子宮外妊娠と胞状奇胎について

子宮外妊娠と胞状奇胎について

妊娠に気付くまでの数週間は体の変化はほとんどなく、つわりや生理が止まったことで妊娠に気付く人が多いと思います。子宮外妊娠や胞状奇胎は妊娠に気付く前の数週間の間に起こってしまうので、予防や治療をすることはできません。けれど、早期に発見し状態が悪化することを防ぐことはできるので、妊娠の可能性があるときは早めに病院で診てもらいましょう。

子宮外妊娠

子宮外妊娠とは受精卵が子宮内膜以外で着床してしまうことを言います。通常は精子が卵管まで泳いで行き卵管で卵子と受精し受精卵となり、受精卵は卵管を移動して子宮内膜に着床します。

 

子宮外妊娠の場合は受精卵が何らかの理由で子宮内膜以外の卵管や卵巣、腹腔内などに着床します。卵管に着床した場合、気付かずに赤ちゃんが成長してしまうと卵管が耐えきれず破裂してしまうこともあるのでとても危険です。破裂すると腹部の激痛と大量出血するので血圧が低下、めまい、冷や汗、などのショック症状が出ます。そうなった時はすぐに手術が必要なのすぐに病院へ行きましょう。

 

卵管で流産すると少量の出血がだらだらと続いたり下腹部の違和感や不快症状が出ることもあります。症状が軽いこともあり気付かない事やもあります。子宮外妊娠でも妊娠の陽性反応があり、つわりの症状が出ることもあります。ですから、妊娠に気づいたらすぐに受診することが大切です。子宮外妊娠は超音波で診断できるので破裂など大変な事態になる前に治療することができます。

 

手術は状態によって卵管を摘出する方法と、卵管を残す方法があります。卵管を片方摘出してしまっても、もう片方の卵管が正常であれば妊娠が可能です。

胞状奇胎

胞状奇胎とは受精卵にある将来胎盤となる絨毛という組織が異常に増殖し、水泡が子宮内を満たし赤ちゃんが吸収されてしまうことです。5mm~1cm程度の水泡がぶどうの房のように子宮内を満たしていきます。

 

症状はつわりの症状が重かったり妊娠7~8週頃に出血があります。赤ちゃんの心拍は確認できません。

 

胞状奇胎は手術で子宮内の奇胎をを掻爬し取り除きます。きれいに取り除かないとガンに移行することもあるので定期的に検査が必要です。

 

早期発見のためには妊娠に気づいたらすぐに受診することが大切です。また出血などの異常があった時も医師に連絡するか受診しましょう。