妊娠中の体重の増え方や増えすぎた時の対処方法【看護師が解説】

妊娠すると嬉しい反面、体重増加のことが気になりますよね。

「次の健診までにどれくらい増えてもいいのか」「1週間にこんなに増えちゃって、どうしよう」など、体重に関しては、妊娠期間中いつも気になることだと思います。

でも、大丈夫です。

ここでは、妊娠中にどれくらい体重が増えてもいいのか、どうしたらちょうどよい体重増加になるのか、そもそもなぜ体重を管理しないといけないのか、ということをわかりやすく説明しますね。

妊娠中に無理なダイエットをすると、赤ちゃんへの影響で興味深い事柄がありますので、そのこともお話します。

妊娠中の体重増加

妊娠 妊婦 エコー写真

妊娠中の体重増加の内訳や適切な体重増加量の目安などについて、詳しく見てましょう。

体重の内訳

妊娠10か月頃になると、おおよそ下記のような体重の内訳になります。

  • 赤ちゃん→約3kg
  • 胎盤→約0.5kg
  • 羊水→約0.5kg
  • 母体→血液の増加、脂肪の増加、乳房・乳腺の発達による体重増加約6kg

「そんなに増えるの?」と驚いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

人間一人を育てるのには、エネルギーもいりますし、それなりの環境が必要です。

出産間際には、おおよそ10kgの体重増加があるとされています。

体重が増えるのは当たり前

妊娠中は、一人の人間をおなかで育てるのです。

母体の体重が増えるのは当たり前なんですよ。

中にはたくさん食べても、それほど体重が増えない方もいらっしゃいますが、普通はだんだんと体重は増えていくものです。

急に何キロも増えたり、奨励されている体重をオーバーしすぎたりしなければ大丈夫です。

適切な体重増加の目安

では、適切な体重増加の目安とは、どれくらいなのでしょうか。

現在、BMIをもとに妊娠中の奨励体重増加量が決められています。

BMI=体重(kg)÷(身長cm×身長cm)

BMIの判定

体型 BMI 奨励妊娠体重増加量(全妊娠期間) 1週間当たりの体重増加量(妊娠中期−妊娠後期)
やせ型 18.5未満 9−12kg 300−500g/週
普通体型 18.5以上25.0未満 7−12kg 300−500g/週
肥満型 25.0 5−7kg 個別対応

※著しい肥満である場合は、個別対応します。

引用文献:「病気が見えるvol.10 産科」 第2版 メディックメディア P72

やせ型の方も普通体型の方も最大体重増加量は、12kgなんです。

12kgと聞いて、そんなに増えても大丈夫なんだと安心する方や、そんなに増えたら元の体重に戻るの大変だと心配に思う方、様々だと思います。

でも、「赤ちゃんが3kg」「羊水と胎盤で1kg」「母体の増加が6kg」で、10kgは増えるものですよとお伝えしました。

10kg前後の体重増加で出産になるとちょうどいいということですね。

それよりちょっと増えたとしても、12kgまでに抑えられるといいでしょう。

肥満体型の方は、BMIの数値によって個別対応となりますので、医師または助産師にご相談下さいね。

妊娠中のダイエットとは?

妊娠中は、どんどん体重が増えていくので、びっくりしてしまって、「ダイエットしなきゃ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ちょっと待って下さい。

妊娠中のダイエットは危険なんです。

わかりやすくご説明しますね。

ダイエットの危険

妊娠中のダイエットは、危険なのでやめましょう。

赤ちゃんの成長には、適切な栄養が必要です。

体重が増えすぎているからといって、炭水化物を食べなかったり、または極端に減らしたり、ある食べ物ばかり食べて、栄養がかたよるとよくありません。

ある程度の偏食があっても赤ちゃんは育ちます。

でも、よく考えてみて下さい。

お母さんが食べたもので、赤ちゃんの身体は作られていきます。

成長はしますが、その質を考えると偏りすぎているとあまり良くないと思いませんか。

赤ちゃんの生活習慣病

日本では、10数年前までは、体重の管理がとても厳しかったときがありました。

小さく生んで大きく育てるなどといったものです。

でも現在では、そうではありません。

赤ちゃんの時の低栄養が生活習慣病の素因を作ると言われており、注意が必要なんです。

どういうことか説明しますね。

妊娠中に低栄養状態にさらされた赤ちゃんは、赤ちゃん自体の身体の発育が遅れます。

そこに普通とは違うホルモンや解剖学的な変化が現れ、生まれた後に環境的な因子が影響して、その赤ちゃんが大人になったときに、肥満や高血圧、脂質異常症などのメタボリックシンドロームを引き起こすとされています。

それが、脳梗塞や冠動脈疾患などにつながるという説があるのです。

この説が発表された後、あまり厳しい体重管理はされなくなりました。

でも、極端に体重が増えないようにするということが大切なのは、かわりありません。

体重がどこまで増えるのが普通?

