妊婦さんの安全なチーズ食べ方とNGなチーズの見分け方【看護師が解説】

チーズは、栄養価が高い食品として知られています。

でも、妊娠中にチーズ食べるときは注意が必要と聞いたことがある方、最近になって初めて知ったという方もいらっしゃると思います。

どうして注意が必要なのか、どんなチーズが食べられて、どんなチーズが食べられないのか、注意することはどんなことかなど、わからないことが多いと思います。

ここでは、チーズに含まれている栄養素や妊娠中に避けた方が良い理由、妊娠中でも食べても良いとされるチーズの種類についてなど、妊娠中のチーズにまつわるお話をします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

チーズとはどういう食べ物か?

 

チーは、栄養があって体に良いことは知っている方も多いと思います。

チーズにはどのような栄養素が入っているのか見てみましょう。

タンパク質

タンパク質は、チーズの22−28%を占めています。

また、筋肉の他、血液を作るときにも大切な栄養素です。

脂肪

脂肪は、チーズの25−30%を占めています。

エネルギーを作ったり、身体の機能を正常に保つホルモンを作ったりなど様々な働きをしています。

ミネラル

カルシウム、リン、鉄、カリウムなど、体のバランスを保つ重要な栄養素です。

特にカルシウム量が多く、プロセスチーズ18g(6Pチーズ1つ分)で113mgのカルシウムが含まれています。牛乳だと200ml(コップ1杯)で227mgです。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」には、妊娠中の1日当たりのカルシウムの必要量は650mgとされています。

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作るために必要な栄養素です。

そして、カルシウムは毎日摂らないと余分なものは排泄されてしまいます。

ビタミン

ビタミンC以外のビタミン類が含まれています。

ビタミンは、栄養や代謝など体内で生理的な機能をコントロールする作用があります。

チーズには、たくさんの重要な栄養素がつまっていますね。

妊娠中はいつでも避けたほうがいい?

妊娠中、プロセスチーズは、食べても構いません。

でも、どの妊娠時期でもナチュラルチーズを食べるのは避けた方が良いでしょう。

妊娠週数によって食べられるというものではありません。

赤ちゃんへの影響も考えられますので、ナチュラルチーズを食べるのは、妊娠中は避けておきましょう。

妊娠中にチーズを避けたほうがいい理由

妊娠中にチーズを避けた方が良いとされている理由は、食中毒とリステリア症の発症の可能性があるからです。

一つずつ説明しましょう。

食中毒

ナチュラルチーズは、リステリア菌による食中毒を引き起こす食品とされています。

殺菌処理されていない乳を使用したり、熱を加えず作られたりしたものだからです。

妊娠中に食中毒になると、薬を慎重に選ばなければなりません。

また、食中毒になると下痢やおう吐によって、脱水症状お引き起こし、発熱する可能性があります。

赤ちゃんは高熱に弱いため、このような症状に陥るのは避けたいですね。

リステリア症

妊娠中は、病気に対する抵抗力が低下しているため、少量のリステリア菌でも発症して、リステリア症になることがあります。

敗血症や髄膜炎などの症状を起こします。

妊婦さんには、流産や新生児に影響を及ぼす可能性が指摘されています。

チーズの種類

大まかに分けて、チーズの種類にはプロセスチーズナチュラルチーズがあります。

その違いのポイントは、作られる過程で熱が加えられているかどうかです。

表にまとめましたので、どうやって作られているか見てみましょう。

ナチュラルチーズ

  • 原材料は牛や山羊、羊などの乳。それを乳酸菌や酵素で発酵させて固めたもの。
  • 原料になる乳の種類、製造方法、使用する菌などにより様々な種類がある。
  • チーズに含まれている乳酸菌が生きているため、時間と共に熟成され、味の変化を楽しむことができる。

プロセスチーズ

  • 原材料はナチュラルチーズ。
  • ナチュラルチーズを熱で溶解し、再度固めたもの。
  • 加熱して作られるときに、ナチュラルチーズ内の菌を殺菌して、チーズ特有の熟成を止めるので、長く保存ができる。

