切迫早産には入院は必要?保険の適用や入院期間について【看護師が解説】

妊娠 入院

妊娠中は、お腹が張ったりマイナートラブルあったりと、何かと気になることが多いですよね。
「安定期に入ったからもう安心」なんて思ってしまいますが、何が起こるかわからないのが妊娠・出産です。

切迫早産は、22週以降から37週以前に赤ちゃんが生まれそうになることですが、突然診断されて戸惑ってしまうケースも多いです。

中には、入院が必要になることもあります。
この時期の赤ちゃんが生まれてしまうと、呼吸が安定しなかったり、障害が残ったりすることもあります。

ここでは、切迫早産の入院について、その原因や対処方法、入院期間、保険適応などについてお話しますね。

切迫早産とは

妊娠 妊婦

早産とは、妊娠22週以降から37週未満の出産をいいます。
切迫早産とは、早産になりそうな状態のことです。

下腹部痛、腹部緊満感、規則的な子宮収縮、少量の性器出血、水溶性帯下などを感じ、超音波検査で子宮口開大、子宮頸管短縮がある場合に切迫早産と診断されます。

切迫早産の原因

切迫早産の原因の大半は、絨毛膜羊膜炎だとされています。(参考文献1)

絨毛膜羊膜炎は、赤ちゃんを包んでいる羊膜に細菌が感染して起こります。

これを発症すると短期間で早産になると考えられています。

切迫早産には必要?

切迫早産と診断された場合、必ずしも入院が必要なわけではありません。

子宮収縮の頻度や強さ、子宮頸管の長さ、子宮口の開き具合、赤ちゃんの下がり具合など様々な状態を診て、入院が必要かどうかを判断します。

自宅安静や子宮収縮抑制剤の内服で様子を見ることもありますし、入院して安静にし、子宮収縮抑制剤の点滴をすることもあります。

入院後はどんな生活なのでしょうか

切迫早産と診断されると、妊娠週数や母体と胎児の状態の応じて、このまま妊娠を継続させるのか、出産に持っていくのかなど対応が異なります。

切迫早産で入院したら、様々な状態によって下記のような安静度で過ごすようになります。

安静度

絶対安静とは

  • トイレや食事もベッド上で寝たまま行う。
  • 身体の清潔は、シャワーや入浴はできないため、タオルで拭く。
  • 子宮収縮抑制剤の点滴を行っていることが多い。
  • トイレ歩行可
  • トイレや洗面のときだけ歩行できる。
  • 身体の清潔は、シャワーや入浴が許可されている場合がある。
  • 子宮収縮抑制剤の点滴を行っている場合と内服の場合がある。
  • 室内歩行
  • 室内で過ごし、医師の指示以外は病室の外には出られない。
  • 身体の清潔は、シャワーや入浴が許可されている場合がある。
  • 子宮収縮抑制剤の内服を行っていることが多い。

(注意)病院や医師によって多少の違いはあります。

安静の内容

妊娠 妊婦

絶対安静は、かなりストレスを感じます。

絶対安静でなくても、行動の制限をされることは、ストレスですね。

身の回りのことはスタッフに手伝ってもらうことが多く、自由に動くことができません。

さらに、赤ちゃんの今後のことを考えてしまって、ブルーになる方もいます。

安静の治療は、お母さんにしかできないことのなのです。

自分が行っていることは、赤ちゃんにとって非常に重要な治療なのだということを、前向きに考えられるといいですね。

主な治療方法

切迫早産の場合、破水しているかどうかでも対応は大きく違います。

破水している場合、34週未満だと可能な限り妊娠を継続するように対応します。

赤ちゃんが自分で呼吸できる状態になるまで抗菌剤を投与して、感染を抑えることが一般的です。(参考文献2)

妊娠34週以降であれば、赤ちゃんは自分で呼吸できる可能性が高いので、赤ちゃんに細菌が感染する前に出産し、生まれた後に治療室での治療を行います。(参考文献2)

子宮内感染や赤ちゃんが弱っている兆候が見られる場合は、帝王切開や分娩誘発で出産になるように対応します。

妊娠週数によって、赤ちゃんの心拍や子宮収縮を観察できるモニターを毎日つけることがあります。

また、赤ちゃんの肺の成熟を促すために、母体に副腎皮質ステロイドの注射をすることがあります。

これは、万が一早産した場合、赤ちゃんの肺が成熟していないと呼吸が正常にできないことが考えられ、その予防のためです。

頸管無力症による切迫早産

「子宮頸管が短い」「子宮口が開いている」という場合には、子宮頸管縫縮術をすることがあります。

シロッカー手術やマクドナルド手術と呼ばれています。

わかりやすく言いますと、開きかけた子宮口を糸で縛るのです。

切迫早産の予防方法

切迫早産の予防には、無理のない生活を心がけることが最も大切です。

かかりつけ産婦人科医師の妊婦健診をきちんと受診し、その指導には必ず従うようにするのが重要ですね。(参考文献2)

切迫早産の入院期間

入院期間は、母体と赤ちゃんの状態によって様々です。

早産の症状がおさまれば、数日で退院することもあります。

しかし、入院が必要な切迫早産の場合、多くの方は「子宮頸管が短い」「子宮口が開いている」などの症状があり、すぐには退院できないケースも多いのが現状です。

36-37週まで入院するということも珍しくありません。

切迫早産の入院費用

切迫早産で入院する場合、健康保険に加入していれば、保険が使えます。

入院費は、3割負担となります。

ただし、個室料金は保険適応とならないことがありますので、差額ベッド代を支払わなければならないことがあります。

この差額ベッド代は、病院によって様々ですので、数千円だったり、1万円以上かかったりする病院もあるのです。

治療費は、治療内容によりますので、入院するときにおおよその費用を確認しておくといいですね。

入院が長期になる場合、かなりの費用がかかってくる可能性があります。

健康保険には、「高額療養費」という制度がありますので、月毎の自己負担額を超えた場合は、その分払い戻しの申請ができます。

個人の所得によって、月毎の自己負担額が決まっていますので、確認が必要です。

医療保険は使えるのでしょうか

個人契約の医療保険に加入している場合は、加入しているコースによって使えるかどうかが違いますので、確認しておきましょう。

使用できる場合、複数の医療保険それぞれから保険給付金を受け取ることが可能です。

これを機会に、保険の加入コースとその内容を確認しておくといいですね。

保険に関しては、自分で申請をしなければ、保険給付金はもらえません。

申請期限はありますが、後で申請しても払い戻しや保険給付金がもらえますので、忘れずに確認して申請しましょう。

まとめ

赤ちゃんの健康に影響する切迫早産ですが、医師の指示のもと、できる限りのことをやっていくしかありません。

切迫早産になったのは、あなたのせいではありません。

自分を責めないでくださいね。

自宅安静や入院によってストレスを感じたり、家のことや上の子どものことが気になったりするでしょう。

自分の力ではどうしようもなく、涙される方もいらっしゃいます。

そんなときは、周りの方の力や公共の制度の力を借りましょう。

数は少ないですが、母親の入院によって上の子どもの保育ができない場合、一時保育を受け入れている保育園もあります。

入院期間が長くなると、費用のことも気になります。

安心して過ごすために、入院費用や使える保険制度について、確認しておく必要があります。

あなたと赤ちゃん、ご家族が穏やかに過ごせるように祈っています。

参考文献

  1. 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』P132-149
  2. 日本産科婦人科学会 病気を知ろう 早産・切迫早産