新生児仮死(しんせいじかし)

新生児仮死(しんせいじかし)

新生児仮死とは生まれてすぐに呼吸ができず低酸素状態になり、赤ちゃんに何らかの影響が出る病気です。原因は早期胎盤剥離や臍帯巻絡などの異常分娩の場合、子宮内胎児発達遅延や奇形、妊娠高血圧症候群や糖尿病など原因は様々です。

 

軽度の場合はお尻をたたいたりするだけで自発呼吸をしますが、重症の場合は酸素マスク等で酸素を送ります。低酸素状態が長くなるほど後遺症が残りやすく、重症の場合重度の後遺症が残ったり死にいたることもあります。

 

トラブルが予想される場合は、NICU(新生児集中治療室)がある病院で出産しましょう。