妊娠33週の胎児の体重や母体の様子【看護師が解説】

妊娠 妊婦 夫婦 散歩

妊娠33週は、妊娠9ヶ月の2週目の週です。

赤ちゃんがかなり大きくなって、お腹が前にせり出してきます。

この頃の妊婦さんは、おなかが重く、歩くのもゆっくりになります。

立ったり座ったりの日常的な動作も「よっこいしょ」と言いたくなるほど、お腹の重みを感じる時期です。

赤ちゃんが大きくなって胃が圧迫されて、息苦しさが増してくる頃でもありますね。

ここでは、妊娠33週のママと赤ちゃんの状態や注意点、今後の準備などについてお話していきます。

妊娠33週目母体の変化

妊娠33週目のママの身体の変化、体調、マイナートラブルなどについてお話しますね。

お腹の様子

お腹の様子は、子宮底長は約27ー30cmになっています。

これは、みぞおちから指2−3本分ほどの高さです。

胃が圧迫されて苦しいと感じる方が多くなってきます。

食事の量が減ったり、食べられたとしても食後に胃が圧迫されて苦しくなったりするなど、「またつわりがきた?」と思うこともあります。

食べる量を調節したり、分割食にしたりして様子を見て、気分が悪くならないように工夫してみましょう。

体調

お腹の重みや胃の圧迫はあるものの、体調自体はそれほど悪くないことが多いです。

活動的にには動けない方もいる一方で、普通に過ごせているという方もいらっしゃいます。

個人差があることですので、体調が優れない方は受診しましょう。

頻尿

膀胱は子宮の前にありますので、かなり圧迫されて頻尿に悩まされている妊婦さんも多いです。

昼間はもちろん、夜中もトイレに起きる、それも何回も目が覚めてしまうという方もいらっしゃいます。

夜中のトイレは面倒ですが、膀胱炎やお腹の張りにも影響しますので、トイレに行きたくなったら我慢せずに行くようにしてくださいね。

夜中のトイレは、赤ちゃんの授乳の練習をしているとも言われています。

ちょうど妊娠中のトイレの時間と同じような時間に、赤ちゃんのお腹がすくかもしれませんよ。

むくみ

赤ちゃんが大きくなることで、上半身と下半身の循環が悪くなりがちで、足がむくんでくることがあります。

多くは、妊娠週数が進むにつれてむくみもひどくなります。

足の甲やすねに起こりやすく、手や顔にもむくみが及ぶこともあります。

対策は、着圧靴板をはく、冷やさない、マッサージをするなどで症状は和らぐ方もいらっしゃいます。

指輪がきつくなるようだと、外しておいた方が無難です。

急にむくんで指輪が取れなくなると、指先が循環不全を起こし、色が変わったり感覚がなくなったりする危険があります。

指輪を切らないといけなくなる可能性もありますので、外して大事にしまっておきましょう。

お腹のはり

妊娠33週目頃になると、何もしなくてもお腹が張ってくる方も多い時期です。

お腹が張っても休むとおさまるのであれば問題ありません。

なかなかお腹の張りが治まらなかったり、痛みがあったり、お腹の張りに出血が伴うようであれば受診が必要です。

おりもの

この時期に限らず、妊娠中におりものが増えたという方も多いものです。

かゆみがなく、においや色が気にならないようでしたら大丈夫です。

清潔に保つようにしましょう。

妊娠33週目胎児の様子

エコー写真 手帳

妊娠33週目の赤ちゃんの状態や胎動などについてお話しましょう。

エコーでの様子

赤ちゃんを見ることができるエコーは毎回楽しみですね。

この頃は赤ちゃんはまだよく動いているので、その様子が見られるかもしれません。

手を口に持って行ったり、足をもぞもぞと動かしたりとひとつひとつの動作がいとおしくなります。

この頃の赤ちゃんは、20分おきに寝たり起きたりを繰り返しています。

その様子を見ることができるかもしれませんね。

胎動があるかないか

この頃の赤ちゃんは、まだよく動きます。

子宮の中がかなり狭くなってきているため、ダイナミックな動きができなくなってくることがあります。

