妊娠中の仕事について

妊娠中の仕事について

最近は働く女性が増え、妊娠をしてもすぐに仕事を辞めず出産直前まで仕事を続ける人が多くなっています。その理由は様々ですが妊娠中に働くと言うのはとても大変なことです。職場に理解を求め、妊娠生活と仕事をうまく両立させ、楽しいマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠が分かったら早めに報告する

妊娠初期はつわりなどで体調が悪くなることや、健診で仕事を休まなければならない時もあります。早めに報告して休みを取りやすくしておきましょう。 妊娠中は重労働や化学物質を扱う仕事は禁止されているので、変えてもらう必要があります。

 

職場によってはなかなか理解が得られないもありますが、赤ちゃんを守るためにもなるべく早めに報告しましょう。また産休や育休、産後の予定を決めた時もはっきりと伝えておきましょう。

働くママに関する法律や手当金など

配置転換
仕事がきついと感じた時にほかの業務に配置転換を請求できます。
残業や休日出勤の免除
時間外や深夜、休日の労働など妊婦に有害な労働は免除されます。
産前産後休暇
産前6週間(多胎の場合は14週間)は休暇を請求すればとれます。出産予定日より早く出産した場合は短縮され、予定日より遅れた場合は延長になります。
産後は8週間休暇を請求しとることができます。
リストラ
妊娠や出産、産前産後休暇を取得したことを理由に解雇はできません。
出産手当金
産休中に給料が支給されない場合、健康保険の被保険者になっていると支給されます。勤務先の健康保険に加入していて産休中も継続しているママが対象です。
その他
通院休暇、勤務時間の短縮、時差出勤、休憩回数の増加、休憩時間の延長

妊娠中に仕事をするうえでの注意点

ラッシュを避ける
時差出勤を利用するか、通勤経路を見直して混雑を避けましょう。
姿勢を楽に
同じ姿勢でいると疲れがたまり、お腹の重みや子宮に圧迫されて、下半身の血行が悪くなるので、背伸びやストレッチをして体を動かしましょう。体を動かすことで血行が良くなり、赤ちゃんへの血液循環も良くなります。
暖房や冷房に注意
オフィスは冷房や暖房が強い傾向があるので、服装などで自衛しましょう。特に冷えはよくないので冷房時は特に気をつけましょう。
つわり対策をする
気分が悪くなったときのためにビニール袋、飴、クッキーなどを常備しておきましょう。
その他にはバイクや自転車などを利用している場合は、通勤手段を見直しましょう。

早産や流産には特に気をつけましょう

働いている人は流産になる確率が高いと言われています。特に妊娠初期は下腹部痛や出血があった場合は、すぐに診察を受けましょう。切迫流産の時は安静が一番大事なので、仕事に支障をきたすかもしれませんが、お腹の赤ちゃんのことを一番に考えてあげましょう。

 

最近は女性も重要なポストに就くことが多くなり、なかなか休めない人も多いようですが、無理をして何かあってからでは遅いので、必ず疲れたら休むようにして、体調の変化に十分注意し、無理だけははしないように気をつけましょう。