お腹に妊娠線ができてしまった

お腹に妊娠線ができてしまった

妊娠してお腹が大きくなると、皮下組織がそのスピードについて行けなくなり、裂けて妊娠線ができてしまうことがあります。一度できた妊娠線は消えることはありませんが、次第に白くなり目立たなくなります。妊娠線ができやすいのは、もともと太っていた人、小柄な人、多胎妊娠、急激に太った人にできやすく、大柄な人や筋肉質な人はできにくいです。特に下腹部にできやすくその他には、乳房や太もも、お尻にできることもあります。
予防方法として、筋肉をつけるのもいいですが、妊娠してからではなかなか難しいので、乾燥を防ぐために保湿クリームを塗り、皮膚を伸ばすようにマッサージすることで、少しは予防できるかもしれません。あとは急激に太りすぎなければ、できにくくなるでしょう。できやすい人は頑張っても、完全に予防できない事も多いですが、予防しないよりはましだと思います。