里帰り出産について

里帰り出産とは

里帰り出産とは、産前産後に実家へ帰り、出産や育児の先輩でもある両親や祖父母にサポートしてもらいながら出産育児を行うことを言います。最近は産院の減少や里帰り出産を受け入れる産院が減っているなどの影響で、里帰り出産をする人が減っていますが、産後は疲労や育児で大変な時期なので、初めての出産の場合は里帰り出産で育児を学びながら産後をゆっくり過ごすのがおすすめです。里帰りが難しい場合は、母親に来てもらうことも考えてみましょう。

里帰り出産のメリット、デメリット

メリット
  • お産後の疲れた体を気兼ねしない実家でゆっくり休めることができる
  • 育児経験のある母親のサポートやアドバイスを受けられ安心して育児ができる
  • 家事をしないですむ
  • 上の子がいる時は上の子の面倒を見てもらえる
  • 孫の顔を見せてあげられる

 

デメリット
  • 転院先の産院の情報が少ない時、思い通りの出産ができないことや、相性が合わないまま出産となることがあり、お産が悪いイメージになることも
  • 実家が遠い場合は移動が大変
  • 産後神経質になっているため育児方針の違いなどからトラブルになる
  • 夫が一人での生活の心配や夫と赤ちゃんとのコミュニケーション不足
  • 太りやすい

里帰り出産をする際の注意点

里帰り出産をする事に決めたら早めに里帰り先の産院の情報を集め、転院先を決めたら転院先の病院と、定期健診で通っている病院に伝えましょう。最近は分娩予約が必要なことが多いので、のんびり決めていると自分の希望する産院に転院ができなかったり、実家から遠くなってしまったり、産院が見つからず里帰りできなくなってしまうこともあります。里帰り出産の受け入れをしてくれない産院もあるので必ず問い合わせておきましょう。

 

転院先が決まり、現在の自宅からあまり遠くない時は、何度か転院先の産院で受診して、コミュニケーションをとり信頼関係を作れるといいですね。入院時に必要なものをしっかり聞いておきましょう。転院先が見つからないときや、夫が立ち会い出産を希望する場合は、出産後に実家に行く方法もあります。

 

里帰り前に赤ちゃんと母体の状態を、現在通っている産院で診てもらい転院先あてに紹介状を書いてもらいましょう。

里帰り出産中のパパについて

里帰り出産中にパパがコミュニケーション不足で不安になったり、妻がいない間などにギャンブルや浮気などを避けるために、こまめに連絡を取り赤ちゃんの話しをしたり、ねぎらいの言葉をかけたり、赤ちゃんの写メールを送ったり、しっかりコミュニケーションをとり、絆を深めておきましょう。

 

パパが休みのときに会いに、来てもらうのもいいと思います。そのときはなるべくたくさん赤ちゃんの触れてもらい、おむつ交換や抱っこをしてもらい、パパになったことを実感してもらいましょう。ママは出産後で疲れていたり、慣れない育児で大変ですが、パパも1人で仕事と家事をして大変なので、ねぎらいの言葉を忘れないようにしましょう。

里帰りの時期、移動方法

里帰りする時期は妊婦さんの健康状態や、実家までの距離によって違いますが、経過が順調な妊婦さんの場合は、妊娠34~35週(9か月半ば)ごろまでには里帰りしましょう。多胎妊娠や前回の出産が早産や帝王切開、妊娠高血圧症候群症などトラブルがあった人は、もう少し早めの妊娠29~30週(妊娠8ヶ月頃)に帰りましょう。

 

移動はなるべく母体や赤ちゃんに、負担のかからない手段にしましょう。片道3時間ほどの距離は、夫や家族などが運転する車でゆっくり帰るのが便利です。車は重たい荷物を持たなくてすみ、好きな時に休憩ができます。

 

遠い場合は新幹線や飛行機が便利です。飛行機を利用する際は航空会社によって異なりますが、予定日の28日前から診断書や誓約書が必要になるので調べておきましょう。

 

飛行機などで規制する場合は、夫や家族に付き添ってもらい、荷物は前もって送り、身軽な格好で帰省するといいと思います。ゴールデンウィークや正月などの混雑時は避けましょう。

その他の注意点

  • 実家の状況を把握する。 実家の両親が共働きの場合や、兄弟の家族が同居しているときなど、生活スペースやリズムなどを知っておき、話し合っておきましょう。
  • 夫の実家に里帰りするときは、義両親としっかりコミュニケーションをとっておきましょう。産後はとても神経質になっていて、トラブルが起きやすいので気をつけましょう。
  • お礼を忘れないようにしましょう。約2カ月お世話になるので、お金や物などでお礼をするといいと思います。
  • 里帰りに必要なものを早目に揃えておきましょう。布団やおむつ、服などどちらが準備するのかを話し合い、準備のし忘れや二重買いがないように気をつけましょう。

里帰り出産に必要な物を準備しよう

赤ちゃんの物

 

  • 布団
  • 洋服類
  • おむつ
  • ベビーバス
  • 衛生用品
  • 調乳グッズ(母乳が出なかったりおっぱいのトラブル時にあると便利ですが、必要ないこともあるので必要最低限でいいと思います。)

 

お母さんの物

 

  • 布団
  • 授乳しやすいルームウエアやインナー
  • 化粧品
  • 産後の服(お腹は産後すぐには元の状態には戻らないのでお腹周りに余裕のある服がいいです。)