食べてもいいチーズ

妊娠中に口にしても大丈夫だとされているチーズは、プロセスチーズです。

プロセスチーズは、加熱・殺菌されており、食中毒を起こしにくいチーズです。

たとえば、スライスチーズ、キューブや三角の形に整えられたチーズなどがプロセスチーズです。

きれいに形が整えられているものは、加熱して成形していますので、見分ける参考にしてくださいね。

避けたほうがいいチーズ

妊娠中に口にしない方が良いチーズは、ナチュラルチーズです。

ナチュラルチーズは、加熱処理によって殺菌されていません。

また、ナチュラルチーズは、ものによって長期に渡って熟成して菌が生きていますので、妊婦さんは食べないほうが良いとされています。

特に、海外で作られたものは、殺菌された乳を使って作られていないことも多いのです。

日本では、殺菌処理された乳を使うという規制がありますので、食べても大丈夫とされていますが、気になる方はやめておくほうが良いですね。

たとえば、下記のようなチーズはナチュラルチーズに分類されますので、妊娠中は食べないようにしましょう。

  • モツァレラチーズ・クリームチーズ(フレッシュチーズ)
  • カマンベールチーズ(白カビチーズ)
  • エポワス(ウォッシュチーズ)
  • ヴァランセ(ヤギの乳が原料)
  • ゴルゴンゾーラ(青カビチーズ)
  • ゴーダチーズ(セミハードチーズ)
  • チェダーチーズ・パルミジャーノ(ハードチーズ)

意外な注意点

レストランなどで出される料理にも、ナチュラルチーズが使用されていることがあります。

サラダのモツァレラチーズやレアチーズケーキ、ティラミスなどのスイーツも要注意です。

オーダーする前に、お店の方に確認するといいですね。

リステリア菌などの食中毒を起こすほとんどの菌は、熱に弱いとされています。

65−90℃で数分加熱すると死滅しますので、参考にして下さいね。

妊婦さんにとって安全な食事を心がける

普段から大事なことですが、妊娠中は特に気をつけたいポイントをまとめました。

何かと制限がある妊娠中ですが、気をつけましょう。

何が安全か確認する

妊娠中に食べてもいいもの、だめなもの、注意が必要なものなどがあります。

どんなものを避けなければならないのか、どんな注意が必要なのかを確認しておきましょう。

新鮮なものを選ぶこと

妊娠中は、常に新鮮なものを選び、よく加熱されているかどうかを確認するようにしましょう。

妊娠中は、抵抗力が落ちていますので、チーズに限らず食中毒を起こしやすい状態です。

加熱すること

よく加熱されているかどうかを確認するようにしましょう。

妊娠中は、抵抗力が落ちていますので、なまものに限らず食中毒になったり体調をくずしたりしやすい状態です。

リステリア菌のように、冷蔵庫の中などの低温でも死滅せずに増えていく菌もあります。

でも、リステリア菌は熱を加えることで殺菌できます。

料理したら早く食べる

料理したものは、できるだけ早く食べるようにしましょう。

時間がたってしまうと、細菌が繁殖しやすくなります。

「買ったらできるだけ早く調理(加熱)する」「調理(加熱)したものはできるだけ早く食べる」ことを心がけましょう。

時間がたったものは処分する

時間がたってしまったものは、思い切って処分しましょう。

特に夏には、温度や湿度が上がるため、食べ物が傷んできやすくなります。

冷蔵庫を過信しない

リステリア菌など、冷蔵庫に保存していても繁殖するものもあります。

冷蔵庫に入れていたから大丈夫と思わず、早めに料理したり食べたりしましょう。

清潔を保つこと

調理に使用する調理器具や調理者の手を清潔にしましょう。

手洗いはもちろん、「肉や魚などを調理するまな板は、生野菜を切るものとは別にする」「鍋や調理台、ふきんなどを清潔に使用する」ことも心がけましょう。

保冷剤と保冷バッグの利用

買った食品は、保冷剤や保冷バッグを利用して、できるだけ冷やして持って帰り、すぐに冷蔵庫へ入れましょう。

まとめ

いかがでしたか。

チーズに含まれる栄養素や妊娠中にナチュラルチーズを避けた方が良い理由、妊娠中でも口にしても良いとされるチーズの種類など、妊娠中のチーズに関する様々なことがわかって頂けたのではないでしょうか。

妊娠中も食べられるのは、スライスチーズなどのプロセスチーズです。

スイーツのチーズには、クリームチーズなどナチュラルチーズが使われている場合がありますので注意しましょう。

何かと食事に関する制限がある妊娠中ですが、赤ちゃんのために乗り越えていけるといいですね。

参考文献

  1. 厚生労働省「リステリア菌による食中毒」
  2. 厚生労働省「これからママになるあなたへ」
  3. メグミルク 「チーズクラブ・チーズの基礎知識」