マタニティブルー、産後うつの症状と対処法!上手に乗り切る方法

産後誰にでも起こりうるマタニティブルー、産後うつについて

マタニティブルーは誰にでも起こる可能性がある産後の精神障害です。とくに現代は核家族化が進んだり、里帰りせず出産するケースが増えているので、ママの心の負担が大きくなりマタニティブルーになりやすく、その影響で虐待などの悲しい事件も多く発生しています。マタニティブルーとうまく付き合っていくために、その仕組みと対処法を知りうまく乗り越えましょう。

マタニティブルーとは?

産後にママが軽いうつ状態になることをマタニティブルーと言います。症状は些細な事が気になる、悲しくなり涙が出る、マイナス思考、イライラする、やる気が出ないなどです。

 

マタニティブルーの主な原因は出産後のホルモンの急激な変化ですが、その他の原因としてママの愛情不足が原因になることがあります。ママが小さい頃に愛情をたくさん受けられなかった、または今現在愛情が足りていない場合に、母性がうまく出ず育児に自信が持てなかったり赤ちゃんをかわいく思えないなどの気持ちが現れることがあります。

 

マタニティブルーはすべてのママがなる可能性があり、程度は人それぞれです。産後2日くらいから始まりほとんどの場合数週間で治まりますが、生活環境や精神状態が悪いとさらに長引くこともあったり、産後うつになってしまうこともあります。ママの心が不安定だとその症状が強く出てしまします。

 

マタニティブルーはホルモンバランスが安定すると、症状が改善することもあるので、生理的なものと考えると少し楽になることもあります。家族に八つ当たりしてしまう時は、マタニティブルーと言うものがあることをしっかり説明し理解してもらいましょう。

 

マタニティブルーが悪化し育児ノイローゼや産後うつになってしまうと、赤ちゃんを傷つけたり、自分の存在を否定してしまったりすることもあるのでとても危険です。悪化する前に必ず誰かに相談し改善させるようにしましょう。

マタニティブルーの主な症状

  • 少しのことで悲しくなり、涙が出る
  • 些細な事が気になりイライラする
  • パパや家族に八つ当たりする
  • 将来を悲観してしまう
  • だるくてやる気が出ない
  • 眠れないまたは異常に眠い
  • 食欲がないまたは過食してしまう
  • 育児に対して神経質や不安になう
  • もう何をしたらいいのかわからない
  • この場から逃げ出したい   など

マタニティブルーになった時の対処法

まずはママの心を安定させる努力を

 

マタニティーブルーはママが不安や不満、ストレスを抱えていると症状が強く出てしまうので、まずはそれらの原因を解消する努力をしましょう。また、ママが赤ちゃんの時に母親からあまり愛情を注いでもらえなかったり、虐待を受けていると赤ちゃんと上手に接することができず心が不安定になることもあります。この場合は自分での解決は難しいかもしれませんが、家族と楽しい時間を過ごしたり、スキンシップをとったりして、好きな人からたくさん愛情を受けてみましょう。母親と話して解決できる場合は母親から話を聞いてみるのもいいでしょう。自分で解決が難しい場合はカウンセリングを受けましょう。
ママの心が安定すると、自然と母性が出て赤ちゃんを受け入れられるようになります。

 

赤ちゃんと離れてリフレッシュ

 

パパや家族に赤ちゃんを預けてちょっと散歩や買い物に出かけたり、睡眠をとったり気楽にテレビを見たりなど、ママがリフレッシュできることをしましょう。
母乳の場合、長時間の外出は難しいですが短時間だけでも気分変わると思います。
近くに預けれる人がいない時は、各自治体で行っているヘルパーサービスなどを調べて利用してみましょう。 ヘルパーさんなどが利用できない時は、赤ちゃんと少し外に出て見るのもいいと思います。家にこもってばかりいると気分も滅入りがちなので、外に出て気分転換をしてみましょう。

 

家事をしない

 

産後すぐや疲れている時は無理をして家事をせず、パパや家族にすべて任せるようにしましょう。完璧主義や潔癖症の人は自分がやらないと気がすまなかったり、人に手出しをされるのが嫌かもしれませんが、無理をしてマタニティブルーが悪化しては大変です。今だけは見て見ぬふりや手抜き家事をしましょう。いろいろな事が気になり家事をしない事が逆にストレスに感じてしまう時は、赤ちゃんを家族に預けて疲れな程度に家事を楽しみましょう。
物がたくさん出ていると掃除も大変なので、出産前に整理整頓をしていらないものは片づけておきましょう。

 

誰かと会話をする

 

産後は回復や赤ちゃんが小さいので家に閉じこもりがちで、誰かと話す機会が少なくなり、社会と遠く離れてしまった気分になります。パパと会話できるといいのですが、パパが忙しくて会話ができない時は、友達や母親や姉妹など連絡をとってみましょう。その他にも1ヶ月健診や集団の予防接種でママ友達を見つけたり、インターネットや携帯で探したりするのもいいと思います。インターネットや携帯でトラブルが起こらないように気をつけましょう。

 

神経質にならない

 

赤ちゃんはそれぞれに個性があり、育児は本や先輩ママ達のように行かない事もたくさんあります。ママ自身もお手本通りにいかない事もたくさんあります。特にはじめての育児はわからない事だらけで、うまくいかない事ばかりです。他のママたちも見えないところでたくさん壁にぶつかっています。
育児はこうでなきゃダメ、こうしなきゃダメと神経質になってはいけません。柔軟な考えで時には手を抜き、赤ちゃんは泣くのが仕事と思い気持ちを楽に持つことが大事です。
気付かないところで神経質になっていることもあるので、他人の意見を聞き上手に取り入れていくことが大切です。

 

パパとコミュニケーションをとる

 

育児は二人でしていくもので、ママがつらい時にパパの助けはなくてはならないものです。毎日仕事で忙しく負担をかけるのが悪いと気が引けるかもしれませんが、ママもそれ以上にひとりで大変な思いをしているので、話しを聞いてもらいマタニティブルーについて理解してもらえるようにしましょう。否定や反論をされると逆効果になってしまうこともあるので、今だけはすべてを受け止め否定や反論をしないで欲しいと伝えるようにしましょう。
パパが話しを聞いてくれたり協力をしてくれた時は、必ず感謝の気持ちを伝えることが大事です。パパもきっと感謝されたらまた協力しようと思ってくれるでしょう。

産後うつ・育児ノイローゼについて

マタニティブルーがなかなか良くならない時は、産後うつや育児ノイローゼになっているかもしれません。眠れない、何もしたくない、育児がつらい、子供がかわいくない、手をあげてしまう、生きているのがつらいなど思ってしまう時は、できるだけ早く出産した病院または心療内科や精神科のある病院へ行き治療しましょう。

 

頑張っているママへ赤ちゃんからのメッセージ

 

頑張っているママへメッセージ