小頭症(しょうとうしょう)

小頭症(しょうとうしょう)

何らかの原因で脳の発達が悪く、頭蓋骨が大きくならない病気です。発達遅延、痙攣などが現れることがあります。 原因は染色体異常、胎内感染、出産後の外傷、母親の糖尿病、胎内放射線被爆など様々です。治療法はありませんが、リハビリ等で発達が促され普通に生活できることもあります。