えられています。

アンビバレントな感情とは、相反する感情を持つことをいいます。妊娠というのは、嬉しい反面、生活を変える大きな契機となり、アンビバレントな感情が生まれやすいのです。

この感情は、決して、特別なことではありません。

妊娠の受け止め方について調査した結果では、「嬉しかった」が最も多かったものの、「驚いた」「困惑した」「心配した」と回答した女性も多いことが明らかになっています。

また、「嬉しかった」と回答した人の3割が同時に、「驚いた」「困惑した」「心配した」も選択していました。

このように、多くの妊婦さんが、喜びと同時に不安といった、相反する感情をもつのです。

つわりの3大症状

「吐き気」、「嘔吐」、「食欲不振」これら3つは、つわりの3大症状と呼ばれています。

早朝空腹時に現れやすいと言われていますが、つわりの症状は個人差が大きく、出現する時間帯や症状の程度も様々です。

「吐き気はするけど、食事はいつもどおり食べられる」という軽い人から「いつも車に乗っている感じ」といった終始不快感を抱く人まで、その程度には、かなりの幅があります。

つわりは、生理的変化の1つですから、大抵は、食事等を工夫しながら、症状が自然に消失するのを待ちます。

しかし、中には、重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ)といい、嘔吐を繰り返し、症状が強くなる中、「体重減少」「皮膚の乾燥」「尿量の減少」「発熱」などの全身症状をきたす場合があります。

重症妊娠悪阻になる頻度は、0.5%以下といわれていますが、つわりの症状が強い場合は、我慢せず、受診し、主治医に相談しましょう。

つわりの症状は、性格が影響する

つわりの症状や程度には、性格特性が関係しています。

1.内向的性格

内向的性格の人は、不眠、嗜好の変化、においへの過敏性等の精神的苦痛を訴えると言われています。

2.外向的性格

外向的性格の人は、嘔吐・頭痛・めまいなどの身体的苦痛を訴えると言われています。
心を率直に開くことができにくい傾向がある妊婦さんは、強いつわり症状を呈するとの研究結果も出ています。

つわりを軽減するには??

全妊婦の50~80%が経験すると言われる「つわり」。生理的変化の1つで、妊娠12~16週頃には、消失すると言われていますが、その不快感は辛いですよね。
無くすことはできなくても、少しでも軽減できる方法があれば、と考えてしまいますよね。

つわりが軽減する方法は、個人差が大きく、自分に合った方法を見つけることが大切だといわれています。

どんな方法も全ての妊婦さんに効果があるわけではありませんが、「効果があった」といわれているものをいくつかご紹介します。

1.便秘を予防する

極度の便秘状態は、吐き気を増すことが知られています。
便秘予防を意識することにより、消化管運動機能の低下を最小限にしましょう。

便秘予防は、妊婦のマイナートラブルである痔の発症予防にも役立ちます。便秘予防には、次の4つがお勧めです。

  1. 水分の多いものをとる
  2. 野菜やフルーツを多くとる
  3. ヨーグルトを食べる
  4. 繊維質の多い食物をとる

2.少量の食事を頻回にとりましょう。

そして、食事の後はお口をキレイにすることを忘れずに!
つわりは、一般的に空腹時に増強することが知られています。

体調のよい時をみながら、食べられる時に、食べたいものを少しずつ摂るようにしましょう。
空腹を予防するという意味では、「炭水化物を摂取する」こともお勧めです。

炭水化物は、胃の停滞時間が長いことから空腹を予防することができます。
空腹を避けるためには、少量ずつ、何度も食べ物を口にすることが大事なのですが、ここで気をつけて頂きたいのが、お口の中の清潔です。

歯磨きは、吐き気を誘発するので、できない妊婦さんも多くみられます。
中には、1度も行えなという方も。しかし、妊婦さんの歯周病は、放置すると早産のリスクを高めるなど、赤ちゃんへの影響がでます。

歯磨きができない場合でも、「うがいをする」「歯磨きティッシュで拭く」など、お口の中をキレイにするよう心がけましょう。

虫歯がある場合は、早めに受診し、対応をお医者様とよく相談しましょう。

3.食事を冷やして食べる

食事を冷ますことにより、蒸気による臭いを避ける、また、味覚を鈍感にさせる効果があると言われています。
妊娠中は、特定のにおいに対して敏感になる方がいます。

これも、どの臭いということではなく、人によって違いがあるようですが、「炊き立てのご飯」「焼き魚」など火を通した食べ物は、臭いが強くなるようです。

4.心の安定を保つ

原因にも書いたように、つわりには、妊婦さんのアンビバレントな感情が影響しています。
つわりを軽減させるためには、妊婦さん自身の心の安定が大切です。

ストレスを溜め込み過ぎないよう、適度に発散し、心身ともにリラックスするように心がけましょう。
時には、外に出て、リフレッシュしましょう。激しい運動はできませんが、無理のない範囲での散歩やお買い物もいいですね。

友達や家族に気持ちを聴いてもらうことも大切です。
感情を抑えることなく、この時期は、周りに甘えましょう。

体調が変化すると、気持ちも揺れ動きます。突然、不安になったり、悲しくなったり、怒りが込み上げてくることもあるかもしれません。

周りの方々にも協力してもらい、上手にストレスを発散していきましょう。

これ以外にも、

  • 「しょうがを食べる」
  • 「ビタミンやミネラルの摂取」
  • 「朝食の前には、あまり動き回らないこと」
  • 「仮眠をとる」

なども有効だと言われています。

最後に

個人差が大きいと言われている「つわり」。
妊婦さんと赤ちゃんの健康のためにも、自分に合った正しい方法を見つけ、無理なく過ごして行きましょう。

「症状が重いな」と感じたら、すぐに受診し、お医者様に相談することをお忘れなく。