切迫早産・早産の原因や症状、治療法について

切迫早産・早産とは

早産とは妊娠22週以降、37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを言い、切迫早産とはその間に生まれてしまいそうになることを言います。早産になるのは全妊娠中の約5~7%です。妊娠22週以降であればほとんどの場合赤ちゃんは無事元気に育ちますが、正期産まで1日でも長くママのお腹の中で育つのが1番なので、早産の兆候を見逃さないようにしましょう。

切迫早産・早産の原因

流産は赤ちゃん側の原因で起こることが多いですが、早産はママ側の原因で起こることが多いです。早産の原因はいくつかあり病的な要因として主なものは子宮筋腫、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群症、前置胎盤、子宮の奇形などがあり中でも子宮頚管無力症が一番多いようです。子宮頚管無力症についてはこちら

 

病的以外の主な原因としてはストレスや感染症などがあります。感染症が原因んで早産になるケースが多いようです。最近では妊娠中も仕事を続ける人が多く、仕事での疲れなどが原因で子宮収縮が起こりやすくなり、早産の原因になることもあります。過度のショックや不安などがストレスとなり、早産を引き起こすこともあるので、安定期に入ったからと安心せず、うまくストレス発散させ疲れたら横になるようにして、体に無理のない生活を心がけましょう。

 

感染症は細菌やウイルスに感染し、子宮にまで達すると子宮収縮が起こり、早産になる可能性があります。そのほかに外傷やたばこの喫煙、多胎妊娠なども早産の原因になります。

切迫早産・早産の兆候

お腹の張り、お腹の痛み、出血、破水などが主な兆候です。妊娠後期になると早産でなくても、お腹が張ることもあります。横になって張りが治まる場合は、あまり心配いりませんが、張りが続いたり強くなってきたら、すぐに病院に連絡するか受診しましょう。

 

張りがなくても破水や出血することもあります。少量の破水でも早産になってしまうこともあるので、おりものが生臭いときや、水っぽいとき、止まらないときなどいつもと様子が違ったら、すぐに病院に連絡するか受診しましょう。

 

破水した時は細菌感染の恐れがあるので、お風呂やシャワーは控えましょう。大量出血の場合は前置胎盤や常位胎盤早期剥離などの可能性もあります。
前置胎盤、常位胎盤早期剥離についてはこちら

 

 

早産の兆候は上記の他に背中や腰の痛み、胎動の減少などの症状があります。いつもの様子がおかしいなと感じたら病院に連絡するか受診しましょう。

切迫早産になってしまったら

切迫早産と診断されたら医師の指示に従い対処しましょう。
切迫早産は安静が第一です。症状によって入院での治療か自宅安静になり、入院の場合は子宮収縮抑制剤などの点滴や薬の服用で治療し、ベッドで安静にして過ごします。
自宅安静の場合も安静を心がけ無理のないように過ごします。薬を服用することもあります。少しでも異変があったらすぐに病院に連絡するか受診しましょう。
安静についてはこちら

 

破水を起こし子宮の中の状態がよくない場合は赤ちゃんを取り出すこともあります。
症状が落ち着き医師から許可が出れば普通の生活を送れますが、できるだけ無理をせず過ごし、激しい運動などは避けたほうがいいと思います。

早産になってしまったら

赤ちゃんが正期産より早く生まれてしまうと、体の機能が未熟なためほとんどの場合保育器に入ります。生まれて1週間以内に、呼吸がうまくできない、感染症にかかりやすい、体温が保てないなどトラブルが起こることが多く、妊娠週数が少ないほど起こりやすいです。

 

体重が2,500グラムあっても、正期産に2,500グラムで生まれた赤ちゃんにに比べると、体の機能は未熟なので、1日でも長くママのお腹の中にいることがいいのです。妊娠34~35週頃に赤ちゃんの呼吸機能が完成するので、それより前に生まれてしまった場合は、自分で呼吸ができるまで人工呼吸器をつけたり、酸素を送ってもらったりします。

 

ママや赤ちゃんの状態によりますが、個人病院などでNICUがない施設で早産が予測される場合は、母体搬送または新生児搬送でNICUのある病院に転院します。赤ちゃんの体重が1,500g未満の場合NICUで治療が行われます。

 

最近では医療の発達により1,000g以上あれば約9割の赤ちゃんは無事育ち、2,000g以上あればそのほとんどは通常の赤ちゃんと同じように育つそうです。

 

出生体重による区別
2,500g未満 低出生体重児
1,500g未満1,000g以上 極低出生体重児
1,000g未満 超低出生体重児
妊娠週数による区別
妊娠28週未満 超早産児
28週~36週6日 早産児

子宮頚管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)

子宮頚管は膣と子宮の間にあり、出産時は柔らかくなって開き産道になる部分で、妊娠中はしっかり閉じていて、赤ちゃんを支えています。子宮頚管無力症とは、この子宮頚管が何らかの原因で開いてしまい、流産や早産になってしまう病気のことです。子宮頚管無力症と診断されると、開いてしまわないように子宮頚管をテープで縛る手術を行います。正産期になったらテープを外し、自然にお産が始まるのを待ちます。手術後も無理のない生活を心がけましょう。医師から安静の指示があった場合は、指示に従い安静にして過ごしましょう。