動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)PDA

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)PDA

赤ちゃんはお腹にいる時は肺で呼吸をしないため、肺に血液を送る必要がないので、心臓にもどってきた血液は動脈管から大動脈へ流れます。産後すぐに呼吸が始まると動脈管が閉じますが、動脈管開存症は開いたまま閉じない病気です。全身に流れるはずの血液が肺動脈へ流れるので肺や心臓に負担がかかります。
症状は心雑音、呼吸が速い、痩せている等です。心不全症状がある場合は早期に治療します。軽度の場合は生後しばらく様子を見て閉じない時は手術をすることもあります。