これまでに、妊娠期間中の体重増加が、10kg前後多くても12kgまでが理想だとお伝えしました。

では、1週間でどれくらい増えるのがいいのでしょうか。

現在、肥満体型でない方は、妊娠中期〜妊娠末期の間に、1週間に300g-500gの増加がちょうどいいとされています。

増加した体重の内容が、脂肪、水分、赤ちゃんのどれによるものか定かではありません。

そのため、体重以外にも血圧や血液検査などの数値も参考にして、母子の健康状態や異常の早期発見に対応していきます。

妊娠中の体重の増加しすぎに注意

ここでは、なぜ妊娠中には体重の増え過ぎに注意が必要なのかを、ご説明しましょう。

体重が増えてしまった時の危険

体重が極端に増えてしまうと、次のようなリスクが高まります。

  • 妊娠高血圧症候群(症状は高血圧と蛋白尿で、痙攣などを起こす可能性がある)
  • 妊娠糖尿病(巨大児や赤ちゃんの奇形などに影響する)
  • 微弱陣痛(産後の大出血、難産などに影響する)

これらは、体重が増えすぎると必ずなるとは限りませんが、リスクが高まるとされています。

できるだけ、リスクはないほうがいいですよね。

過食に注意

つわりが治まると、食欲が出てきて食べ物がおいしく感じられます。

食べすぎると、急な体重増加につながります。

三食きちんと食べ、間食をしたって構わないのです。

食べる時間をある程度決めましょう。

間食の時間も決めるといいですね。

夜の間食はや夜遅い食事は、おすすめしません。

夕食は、寝る3時間前には済ませておきましょう。

よくかんで食べましょう。(消化に良いです)

ジュースなどの甘い飲み物を、水やお茶のように飲むことは控えましょう。

体重を適正に管理する工夫

では、妊娠中の体重は、どのように管理すると良いのでしょうか。

気になるところですよね。

次のことを参考にしてみてくださいね。

うまくいかない場合、不安な時には医師や助産師に相談しましょう。

運動では体重をコントロールできないことを認識する

「運動すれば、たくさん食べても大丈夫」というのは、妊娠中には当てはまらないと考えて下さい。

妊娠していないときに比べると、妊婦中に運動できる量や程度は決まっています。

妊婦さんは、それほど激しくは動けません。

ですので、体重は運動でコントロールするというよりは、食事でコントロールですると考えた方がいいですね。

厚生労働省作成の「妊産婦食事バランスガイド」を参考にするといいですよ。

時間を決めて食事をする

時間に関係なく食べると、その分体重も増えていきます。

食事の時間をある程度決めましょう。

間食をするならその時間も決めて、だらだらと食べないように工夫しましょう。

外食が多い方は見直しを

1週間に半分以上が外食という方は、一度その回数を見直しましょう。

店で買うお弁当も外食に入れて下さい。

外食は、自分で作るよりもカロリーが高めで、味も濃くなっています。

外食がいけないわけではありませんが、その回数が多くて体重増加が気になる方は、検討する余地ありですよ。

洋食よりも和食の方がカロリーは低めです

これまでの食生活を極端に変える必要はありません。

一般的に洋食の方が和食に比べて、高カロリーだと言われています。

洋食が多い方は、和食を多めにしてみるのも一つの方法です。

ただし、和食は味噌やしょう油をしようするので、塩分が多くなりがちです。

だしやレモンなどの柑橘類で味をつけると塩分が控えめになりますよ。

まとめ

妊娠中の体重増加について、良くわかって頂けたと思います。

現在、妊娠前の身長と体重でBMIを計算して、その数値によって、妊娠中の体重増加の目安が決められています。

肥満型の方でない限り、「出産まで体重は10kg前後は増えるもの、12kgまでの増加が理想」です。

妊娠中期以降の1週間の体重増加量は、300−500gです。

おおよその数字を理解しておくと、それほど不安にならないのではないでしょうか。

みなさんの妊娠生活が快適なものになりますように。

引用・参考文献

  1. 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.9 婦人科 第1版』P72
  2. 厚生労働省・妊産婦のための食事バランスガイド