妊娠中の性行為について

妊娠中の性行為について

妊娠中も経過が順調の場合は性行為しても大丈夫ですが、切迫早産や妊娠高血圧症候群症などの異常がある場合は、医師の許可がない限りしてはいけません。
妊娠中は性欲がまったくなくなる人もいれば、性欲が異常なほどに高まってしまう人もいます。どちらも異常ではないので心配し過ぎないようにしましょう。

性の悩みに関して詳しくはこちら

妊娠中の性行為は常に清潔を心がけましょう

 

妊娠中は膣内の自浄作用が低下し、ママの性器は充血し傷つきやすくなっています。感染症になる恐れがあるので、必ずシャワーで体をきれいにし、手や爪の中も石鹸で洗うようにしましょう。場所も床やお風呂場などの汚れが気になるところは避け、きれいな布団の上など清潔な場所でするようにしましょう。
妊娠中は避妊の必要がないですが、細菌に感染する恐れがあるのでコンドームをつけると安心です。

 

妊娠中の性行為の体位について

 

妊娠中は奥に挿入したり、お腹を圧迫したり、子宮を刺激する体位はさけましょう。ママが四つん這いになりパパが後ろから挿入する後背位や、ママが仰向けで膝を胸のあたりまで曲げパパが上になり挿入する屈曲位、ママが上になる騎乗などは奥まで入ってしまうので避けましょう。パパとママが同じ方を向いてに横になり挿入する後側位や、正常位などは挿入が浅くなります。正常位はお腹を圧迫しないように気をつけましょう。

 

妊娠中の性行為でお腹が張る場合について

 

妊娠中はおっぱいが敏感になっていて、刺激すると子宮が収縮することがあります。パパが触っている時に張りや痛みを感じたらすぐにやめ様子を見ましょう。

 

精子の中に子宮を収縮させるホルモンが入っています。ほんのわずかなのでほとんどの場合心配はいりませんが、妊娠中の性行為は性感染症を予防するためにもコンドームを必ず付けるようにしましょう。

 

オーガズムを感じると子宮収縮する事があります。1、2度であればあまり心配ないですが、何度もオーガズムを感じるような性行為は避けましょう。張り方には個人差があるので、張りや痛みを感じた時は様子を見るようにしましょう。

 

性行為の悩みは夫婦間で必ず話し合いましょう

 

ママは妊娠した事でホルモンバランスの変化や気持ちの変化から、性行為するのが嫌になる事もありますが、パパの体は今までと変わりなく、ママが妊娠しても今までと同じように性欲があります。ですから、ただ嫌だと性行為することを拒否するのではなく、必ず理由を話してパパに理解してもらうように努力しましょう。

 

夫婦間で性の話をするのは恥ずかしいかもしれませんが、性の話ができる夫婦は将来性行為レスになりにくいと言われています。将来の二人のために落ち着いてしっかり話し合いましょう。妊娠中に夫婦仲が悪くなってしまわないように気を付けましょう。