妊娠16週の体調の変化や胎児の成長は?【正看護師が解説】

妊娠 妊婦 夫婦

妊娠16週になると、だいぶ妊婦の身体も落ち着いてくるころです。

いわゆる安定期と呼ばれる時期になります。少しずつ大きくなってくるお腹の中で、胎児は日々成長を続けています。

お腹の中で胎児はどのように成長をしているのか、そして母体にはどのような状態なのか気になる所です。

そこで妊娠16週の頃の胎児、母体の状態と、日々の生活で気を付ける点などについてご紹介していきます。

妊娠16週目母体の変化

16週になると、母体はどのような変化がみられるでしょうか。

外見的なものから内面的な変化について説明していきます。

体調が安定してくる

16週になると、つわり症状も治まり体調が安定してくる頃です。

また流産の可能性も低くなります。今までつわりがひどくて食べられなかった人も、食欲が出てきて食べられるものが増えてくるようになります。

匂いに敏感で料理できなかった人も、少しずつ家事も精力的にできるようになってきます。

逆に食欲が出てくるので体重増加しやすくなるので、食べ過ぎないようにコントロールが必要です。

お腹がふっくらしてくる

お腹の大きさは少しずつふっくらとしてきて、服の上からでも、お腹が大きくなってきているのが分かるようになります。

妊娠前に着ていた服はきつく感じるようになりますので、ワンピースタイプの服やマタニティウエアに変更していきましょう。

またこれからどんどんお腹は大きくなるにつれて、妊娠線がでやすくなってきます。

この頃から妊娠線予防クリームや保湿剤を使用し、妊娠線を予防していきましょう。

代謝がよくなる

妊娠しお腹が大きくなるにつれ基礎代謝がよくなるので、暑がりになり汗をかきやすくなります。

夏場はあせもがお腹まわりにできやすくなるので、こまめに着替えたりシャワーを浴びたりして皮膚トラブルに対応していきましょう。

乳房が発達してくる

16週以降になると乳腺が発達してきて、乳房が膨らんできます。

人によっては張ってくる感覚があります。

今までの下着だときつく締め付けてしまうので、マタニティ用の下着かノンワイヤーの締め付けないタイプの下着に変更をしていきましょう。

また同時に乳輪が少しずつ大きくなり黒ずんでくる頃です。

これは、生まれてきた新生児が授乳の時場所がわかるようにするためともいわれています。

授乳が終わると少しずつ前の色に戻ってきます。

そして乳房も大きくなるにつれて妊娠線ができる場合がありますので、お腹と同じくお風呂上りにはきちんとケアをしていきましょう。

戌の日

妊娠5ヶ月の安定期に入ると、神社に行き安産祈願をしてお腹に腹帯をまくという「戌の日」という風習があります。

つわり症状が落ち着いていれば、夫婦で安産祈願をする計画を立ててもよいかもしれません。

また現在では妊婦用のガードルなどが売られています。昔はさらしをまいていましたが、さらしだとすぐに解けてしまうので、日常生活の中では妊婦用ガードルを使用するほうが楽です。

お腹が大きくなる16週頃にはお腹の安定感と保護のためにガードルや腹巻を履くことをお勧めします。

妊娠16週目胎児の様子

16週になると、2頭身だった身体が3頭身になり、大きく成長をしていきます。胎児の大きさや胎動について説明していきます。

胎児の大きさ

16週になると、胎児は体重80~120g、身長110~140センチほどにまで成長をしています。

関節も出来上がり、手足を自由に動かすことができます。

エコーでは、胎児の顔や手足がはっきりと見えるようになり、すっかり赤ちゃんらしくなった姿をみることができます。

耳が発達

胎児は16週ころから聴覚が作られ、耳が聞こえるようになります。

母親の心臓の音や声を聴くことができるようになるので、時間がある時は積極的に話しかけてあげてください。

お腹を撫でながら話しかけることで母親自体もリラックスすることができます。

性別が分かるように

5,6か月頃にエコーで外性器を判別でき、性別が分かるようになります。

胎児の身体の向きによってはわからないこともありますが、医師によっては性別を教えてくれる場合もあるので、早めに知りたい場合は妊婦検診の時に医師に尋ねてみてください。

