妊婦が温泉に入るのは危険?注意しなければいけないことは?【正看護師が解説】

温泉

赤ちゃんが生まれてくると、育児に追われてゆっくり温泉につかったり、旅行に行くこともなかなか難しくなります。

そのため、待望の赤ちゃんが生まれてくる前に、夫婦でゆっくりと温泉を楽しみたいと思う人も多いです。
しかし、妊娠中は温泉に入っていいのか、わからない人も多いと思います。

そこで今回は、妊婦は温泉に入るのは危険なのか、何に注意しないといけないのかをご紹介していきます。

温泉

妊娠と温泉の関係

以前は妊娠中は、温泉に入ってはいけないと言われていました。
その理由は、環境省が定めた温泉法に「妊娠初期および妊娠末期の温泉入浴は禁忌」と書かれていたからです。

しかし現在は根拠がないということで、温泉法が改訂されて、禁忌事項から消えています。
基本的に温泉の成分が妊婦に影響を及ぼすことは、ないと言われています。

温泉に入ることで、流産や早産の発生率も差はありません。
しかし、妊婦が温泉に入るときは、注意しなければいけない点がいくつかあります。

気をつけるべきことは?

のぼせ

妊婦は普段の身体のときより、のぼせやすくなっています。
のぼせとはお湯によって末梢血管が広がり、心臓や脳への血液が減少してしまい、心拍数が増えて動機がしたり、足がふらついたり、意識が遠のいてしまうことです。

ひどいとそのまま倒れてしまうこともあるので、のぼせないように入浴することが大切です。
妊婦の場合は入浴時間を10分以内にするようにします。

転倒

妊婦はお腹に胎児を抱えているので、バランスが悪く視界も悪いので転倒しやすいです。
温泉は岩肌だったり、床がお湯でぬれているのもあり、滑りやすくなっているので、注意が必要です。

細心の注意を払ってゆっくりと歩いて、転ばないように気を付けましょう。

血圧

温泉によっては42°以上の熱いお湯や、サウナに入った後に入る水風呂などが設置されているところがあります。
高温のお湯につかったり水風呂にはいると、急激な血圧上昇をまねきます。

血圧が上昇すると、めまいや頭痛、動悸などを引き起こしやすくなるので、熱いお湯や冷水には入らないようにしましょう。またサウナもめまいや血圧上昇、脱水をまねくので、入らないようにしましょう。

感染

温泉に限らず、多くの人がつかう大浴場では、感染に注意する必要があります。
基本的に湯銭からの感染の原因となる可能性は、低いと言われています。

しかし大浴場を使うにあたっては、レジオネラ菌や、脱衣所での椅子や足ふきマットから、水虫や毛じらみ症などの感染症にかからないように注意する必要があります。

できるだけ清潔な温泉施設を選び、上がる前は十分なかけ湯や、清潔なタオルなどを使用して、不必要な感染にかからないように対策をとりましょう。

妊娠初期と、臨月の温泉は注意する

温泉法では妊娠初期と後期は禁忌から外れていますが、やはりなるべく避けたほうが良い時期ではあります。
妊娠初期は妊娠4週~15週までの時期をいいます。

この時期はつわり症状が出る時期で、十分に栄養を摂取できていないので、肌の免疫力が低下していると考えられます。
不正出血や下腹部痛も起こる可能性があるので、避けたほうが無難です。

また妊娠36週以降の臨月の時期も、破水や陣痛が始まってもおかしくない時なので、安全を考えて入らないことをお勧めします。

温泉地まで長距離の移動で疲れたり、すぐに病院にかかれないような状況であることも考えられるため、自分の身体と相談をして、落ち着いている時期に温泉を楽しむことをお勧めします。

臨月はいつから?妊娠週数と月数との違いについて解説【看護師が解説】

2018.03.30