高齢妊娠・高齢出産

高齢妊娠・高齢出産

35歳以降に妊娠・出産することを高齢妊娠・高齢出産といいます。よく35歳を過ぎての妊娠は、トラブルやリスクが多いと言われ、不安になる人も多いですが、トラブルやリスクがおこる確率には個人差があります。なぜそのように言われるのかを知り、心配し過ぎないようにしましょう。

高齢妊娠で起こりやすいトラブル

人間は誰でも高齢になると、どんどん体の機能が衰えたり、高血圧になったり、糖尿病などの病気になりやすくなります。それと同じように20代の妊婦さんに比べ35歳以上の妊婦さんは、体の衰えに妊娠という大きな体への負担が増えるので、トラブルが起こりやすくなります。 起こりやすいトラブルは流産や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、早産、難産などです。
体力が衰えているので、腰痛や肩こりなども起こりやすく、妊娠前から腰痛や肩こりがある人は悪化することもあります。あまりにひどい時は医師に相談しましょう。
高齢出産は筋肉が硬くなっているので、難産になりやすくお産に時間かかったり、赤ちゃんがなかなか出てこなかったりして、場合によっては吸引や鉗子分娩、帝王切開になることもあります。
日常生活ではストレスや疲れをためないようにして、食事も塩分や脂肪分を控えめにし、バランスよく食べるようにしましょう。そして睡眠時間もしっかりとるようにしましょう。安定期に入りトラブルがなく、医師から運動の許可が出たら、出産に向けて体力作りをし、安産を目指しましょう。高齢になると産道の開きが悪くなるので、開きを良くするストレッチや運動がお勧めです。けれど無理は禁物です、疲れたらしっかり休みお腹の張りや痛みがあるときは行わないようにしましょう。

高齢妊娠で起こりやすい胎児のトラブル

高齢になると体の老化とともに卵子も老化してしまい、流産やダウン症などの染色体異常の確率が上がります。おおよそですが20代では約1000人に1人、35歳では約370人に1人、40歳では約100人に1人の確立と言われています。
心配な時は出生前診断を受けることができます。障害児の可能性があった場合出産するかどうか、話し合う予定の人は早めに検査を受けましょう。検査にはリスクが伴うので、医師から検査についての説明をしっかり聞き、理解した上で受けるようにしましょう。
検査により異常ありと診断されたときは、子供のこと将来のこと自分たちのことなど、後悔しないようしっかり考えて話し合うことが大事です。

出生前診断

超音波検査

超音波検査は妊婦健診で、赤ちゃんや胎盤の様子を見る時に行われています。この検査では奇形の有無をチェックでき、ダウン症の特徴である首の後ろの厚みを見ることができます。脳や心臓などの奇形も調べることができます。ダウン症は染色体の異常なので、超音波検査で確実にわかるわけではありません。

トリプルマーカーテスト

妊娠15~17週頃にママの血液の中から3つの成分を測定しダウン症、18トリソミー、神経管奇形などの可能性があるか調べる検査です。この検査は異常があるかを確率で表すので、確実にわかるという訳ではありません。確率が高い時は羊水検査を行い、異常があるかを確定することも可能です。

羊水検査

羊水検査は妊娠14~18週頃にママのお腹に針を刺して羊水を採取し、羊水の中にある赤ちゃんの細胞を培養し染色体の異常がないか調べます。結果が出るまでに2~3週間程度かかります。超音波で赤ちゃんの位置などを確認しながら行います。 羊水検査による流産の確率は約0.3%と言われています。

絨毛検査

妊娠9~11週頃に膣から細い管をいれ絨毛を採取します。採取した細胞を培養し異常がないかを調べます。妊娠初期に行うため流産の確率も高く約1~2%と言われています。
出生前検査の費用は全額自己負担です。羊水検査は10万円前後でトリプルマーカーテストは2~3万円程度です。費用は産院によって大きく異なるので、検査の前に必ず確認しておきましょう。
検査にはリスクも伴うので、検査を受ける前に医師の説明をしっかり聞き、納得した上で家族と話し合い受けるか判断しましょう。

夫婦でよく考えて答えをだしましょう

世の中には高齢でも出産している方はたくさんいます。特に現代は晩婚化が進んでいたり、仕事が忙しく機会に恵まれなかったり、考え方の変化などで、高齢で出産する方は増加傾向にあります。
リスクを考え過ぎてしまうと子供を持つことを迷ってしまったたり、諦めたりする方もなかにはいると思います。自分でなかなか答えが出せない時は、高齢で出産した人の体験談などを聞いたり、本を参考にしたりして、考えてみるといいと思います。
そして何よりパートナーとの話し合いが大事です。お互い納得いくまで話し合うようにしましょう。 考え方などは人それぞれですが、後になって後悔しないように十分考えましょう。
高齢出産では体力が落ちている事が多く、そのため妊娠や育児などで疲れを強く感じることがよくあります。高齢出産に挑戦するときは、体力をつけることを忘れないようにしましょう。