逆に性別を知りたくない場合は、その旨を医師に伝えておきましょう。

胎動

胎児の動きも活発になり、早い人では胎動を感じ始められるようになります。

横になって休んでいるときなど、ぽこぽこと動いているなと感じられるようになります。

しかし多くの場合は20週ほどから感じられるようになるので、この時期に胎動が分からなくても心配はいりません。

16~19週目の注意点

16週過ぎた時の生活への注意点はどのようなものがあるでしょうか。

●里帰り出産の場合

分娩を里帰り出産する予定の人は、出産予約をする必要があります。

里帰り出産の予約時期は病院により異なりますが、多くの場合は20週までには一度診察をするところが多いようです。

そのため、安定期に入ったこの時期に、里帰りのための診察のため一度帰ることになります。

里帰り出産する病院には、現在通っている病院での妊婦検診の情報と、紹介状が必要なので病院で書類を書いてもらいましょう。

移動手段

里帰りする出産するためなど、妊婦でも電車や車、飛行機など使う機会もあると思います。

基本的にどの移動手段を使っても構いません。妊婦だから乗ってはいけないということはありません。

しかし、長時間での座りっぱなし、立ちっぱなしの状態になるのは避けましょう。

いくら安定期といっても、お腹が大きくなっているため、張りやすくなったり、妊婦は何が起こるかわからないと考えていたことが良いです。

そのため、移動はできる限り無理のないようにしなければいけません。

交通機関を使用する場合は、混雑していない時間を狙ったり、車を運転できる家族がいれば、運転してもらうほうが安心です。

自分で運転して帰る場合は、こまめに休憩をとるなど工夫をしましょう。

便秘や腰痛

16週を過ぎると、子宮が大きくなるにつれて、腸を圧迫して便秘になる妊婦が増えていきます。

そのままにしておくと、ひどい便秘になり痔になったり不快な症状がでてきてしまいます。

また子宮が大きくなることで腰痛もひどくなる場合があります。

妊婦の場合は薬の服用はあまりおすすめできないので、便秘に対しては食物繊維を食事からとったり、オリゴ糖を摂取したりして便秘にならないようにつとめましょう。

また腰痛もウォーキングなどを取り入れて運動して改善できるようにしたいです。

それでも改善しない場合は、無理をせず医師に相談をしていきましょう。

今後に向けての準備

ベビーベッド

16週を過ぎると胎児は日に日に大きくなっていきます。今後どのような準備をしていったらよいでしょうか。

お産やベビーグッズの準備

20週になると、安定した状態が続くようになります。

性別もわかっている頃なので、ベビーグッズを揃えていきましょう。

また、母親学級なども病院や市区町村で開催しているので、お産や授乳の仕方、マタニティエクササイズなど受けて心構えや準備をしていきましょう。

体重管理に注意

20週以降、グレープフルーツくらいの大きさだった子宮も、週に1センチの速さで大きくなっていきます。

胎児の成長と共に急速にお腹が大きくなっていくので、体重増加も顕著になっていきます。

ここで注意しなければならないのは、体重増加による妊娠高血圧症候群です。

気が付くと1週間で1キロ増加しているなんてこともあります。

そのため、日常生活にウォーキングを取り入れるなど軽い運動をしていきましょう。

お産には体力も必要なので、体調が安定している人は積極的に運動やストレッチを取り入れることをおすすめします。

まとめ

安定期に入り、これから少しずつ妊婦生活を楽しめるようになってくる頃です。

性別もわかりベビーグッズを揃えるなど楽しみも増えてきます。

これから胎児も大きくなり胎動がでてくると、母親なんだという自覚がどんどん芽生えてきます。

長いようで妊婦生活も過ぎれば、あっという間に感じてしまいます。

ぜひ身体をいたわりながら、妊婦生活を楽しんでください。