赤ちゃんのおむつはいつまでするのが普通?時期やタイミングは?【正看護師が解説】

0歳男の子おむつ

赤ちゃんから幼児になり、おむつもテープからパンツになり、いつ頃からトイレトレーニングをしたらよいのかわからない人も多いです。

そのため、おむつ外れの時期やタイミングについて説明していきます。

おむつ外れの時期は

おおむね2歳後半から3歳前後あたりが多くなっています。早い子だと1歳代から、多くの子が4歳までに外れる子供が多いです。

おむつ外しをする目安

0歳おむつ

春や夏

まず季節面では春や夏をお勧めします。冬などの寒い頃は、トイレも寒いので母子ともに体調の面からあまりおすすめしません。

またトイレトレーニングは洗濯ものも増えるので、洗濯ものが乾きやすい春や夏頃がおすすめです。

子供がしっかり歩ける

子供が自分の足でしっかりトイレまで歩けることが前提です。
しっかり歩ける前にトイレに座らせても、膀胱の機能がしっかり成長していない可能性があります。

そのため、まずはしっかり歩けるようになってから行うようにします。

言葉が理解できている

トイレに行くことを伝えたり、おしっこが出る、といった意味がきちんと理解できている必要があります。
まずは二語文が自分で話せるようになることが目安になります。

トイレに座ることを説明するには、絵本などを使って読み聞かせることで、トイレとおむつ、おしっこの関係の理解を促すことができます。

トイレの間隔があく

おしっこの間隔が2,3時間あくようになると、膀胱にある程度の尿を貯められるようになった証拠です。
おむつのぬれ具合を確認し、数時間あくようになったら、トイレトレーニングの時期になったと考えられます。

おしっこやうんちが出たことを言う

子供がおしっこやうんちが出たタイミングで「おしっこでた」と親に伝える時があります。
それはおむつがぬれた感覚や、おしっこがでた感覚がわかってきたということなので、トイレに促す時期です。

上記のことが当てはまるようになれば、おむつを外す準備時期になります。
しかし、大切なのは決して無理強いはせず、親はトイレが楽しいものだということを伝えます。

絵本などでトイレの意味を伝えたり、トイレを明るく楽しく見せるようにキャラクターのシールを付けたり、本人のやる気を促すようにします。

促しても子供が拒否をするようなら、無理にすすめることはしません。
もし一度成功したら、盛大にほめてあげます。そうすると子供の自己肯定感が高まりうれしくなります。

しかし、トイレは一度成功したからといって、すぐにおむつが取れるわけではありません。
多くの子供が何度も失敗しながら、少しずつかならずおむつが外れるようになります。

親は子供が失敗しても決して怒らずに接することが大切です。

おむつが外れる時期は個人差がある

0歳赤ちゃんおむつ

多くの子が2歳後半頃からおむつが外れると書きましたが、子供には個人差があります。
4歳になっておむつが取れない子供います。他の子供がとれているからと必要以上に焦る必要はありません。

子供お言葉と身体の成長をみながら、おむつが外れるまで見守っていきましょう。