陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法

陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法について

お産の進み方を知っておくと、陣痛が来た時に自分の身体に何が起きているのかが理解でき、陣痛の痛みに冷静に対応することでき、お産がスムーズに進みやすくなります。
陣痛の痛みにだけ神経が行ってしまうと、痛みを強く感じたり緊張してしまったりパニックを起こし、体が強張ってしまう事があります。そうなると子宮口がなかなか開かずお産がスムーズに進まない事もあるので、前もってお産について勉強してイメージトレーニングや呼吸法の練習をしておきましょう。お産は陣痛も辛いですがいきみを逃すことも辛いで、呼吸法を練習してうまく逃しましょう。

お産の進み方と名称

お産の進み方

お産は長丁場なので、お腹が強張る程度や少し痛い程度で呼吸法をはじめてしまうと、疲れてしまいます。痛みが出る前は、ママがリラックスできる普通の呼吸で過ごしましょう。痛みが出てきたら呼吸法を始めましょう。

 

準備期より前は、お腹が強く張り生理痛のような痛みがあったり、腰がどーんと重く感じたりします。始まりはいろいろなパターンがあり、不規則な張りからだんだんと等間隔になったり、突然15分間隔の張りがきたりします。

 

不規則な場合は前駆陣痛の可能性が高いですが、張りや痛みが強いときやだんだんと等間隔になると、本陣痛になることがあるので、時間を計るなどして様子を見ましょう。
経産婦さんは気持ちに余裕があるので、一人目より陣痛を軽く感じる傾向があり、分娩所要時間も一人目の半分くらいか、それ以上に短くなることがあります。ですから、痛みだけで判断するのではなく、陣痛の間隔をはかって判断し病院に連絡しましょう。

いきみを逃す理由

出産したママのなかに、は陣痛よりいきみを逃す方がつらかったという人もいるくらい、いきみを逃すのはつらくて難しいです。
いきみを逃す時の子宮口は全開になっていない時で、子宮口が全開なっていないときにいきむと、会陰部や膣内がひどく裂けてしまうことや、体に力が入っていると子宮口がなかなか開かず、お産がスムーズに進まない事があるためです。陣痛が来ている間は、子宮が収縮し赤ちゃんに酸素が行きにくくなっているので、力を抜きしっかり呼吸をしましょう。

 

いきみの感じは、お腹を壊してすごくすごく便を出したい感じで、頑張っていきまないように我慢をしても、勝手に力が入ってしまいます。普通の時にウンチを出ないように止める時は、肛門に力を入れればいいのですが、出産はこの時力を抜かなければいけないのでとても難しいのです。
つらいですが赤ちゃんと産後の自分のために、頑張っていきみを逃しましょう。

出産中の呼吸法について

呼吸法はあくまでも参考にして、自分が一番しやすい呼吸法で乗り切る事が一番です。陣痛中やいきみ逃しの時は、呼吸に集中することで痛みから意識がそれ、余計な力が入りにくくなります。
呼吸をし過ぎるとくらくらして、逆に疲れてしまうので気をつけましょう。手足がしびれたり頭がボーとしてきたら、過呼吸になっているかもしれません。過呼吸は深く息を吐いたり、ビニール袋を口に当て自分の吐いた息を吸うようにするとよくなります。陣痛が強くなるとなかなか難しいですが、腹式呼吸で行うといいです。妊娠中から練習しておくとお産の時に役立ちます。妊娠中はいきみの練習は止めましょう。

陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法記事一覧

子宮口の開き 0〜3センチ ・陣痛間隔 8〜10分 ・陣痛時間 20〜30秒陣痛の痛みが強くなるまではリラックスして、い...

・子宮口の開き 4〜7センチ ・陣痛間隔 4〜7分 ・陣痛時間 30〜45秒赤ちゃんが旋回し斜め下向きか下向きになります...

・子宮口の開き 8〜9センチ ・陣痛間隔 2〜3分 ・陣痛時間 45〜60秒赤ちゃんが旋回し下向きになります。陣痛間隔が...

・子宮口の開き 10センチ ・陣痛間隔 1〜2分 ・陣痛時間 60〜90秒赤ちゃんの頭が出はじめます。新生児は産道を通る...

排臨、発露の後は旋回し横向きになり片方ずつ肩が出ます。赤ちゃんが出て数分後に胎盤が剥がれて出てきます。発露とは赤ちゃんの...