妊娠中に自転車は乗っても大丈夫?時期によっての危険度の変化【正看護師が解説】

妊娠すると、身体に様々な変化が起こります。自転車は、誰もが気軽に乗れる乗り物ですが、車などと違って、外部と隔たりがないので、転倒したりすると衝撃を受けやすい、危険な乗り物でもあります。

妊婦はホルモンバランスが変化して、集中力が散漫になったり、お腹が出てきたりします。
そうした身体の変化が起こる中、自転車にはいつまで乗っていいのか、注意点などを説明していきます。

妊娠初期の自転車は?

妊娠初期は、身体に目立った変化はありません。
しかし、人によってはつわりが出始めて嘔気などにより、気持ちがそぞろになり集中力が落ちやすくなります。

また妊娠初期は、胎児の心臓や脊椎、脳などの重要な部分を形成する時期です。

つわりなどの症状がなければ、ついつい今までと同じように生活をしてしまいがちですが、お腹の中では着実に胎児を育てていると意識することが大切です。

妊婦になると、自転車に乗ってはいけないという決まりはありません。
そのため、自転車に乗る際は、自分の身体の状態を意識しつつ、体調がすぐれないときは乗るのをやめるなど、判断をすることが大切です。

妊娠中期の自転車は?

妊娠中期になると、つわりは治まる時期ですが、少しずつお腹もふっくらと出てきます。
自転車に乗ると、お腹が出ているので下がよく見えなかったり、足でバランスを取りづらくなってきます。

妊娠中期は多くの人がつわりは治まるので、つい活動的に動くようになりますが、お腹の張りを感じる時期になってきます。

人のっては自転車にのると、振動によりお腹が張ったりする人も出てきます。
そのため、お腹の張りを頻繁に感じる人は、自転車に乗るのはやめたほうが賢明です。

どうしても乗らないといけない場合は、産婦人科の主治医に相談することをおすすめします。

妊娠後期の自転車は?

妊娠後期になると、胎児も大きく成長して、妊婦は後ろに反るような姿勢になります。
そのため、前かがみになることはできないので、自転車にのることは難しくなります。

足もまっすぐにすることができないので、曲がったりする際には、バランスを崩しやすくなります。
また、荷物や子供を乗せて運転する際は、ますますバランスを取りづらくなります。

転倒した際は、腹部を強打することが考えられるので、できる限り乗らないほうが無難です。

どうしても自転車が必要な場合は

しかし、日常生活の中で、自転車はどうしても欠かせない場合もあります。
そういう場合は、以下のことに注意して乗ることをお勧めします。荷物はできる限り軽くさせる。

サドルは重心を低くするために下げて乗る。気分がすぐれないときは乗るのをやめる。長時間乗らない。
注意してゆっくり運転する。このようなことに注意しながら、安全運転に心がけてください。