赤ちゃんのスペース作り

赤ちゃんのスペース作りについて

妊娠中に赤ちゃんを安心して育てられる環境を整えておくと、産後慌てることもなくにとっても楽ですね。赤ちゃんや家族の生活パターンを考慮して、赤ちゃん用のスペース作りをしましょう。生まれたばかりの赤ちゃんは自分で動くことができないので、安全な場所に赤ちゃんのスペースを作る事が大切です。

赤ちゃんを寝かせるスペース

赤ちゃんは寝ていてもできるだけ、ママと一緒の部屋で過ごすようにします。洗濯や掃除など、一時的に別の部屋に行くのは仕方ありませんが、夜寝ている時や日中もできるだけ一緒に過ごすようにしましょう。新生児の頃は寝ていることが多いですが、突然死や急な異変に気付くためにも、一人にせず一緒に過ごしましょう。

 

ママが日中過ごす部屋と寝室が別の階や別の部屋の時は、両方に赤ちゃんの眠るスペースが必要になります。夜間はベビーベット、ベビー布団、ママの布団などを使用し、日中はクーハン、ハイローチェアー、お昼寝用の布団を使用するなど、生活スペースや生活環境によって考えましょう。
上の子がまだ小さい場合やペットを飼っている場合は、ベビーベットやハイローチェアーを使用するようにして事故を防ぎましょう。

ベッドや布団を置く時は次のような場所を選びましょう

  • 周りに背の高い家具や落ちてきそうなものがない
  • ママの目がよく届く
  • 日差しが直接当たらない
  • エアコンや扇風機の風が当たらない
  • 掃除がしやすく風通りが良い
  • ママがここは安心と思える場所

部屋が狭い時や家具がたくさんあるときは、赤ちゃんのスペースを確保するのが難しいかもしれませんが、何かあってからでは遅いので、少し無理をしてでも安全な場所を確保するようにしましょう。赤ちゃんは自分では動けないので、ママが危険から守ってあげましょう。

 

ベッドにぬいぐるみやタオルなどを置くと、目を離したすきに赤ちゃんが窒息する恐れがあるので置かないようにし、敷き布団は赤ちゃんの顔が沈んだりしない、適度に硬さのあるものにしましょう。
新生児はまだ自分で動けないですが、足をばたつかせている間に落ちてしまう事があります。ベビーベットに寝かせる時は必ず柵をするのを忘れないようにしましょう。

室温・湿度は大事です

生まれたばかりの赤ちゃんは、気温に体温が左右されやすいので、ママが適温に保ってあげなくてはいけません。暑すぎたり、寒すぎたりすると赤ちゃんが熟睡できず頻繁に起きたり、機嫌が悪くなり常に泣いている状態になることもあります。かといってあまり神経質になり過ぎなくても大丈夫です。ママが適温と思う温度にする程度で大丈夫ですが、寒がりの時や冷え症などで適温がわかりにくい時は、温度計や湿度計を使用すると調節しやすいです。

 

寒い季節は暖かい服を着せ、室温が低い時は暖房をつけましょう。暖房の風が直接赤ちゃんに当たらないように気をつけます。エアコンを使用すると空気が乾燥するので、加湿器やぬれたタオルを干すなどして湿度を調節しましょう。石油ストーブや石油ファンヒーターなどの石油を使用した暖房器具の場合、湿度が上がるので加湿の必要がほとんどありません。

 

真冬に夜間、室温が低い時は暖房をつけるのが望ましいですが、石油ストーブなどをつけっぱなしにするのは、とても危険なのでやめましょう。エアコンなどの安全なものをつけて、室温が下がり過ぎないようにしましょう。
暑い季節は汗をかき過ぎるとあせもができたり、皮膚に埃がついたりして不潔になりやすいので、窓を開けても暑い時はエアコン等の冷房で調節しましょう。暑い時の服は肌着1枚で十分ですが、エアコンをつけている時は設定温度によって適切な枚数や服の形などを選びましょう。 エアコンの風が直接当たらないようにしましょう。部屋全体の温度を下げるために、扇風機やサーキュレーターで室内の空気を循環さましょう。エアコンや除湿器で除湿する時は、湿度を下げ過ぎないように注意が必要です。

なりより安全が第一

赤ちゃんはまだ何が危険かも知らず、運動機能が発達途中で体が自由に動かせないので、自分の身を守ることができません。ママが少しでも危ないと思った時は、その危険から赤ちゃんを遠ざけてあげる必要があります。「たぶん大丈夫だろう…」で見過ごしていると、後で大変なことになった時の後悔は測り知れません。そうならない為にもたぶん大丈夫程度の危険でも、万が一のことを考え安全対策をしましょう。

 

ペットを飼っている時はさらに注意が必要です。ペットが赤ちゃんを自分より劣位と思い、攻撃してしまうことがあります。また、アレルギーの原因になることもあるので、優しい性格のペットでも万が一のことを考え、赤ちゃんが大きくなるまで一緒にさせないようにしましょう。