妊娠中の便秘と痔の解消方法と予防方法

妊娠中の便秘について

女性はもともと便秘になりやすい体質ですが、妊娠すると黄体ホルモンが分泌され、その影響で筋肉ゆるみ腸の働きが悪くなり、大きくなった子宮が腸を圧迫するので、便秘になりやすくなるのです。黄体ホルモンで筋肉がゆるむのは、流産などを予防する働きがあるからです。つわりで食事の量が減ったり、運動不足なったりすると便秘になる事もあります。 また、赤ちゃんに水分を送るため血液中の水分が不足し便秘になりやすくなります。そのため、今まで便秘を経験したことがない人がひどい便秘になったり、もともと便秘だった人はさらにひどい便秘になる事があります。

 

妊娠中に便秘になっても、赤ちゃんに影響が出ることまずないと言われていますが、長時間、体内に便をためておくと腐敗が進み腸内の環境がどんどん悪くなってしまい、便秘がますます悪化します。食事を見直したり運動をしたりして便秘は放置せず早めに改善できるように対策しましょう。

便秘の解消方法と改善方法

食事で改善する

 

便秘にはバランスの良い食事を心がけ、水分や食物繊維を多く摂取するといいと思います。便でお腹が張ってしまい食欲がなく食べられない時は、野菜をゆでたり炒めたりしてかさを減らしたり、少量で食物繊維が多く摂取できる根菜類を食べたり、腸内細菌を増やす乳酸菌を含む食品(ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆など)を摂取するといいと思います。
朝起きてすぐ冷たい水などを飲むのも、腸や消化器官が刺激されて動くので改善されることもあります。

 

生活リズムで改善する

 

睡眠不足や生活リズムが崩れていると便秘になりやすいので、早寝早起きを心がけしっかり睡眠時間をとるようにしましょう。そうすることで腸の働きがよくなり、睡眠不足からくる疲労やストレスも解消され、ストレスなどが原因でおこる便秘の解消につながります。
生活リズムをつけることで便秘が解消されることもあります。なるべく同じ時間に起き、ご飯も同じ時間にを食べるなど生活にリズムをつけることで、排便のリズムがつかめることもあります。毎日同じタイミングでトイレに行き、排便の習慣をつけるといいと思います。

 

運動や刺激で改善する

 

トラブルなどがなければ安定期頃から適度に運動をしましょう。体を動かすことで血行が良くなり、腸の働きが促され便秘が改善することもあります。ストレッチなどでお腹を伸ばしたりして腸に刺激を与えたりするのもいいと思います。腸は子宮のすぐ近くなのでお腹が痛むときや張るときは止めましょう。
ウォシュレットなどでお尻を刺激したり、便座を温かくしたりすることで便意が起こることもあります。

 

薬で改善

 

何をしても改善されない時は、我慢するより薬で便秘を解消する方法もあります。妊娠中は医師に相談し便秘薬を処方してもらいましょう。市販の便秘薬も赤ちゃんに影響はないと言われていますが、便秘薬の中には腸を刺激するタイプのものがあり、飲みなれない人はひどい下痢を起こしてしまうこともあり、その影響で子宮が収縮し、早産や流産になってしまう恐れがあるので注意が必要です。市販の便秘薬を使用するときは、必ず主治医に相談しましょう。処方される便秘薬には種類がいくつかあるので、医師と相談し自分に合うものを処方してもらいましょう。市販の浣腸は腸を刺激するため、子宮が収縮することがあるので使用は避けましょう。

 

便秘の予防や改善におすすめの食べ物

 

食物繊維の多い食べ物

ごぼう、さつまいも、ひじき、おから、煮豆、玄米、寒天、こんにゃく、キノコ、ドライフルーツ、かぼちゃ、バナナ、切干大根、かぼちゃ、たけのこ、きな粉

善玉菌を増やす働きのある食べ物

ヨーグルト、乳酸菌飲料、オリゴ糖、納豆
※乳酸菌は生きて腸に届くタイプのものを選びましょう。ヨーグルトの場合は毎日150g~200gをフルーツやきな粉と一緒に摂取するのがおすすめです。

妊娠中の痔

妊娠中はお腹が大きくなり、子宮の周りの血液循環が悪くなりうっ血し、直腸静脈などににこぶ(静脈瘤)ができやすなります。さらに妊娠中は便秘になりやすいため、無理に踏ん張った時などにうっ血しこぶができたり、便で肛門や腸などが傷つき、切れ痔になったりしまうこともあります。長時間便座に座ることもよくないので、5~10分程度にしましょう。お産のときもいきみで痔になることもあります。

痔の予防と治療法

痔の一番の原因は便秘です。便秘にならないようにすることで、痔を予防や改善できるでしょう。血行を良くするために肛門周辺の筋肉を動かす運動をしたり、下半身やお尻を温めたりマッサージするのもいいと思います。太り過ぎも肛門周辺の血行が悪くなりやすく、痔の原因になるので、痔になってしまった時は肛門を清潔に保つようにし、薬を処方してもらいましょう。