腹帯と妊婦帯、巻き方について

腹帯と妊婦帯とは

腹帯、妊婦帯とは妊娠中にお腹に巻く布製のものです。日本では昔から妊娠5ヶ月の戌の日に腹帯を巻くという習慣がありました。これは安産、多産の犬にあやかろうと行われているものです。また、岩田帯を巻くのは、子供が岩のようにたくましく丈夫に育ちますようにという願いが込められています。

 

以前は母親の実家から腹帯が送られる事が一般的でしたが、最近ではその風習を行う家庭も少なくなり自分で購入したり、自分たちで神社などで祈祷したものをいただいたりする人も増えています。また実用性の面から岩田帯は購入せずマタニティガードルや妊婦帯(腹巻きタイプ、コルセットタイ)のものを使用する人も増えています。
戌の日に腹帯を巻くと安産というのは、医学的には根拠が無いですが腹帯を巻くことによって様々なメリットがあり、ママと赤ちゃんの初めてのセレモニーでもあるのでぜひ行ってみてください。

腹帯や妊婦帯を巻くメリット

外部からの衝撃などから赤ちゃんやお腹を守る
お腹を支え腰痛を予防や軽減
お腹の重みで後ろに反ってしまう姿勢を補正
お腹が冷えない
赤ちゃんを守る意識の芽生え など

腹帯と妊婦帯の種類

岩田帯

1枚のさらしをお腹に巻くタイプです。巻くのは少し面倒かもしれませんが、自分のサイズに合わせることができるので便利です。綿100%のものが肌触りも良く汗もよく吸い取るのでお勧めです。

妊婦帯

腹巻きやコルセットのような筒状なので着脱が楽で、トイレの際は脱がなくていいので便利です。筒状なので足回りがスッキリします。素材も様々で補助帯がついたものなどもあります。

マタニティガードル

パンツのようにお尻からすっぽりお腹まで覆うことができ、着脱も比較的簡単で上にまくれあがったり左右にずれてしまうこともありません。一般的なガードルとは違い強い締め付けはありません。補助帯がついたものなどもあります。

ベルトタイプ

ベルトタイプお腹全体を覆うのではなく、下からお腹を支えたり固定したりして、姿勢の補正や腰痛の予防や改善に役立ちます。ガードルタイプや妊婦帯との併用がお勧めです。

自分に合った腹帯や妊婦帯を選ぶ

腹帯や妊婦帯にはそれぞれに特徴があるので、自分の生活スタイルや体に合うものを選ぶようにしましょう。腹帯は購入の際試着できない事が多いので、自分の体のサイズを正確に測り、今後大きくなるお腹のことも考えた上で購入するようにしましょう。最初は1枚だけ購入し着用してみるといいと思います。腰痛がある人は補助帯があるものを選ぶといいと思います。季節に合わせて素材も選ぶようにしましょう。

腹帯の巻き方

さらしの場合は1反を半分の長さ(5m)に切ります。 腹帯用の物(5m)はそのまま使用します。さらしの幅を二つ折にし折り目を下にして準備します。

 

腹帯の巻き方

 

さらしを左の骨盤あたりから巻き始めます。


腹帯の巻き方

 

ひと巻きしたら布の端を上に折り上げます。


腹帯の巻き方

 

さらしの下側を引っ張り気味で巻きます。きつ過ぎず緩すぎず適度にふた巻きします。


腹帯の巻き方

 

次はお腹の真ん中か横で折り返して巻きます。


腹帯の巻き方

 

何度か折り返して巻き最後は折り返さずにひと巻きしピンで留めるか中に折り込みます。