新生児の病気や産前産後のトラブル

新生児の病気や産前産後のトラブル

こちらでは産前産後のトラブルについて紹介しています。

新生児の病気や産前産後のトラブル記事一覧

新生児仮死とは生まれてすぐに呼吸ができず低酸素状態になり、赤ちゃんに何らかの影響が出る病気です。原因は早期胎盤剥離や臍帯...

新生児仮死とは生まれてすぐに呼吸ができず低酸素状態になり、赤ちゃんに何らかの影響が出る病気です。原因は早期胎盤剥離や臍帯...

赤ちゃんの頭が産道を通るときに強く圧迫されたり、吸引分娩の時に頭がい骨から骨膜が一部はがれ出血を起こし血がたまりこぶのに...

新生児仮死とは生まれてすぐに呼吸ができず低酸素状態になり、赤ちゃんに何らかの影響が出る病気です。原因は早期胎盤剥離や臍帯...

赤ちゃんが産道を通るときに強い力がかかったり、引っかかってしまった時などに骨折してしまうことがあります。一番多いのは鎖骨...

赤ちゃんが産道で引っかかってしまいで出てこれない時などに引っ張った際、神経に強い力がかかり神経が損傷し麻痺がおこることを...

新生児メレナとは赤ちゃんの消化器官から出血し吐血したり血便が出ることを言います。原因はビタミンKが不足している場合が多い...

新生児仮死とは生まれてすぐに呼吸ができず低酸素状態になり、赤ちゃんに何らかの影響が出る病気です。原因は早期胎盤剥離や臍帯...

頭蓋骨内の脳脊髄液が異常に作られたり、循環や吸収が悪く脳室に脳脊椎液がたまり脳が圧迫されてしまう病気です。脳脊椎液がたま...

生まれてすぐの赤ちゃんの頭蓋骨は狭い産道を通ったり、脳が発達し大きくなるために6枚にわかれています。骨と骨の隙間を頭蓋骨...

何らかの原因で脳の発達が悪く、頭蓋骨が大きくならない病気です。発達遅延、痙攣などが現れることがあります。 原因は染色体異...

赤ちゃんが羊水の中で胎便をしてしまい、出産直後に鼻などに詰まっていた羊水を吸いこんで肺に入ってしまうことを言います。普通...

肺胞を膨らんだ状態に保つサーファクタントと言う物質が不十分なため、呼吸困難などを起こす病気です。妊娠32週以降にサーファ...

赤ちゃんの呼吸が20秒以上止まったり、それ未満でも急に脈が遅くなる徐脈やチアノーゼがある場合のことを言います。早産児に起...

赤ちゃんの呼吸が一時的に早くなる病気です。赤ちゃんはお腹の中にいる時、肺の中は肺胞液で満たされています。肺胞液は産道を通...

赤ちゃんの痙攣は大人の痙攣と違い、体の一部がひきつる微細発作が多くみられます。痙攣は病気の時におこりやすく、原因となるも...

胃の出口にある幽門筋と言う輪っか状の筋肉が厚くなり、母乳やミルクがそれ以上先へ進めなくなり、嘔吐してしまう病気です。生後...

赤ちゃんは下部食道括約筋の働きが未熟で、噴門と言う胃の入り口の締まりが弱いため母乳やミルクが逆流することがあります。ゲッ...

赤ちゃんはお腹にいる時は肺で呼吸をしないため、肺に血液を送る必要がないので、心臓にもどってきた血液は動脈管から大動脈へ流...

赤ちゃんは生まれる少し前に睾丸が陰嚢にありてくるのですが、何らかの原因で下りてこない事を停留睾丸と言います。1歳までに自...

陰嚢にリンパ液がたまる病気です。陰嚢が大きくなりますが、左右どちらかが大きくなることが多く、生後1年くらいでリンパ液が体...

赤ちゃんのおしっこが通る道が塞がっていたり、狭くなっている病気です。閉鎖の場合は尿が出ないため腎臓が腫れます。狭窄の場合...

肛門が塞がり排便ができない病気です。症状は便が出ないのでお腹が膨れたり、嘔吐することもあります。治療は状態によって異なり...

先天性心疾患とは赤ちゃんが生まれてきた時から心臓の構造に異常があることを言います。右心房と左心房の間にあながある心房中隔...

赤ちゃんの脊椎が形成不全のため一部が塞がらず開いたままの病気です。髄液や神経が飛び出している顕在性二分脊椎症と皮膚で覆わ...

赤ちゃんの首がいつも同じ方向に曲がっている病気で、筋肉にしこりがあるためおこることが多いです。向き癖とは違い筋肉がつっぱ...

赤ちゃんの足が外側に反りかえり、足を床につかると小指が床から浮いたり、甲がすねにくっつくほど曲がる足の変形です。原因はお...

赤ちゃんの足が生まれつき内側に反っている事をいます。早期から治療をしギブスで足をまっすぐに矯正しながら治していきます。重...

赤ちゃんが生まれつき上唇が裂けていることを口唇裂、上あごが裂けていることを口蓋裂と言います。両方の場合は口唇口蓋裂と言い...

蒙古班、異所性蒙古班青色のあざでお尻にあるものを蒙古班、肩、足、手などにあるものを異所性蒙古班と言います。10歳までに消...

赤ちゃんの涙を鼻へ流す鼻涙管が生まれつき閉じている状態を言います。涙管より眼球側にある涙嚢と言う部分に涙がたまると、細菌...

生後臍帯が取れた後、でべそになっていることを臍へルニアと言います。生後すぐは腹筋が未発達のため泣いたりし腹圧がかかると腸...

早産の時に起こりやすい病気で、赤ちゃんの網膜血管の発達が未熟なために血管が異常に増殖してしまう病気です。自然と治ることが...