性別はいつわかるの?男女の見分け方と判明する時期について【看護師が解説】

妊娠 妊婦

性別はいつわかるの?男女の見分け方と判明する時期について解説します。
妊娠がわかると、赤ちゃんが男の子か女の子か気になりますよね?

妊娠中に性別がわかると、名前を決めたり、服の準備をしやすいなどのメリットもあります。
それでは、性別はいつ決まり、いつ頃からわかるようになるのでしょう?

これから性別が決定する仕組みと判明する時期、さらに見分けるポイントについて詳しく解説していきます。

性別を決定しているものとは?

生物の体を作る情報は、遺伝子の中に入っています。
遺伝子は、体を作る全ての細胞の核の中に、たんぱく質とともに折りたたまれるような形で収納されています。

染色体は2本1組で、人間の場合は23組46本の染色体があります。
その中の1組2本は、性染色体と言われ、性別を決定する染色体になります。

性別が決まるのはいつ?

卵子と精子が受精した時、すでに性別は決まっています。
これから性別の決定の仕組みについて、詳しくみていきましょう。

人間の染色体は23組46本ですが、卵子と精子は特殊な減数分裂という過程を経て、半分の23本になります。
この過程によって、2本だった性染色体は1本になります。

つまり卵子はX染色体1本、精子はX染色体かY染色体のいずれか1本を持つ事になります

両親それぞれの遺伝子を持った卵子と精子が受精する事で、それぞれが持つ染色体が合わさり、23組46本の染色体となります。

この時、性別の決定に重要な役割を果たすのは精子です。

X染色体を持つ精子と受精した場合は、「女の子」になります。

Y染色体を持つ精子と受精した場合は、「男の子」になります。

つまり、XとYのどちらの性染色体を持つ精子が受精するかによって、赤ちゃんの性別が決まるということになります。

性染色体による性別の違い

性染色体は、お腹の中にいるときはもちろん、一生変化することはありません。

男性の性染色体は「XY」、女性は「XX」です。

男性は、母親由来のX染色体と父親由来のY染色体を一本ずつ持っています。

女性は、母親と父親それぞれからX染色体を1本ずつ受け継ぎ、合計で2本のX染色体を持っています。

子どもが両親のみならず、おじいちゃんやおばあちゃんにも似ているのは、染色体が子や孫へと受け継がれているからなのです。

性別の違いはいつわかるの?

卵管で受精した受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、数日かけて子宮内へと移動して着床します。

着床後も細胞分裂は盛んに行われ、妊娠6週目頃には赤ちゃんを包む胎嚢を確認できるようになります。

この時期の赤ちゃんは、まだとても小さいのですが、すでに脳や心臓、神経系など大切な器官が作られ始めています。

妊娠9週目頃になると、性器が作られ始め、妊娠16週にはほぼ完成します。

妊娠24週目頃になると、超音波で性別の違いをはっきりと確認できるようになります。

妊娠24週は妊娠7ヶ月頃にあたり、赤ちゃんの体重は660gにまで成長しています。

性別に応じた成長について

妊娠初期の赤ちゃんは、見た目は男女の違いがありません。
初めは男の子も女の子も、みな女の子のような外陰部をしています。

女の子は、Y染色体を持たないため男性ホルモンの影響を受けることがありません。
そのため、そのまま成長して子宮や卵巣、外陰部などが完成し、女の子らしい体に成長します。

一方男の子は、精巣から分泌される男性ホルモンの影響を受け、女の子のようだった外陰部が変化を始めます。
膣がなくなって陰茎ができ、お腹の中では睾丸が完成するなど、徐々に男の子特有の体へと成長します。

性別の見分け方

性別を見分けるときは、それぞれの性に特徴的である外性器を見て判断します。
しかし、性別を確認できるのはタイミング次第で、妊娠24週を過ぎてもなかなか確認できないこともあります。

理由は、超音波を当てた時に、赤ちゃんの体勢がちょうど外性器が見えるようでなければ確認できないからです。
性別を早く知りたい気持ちはわかりますが、いずれ確認できる日が来るでしょう。

赤ちゃんが見せてくれることを期待して、楽しみに待ちましょう。

男の子の場合

男の子の場合、太ももの間に小さな突起があるかどうかで判断します。
男の子は、陰茎が小さな突起として見えるため、女の子に比べて判断しやすいと言われています。

さらにお腹の部分には、膀胱が黒い丸として写ります。

女の子の場合

女の子の場合、太ももの間に木の葉もしくはコーヒー豆のような形をしているものが見えるかどうかで判断します。
さらに、女の子の場合はお腹の部分に黒い丸が2つ見えることも特徴の1つです。

この2つの黒い丸は、膀胱と子宮です。
しかし、女の子は男の子に比べて特徴的な部位がないため、見分けにくいと言われています。

そのため、太ももの間に小さな突起が見えなければ、女の子と判断される場合もあります。

性別の判断が違うことも…

妊娠中に性別を聞いていたのに、生まれたら違った…ということもあります。
理由は、超音波で見た時に性別を見分ける特徴がはっきりと見えないことがあるためです。

つまり性別の判断は、100%正確だというわけではないのです。
妊婦健診で行われる超音波の本来の目的は、赤ちゃんの状態や成長の確認です。

性別を聞くことができるのは、おまけのようなもの。
妊娠中の性別判断は、確定診断ではないということを理解しておきましょう。

性別の見分け方は他にもある?

妊娠中にいくどとなく「○○だから男の子じゃない?」などと声をかけられることもあるでしょう。
これは何を根拠に言っているのでしょう?

日本では古くから、母親の様々な変化を見て、お腹の赤ちゃんの性別を予想してきました。
これから3つの方法を紹介しますが、他にも地域によってさまざまな見分け方があると言われています。

これらは迷信やジンクスのようなものですが参考までに紹介します。

顔つきの変化

母親の顔つきの変化を見て、性別を予想する方法があります。
女の子の場合は穏やかで優しい顔つきに、男の子の場合は顔つきがきつくなるというものです。

お腹の赤ちゃんの性別によって、母親の顔つきや雰囲気が変化するというのは興味深い話ですね。

お腹の形や姿勢の変化

赤ちゃんの性別によって、お腹の広がり方や出方に違いがあるというものです。
男の子の場合は、お腹が横に広がりにくく、尖ったように前に出るというもの。

女の子の場合は、お腹が横に広がりやすいため、前に出にくく丸いお腹になると言われています。
お腹の広がり具合によっては、後ろから見ても妊婦さんであるとわかりますね。

しかし、この変化は母親の体格にも影響されると言えます。

先に生まれた子の太ももの線

先に生まれた子の太ももの線が何本あるかで、次の子の性別を判断する方法です。
1本の場合は男の子、2本の場合は女の子と言われています。

まとめ

妊娠中に性別を知ることは、名前を選ぶ時や準備する洋服の色選びなどに参考になります。
まわりの人から「女の子じゃない?」など声をかけられると、赤ちゃんの性別が気になってしまいますね。

妊婦健診で行わる超音波で、性器の違いを見ることができれば、性別を予想することができます。
しかし、この検査は、あくまで赤ちゃんの成長を確認するためのものです。

大切なことは、性別よりも赤ちゃんの成長ではありませんか?
どちらが生まれてくるのかを予想しながら、赤ちゃんと会える日を楽しみ待つのもよいのではないでしょうか。