妊娠中の飲酒について

妊娠中の飲酒の危険性について

妊娠1ヶ月間はつわりなどの症状が無く、妊娠に気付かずお酒(アルコール)を摂取してしまうことがあります。アルコールの量が少量の場合は、赤ちゃんにあまり影響が無いと言われていますがゼロではありません。妊娠中は神経質になりがちなので、心配ごとを一つでもなくすために、妊娠の可能性がある場合は妊娠が分かる前から接種することを少し控えるようにしましょう。アルコール依存症の場合は必ず医師に相談しましょう。

 

ママが飲んだアルコールは血液に入り、胎盤をとおして赤ちゃんに送られてしまいます。妊娠中に毎日大量にアルコールを摂取していると、発達障害や知能障害、奇形などのある、胎児性アルコール症候群と呼ばれる赤ちゃんの生まれる確率が高くなります。

 

脳や中枢神経に影響を及ぼす可能性があるといわれているのはアルコール依存症レベル、瓶ビール2本や日本酒2合程度を毎日または週に数回飲んでいた場合と言われていますが、何ml以下は大丈夫という規定は有りません。ですから、少量でも赤ちゃんに影響が出る可能性はあるので、妊娠中は飲まない方が賢明です。

 

アルコールは1日で代謝されるので、妊娠前に飲んでいたアルコールについては心配しなくても大丈夫です。妊娠中も少量であれば影響は少ないと言われているので、今後飲酒を控えるように気をつけましょう。

 

妊娠中は飲まないことが1番ですので、妊娠が分かったらできる限り飲まないようにしましょう。飲まないことでストレスがたまってしまうときはノンアルコールビールを飲んだり、お酒以外でストレスが発散できるようにしてみましょう。後から後悔しても遅いので、かわいいわが子の将来のためと思い頑張りましょう。

 

パパが飲んでいたお酒やお酒を飲んでいた時に、赤ちゃんができたとしても特に心配ないでしょう。