性感染症(STD)が妊娠、出産に与える影響について

性感染症(STD)が妊娠、出産に与える影響について

性感染症には様々な種類のものがあり、妊娠や赤ちゃんに影響することもあります。最近は様々な感染経路から感染者数も増えているようです。性感染症は性行為以外で感染することもあります。妊娠中や妊娠前におりものの色や膣のかゆみなど異変があった時は、必ず検査し感染していた場合は早期に治療しましょう。妊娠中は膣炎を起こしやすいので常に気をつけ清潔を心がけましょう。

 

膣カンジダ症(カンジダ膣炎)

 

症状

 

白いカスのようなおりもの、外陰部のかゆみや腫れ

 

原因や主な影響

 

カンジダ膣炎はカンジダ菌というカビの一種が原因で起こります。この菌は体に広く常在し膣の中にも存在します。妊娠中は膣を自らきれいにする自浄作用が弱まっているため、カンジダ膣炎を起こしやすいです。治療は膣座薬や塗り薬を使い1~2週間で治ります。再発しやすいので常に清潔を保ちましょう。出産の時に治っていないと、赤ちゃんに感染し鵞口瘡(ガコウソウ:カンジダ菌が口内に感染すること)や皮膚炎になることもあります。

 

クラミジア感染症

 

症状

 

自覚症状が無いことが多い、水様のおりものが増える

 

原因や主な影響

 

自覚症状がないことが多く、放っておくと子宮や卵巣まで広がり子宮内膜炎や卵管癒着になり、不妊症の原因になることもあります。出産時に赤ちゃんに感染する確率が高く、結膜炎や肺炎になることがあります。治療は抗生物質を服用します。治療はパパも一緒に治療します。

 

淋病(りんびょう)

 

症状

 

軽い排尿痛や排尿時の違和感、おりものが黄色になり臭う、症状が軽く気付かないことも

 

原因や主な影響

 

放っておくと菌が子宮の奥にまで進み、子宮頚管炎や子宮内膜炎になることもあります。出産時に赤ちゃんに感染すると、結膜炎になることもあります。治療は抗生物質を注射するか薬を服用します。パパも一緒に治療します。

 

膣トリコモナス症

 

症状

 

外陰部の痒み、おりものが黄緑や黄色の泡状で臭う

 

原因や主な影響

 

トリコモナスという原虫が原因で感染する病気です。赤ちゃんに感染することはありませんが、放っておくと膣カンジダやクラミジアや淋病などに二次感染する恐れがあります。性行為以外にも感染することがあり、妊娠中は膣の自浄作用が低下しているため感染しやすいので、いつも清潔に保つように心がけましょう。

 

梅毒(ばいどく)

 

症状

 

菌が入った所にしこりができ、その後発疹などの皮膚症状

 

原因や主な影響

 

妊婦さんは必ず検査を受けます。梅毒は胎盤を通して赤ちゃんに感染するので、感染していた場合は胎盤が完成する前の15週までに治療をします。胎盤完成後に感染した場合や発見や、治療が遅いと流産や早産、胎児死亡、先天性梅毒児になることもあります。ママが感染して胎盤を通過し赤ちゃんに影響が出るのは約6週間かかるので、出産より産6週間前以降の感染は起こらないと言われています。治療は早期の場合は注射や薬を服用します。

 

性器ヘルペス

 

症状

 

外陰部に小さい水泡ができ潰瘍になる、排尿痛、初感染は発熱や外陰部の痛みなどがあります

 

原因や主な影響

 

治療後も体内に潜伏するので、風邪や疲れた時などに再発しやすいです。出産時赤ちゃんに感染すると、新生児ヘルペス症候群になり死亡することもあります。初感染から1ヶ月以内や、再発から1週間の場合は帝王切開になることが多いです。ヘルペスの症状が出ていなければ、普通に経膣分娩できます。感染したことがある人は日頃から再発しないように気をつけましょう。

 

尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)

 

症状

 

外陰部や肛門にとがったイボ、異物感や痒み、自覚症状がないことも

 

原因や主な影響

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんには影響がありませんが、出産時に感染し咽頭乳頭腫にな、り呼吸困難になることもありますが発生率は低いです。治療はレーザーや凍結治療でイボを取り除きます。出産時に治っていなくても、帝王切開になることはほとんどないそうです。

 

エイズ

 

症状

 

感染後、倦怠感、発熱などが数週間続きその後治まり潜伏期間入ります。その後発病します。

 

原因や主な影響

 

母子感染率は10~30%で胎内感染、分娩時感染、母乳感染の可能性があるので帝王切開などの処置が取られます。様々な問題点があるので主治医とよく相談しましょう。