これまでの胎動の感じ方とは違った感覚になるかもしれません。

本によっては、胎動が少なくなると書かれているものもあるようですが、上記のような状況や個人差もあり、感じ方は様々です。

はっきりとしていることは、胎動は赤ちゃんが生まれる直前まであります。

もし、胎動がなかったり、極端に少なかったりしたら受診しましょう。

この週数になると、胎児モニター(胎児心拍陣痛図)で赤ちゃんの様子を推測することが可能です。

胎児の成長

33週頃で太ももの長さが6cm 体重2000g前後になっています。

ずいぶん成長してきましたね。

でも、まだまだ大きくなってきます。

ママが食べる食事から赤ちゃんに栄養が運ばれ、身体を作っていきます。

偏りのないバランスの良い食事を摂ることができるといいですね。

また、赤ちゃんの「見る」「聞く」「味わう」「触れる」「かぐ」という機能がが完成する頃です。

お腹の中にいながらママやパパが話す声が聞こえ、羊水を飲んで味を感じたり、皮膚も触れている感覚が分かるとされています。

33週目の注意点

妊娠 妊婦

お腹が前に出て身体の重心が変わってきます。

腰が反りがちになり、腰や足の付け根を痛めることがあります。

できるだけ背筋はまっすぐ伸ばして歩くようにしましょう。

また、動悸や息切れを訴える方も多い頃ですので、ゆっくりと動くよう心がけましょう。

産後に赤ちゃんを連れていると急ぐことができません。

赤ちゃんに合わせて行動しても間に合うように、早めの準備が必要ですね。

今からその練習をしておくといいですよ。

今後に向けての準備

この週数になると、お腹が重いため、動くのがおっくうになることもあります。

少しづつ出産に向けて準備をしておくことをおすすめします。

両親学級などの参加

まだ受けていない方は、病院や地域の保健センターなどで行っている両親学級や母親学級に出席しておくといいですね。

出産に向けて入院の必要物品、入院のタイミング、呼吸法などの話が詳しく聞くことができます。

赤ちゃんの沐浴などのお世話の教室を開催していることもありますよ。

入院の必要物品の準備

両親学級などを受けて、入院するにあたって必要な物の準備や赤ちゃんの準備を進めていきましょう。

病院によって準備するものは様々ですので、確認してみましょう。

必要物品は、34−35週頃までに準備しておくのと無難です。

少し早い時期に陣痛が始まったり、破水したりする方もいらっしゃるので、慌てないように早めに準備しましょう

赤ちゃんを迎える準備

この時期には、買おうと思っている赤ちゃんのものは、だいたい揃っているといいでしょう。

お腹の重みで、動くのが辛くなったり、お腹が張ったりして動きにくくなることがあります。

34−35週までには買い物は終えておきましょう。

産前産後休暇や育児休業の手続き

出産後に仕事に復帰することを考えいる方は、申請に必要な書類などを確認して手続きを進めていきましょう。

会社独自の休暇を認めていることもありますので、申請時期を把握して手続きが必要な方は、準備することをおすすめします。

早くに復帰することを希望している方もいらっしゃると思います。

でも状況が許すようなら、長めの休暇を確保するものひとつです。

出産前後で赤ちゃんへの気持ちに違いが出てきて、自分がお世話をしたいという思いが強くなることがあります。

未知の世界ですが、そういうこともあるんだと思って、復帰時期の検討材料の一つにしてくださいね。

まとめ

妊娠33週のママと赤ちゃんの様子やこの時期の注意点、今後の準備などについてお話しました。

身体のマイナートラブルも増えてくる頃で、だんだん出産に向けて不安も出てくる頃です。

心配なことがあったら早めの受診を心がけましょう。

あと2週間で妊娠10か月に入ります。

リラックスして妊娠生活が送れるといいですね。

参考文献

厚生労働省「改正育児・介護休業法のあらまし」