乳腺炎について

乳腺炎について

母乳育児で多くのママを悩ませるのが乳腺炎ですね。ある日突然乳腺炎になってしまうことや、治ってもまたすぐに別の場所が乳腺炎になってしまうこともあります。乳腺炎を治療したり予防するために、まず治すにはまず原因と症状を知るりましょう。
おっぱいの仕組みを知った上で乳腺炎について学びましょう。

おっぱいの仕組み

乳腺とは

母乳は小葉で作られ乳管を通り乳管洞に溜まり、赤ちゃんの吸啜運動で乳管洞が押され、母乳が出るようになっています。乳管や乳腺葉は傷つきやすいので、強く揉んだり押さないようにしましょう。

 

乳腺炎とは乳腺葉が何らかの理由によって炎症を起こすことを言います。

乳腺炎の種類と症状、治療方法

乳腺炎の種類は急性うっ帯乳腺炎と化膿性乳腺炎の2種類あり、急性うっ帯性乳腺炎はおっぱいがたまってしまったことによる炎症で、化膿性乳腺炎は細菌がおっぱいに入ったことによる炎症です。痛みや熱などの症状は化膿性乳腺炎の方が強く出ます。

急性うっ帯性乳腺炎

症状
母乳がおっぱいに溜まり、しこりができ痛みを伴ったり熱が出たりすることもあります。乳頭に白や透明の水泡ができることもあります。
治療
たまった母乳を出してあげると痛みやしこりが解消します。赤ちゃんに頻繁に飲んでもらうのが一番ですが、たまった母乳や乳腺炎になった母乳はおいしくないので、嫌がって飲んでくれないことがあります。その場合は搾乳をしてたまった母乳を出してあげましょう。熱を持ったり痛みがあるときは、その部分を冷やすようにしましょう。

化膿性乳腺炎

症状
おっぱいにしこりができ、強い痛みや高熱が出ます。母乳に膿や血が混ざることもあります。乳頭に白や透明の水泡ができたり、患部の表面が赤くなるったりすこともあります。
治療
細菌に感染しているので病院を受診し薬を処方してもらいましょう。母乳はたまってしまわないように、授乳や搾乳で出すようにします。どちらも強い痛みを伴うこともありつらいですが、たまったままにしておくと治りが悪いので、できるだけ出し切るようにしましょう。搾乳をするときは患部を強く押したり、揉んだりしないようにしましょう。母乳の味が変わってしまうので、赤ちゃんは授乳を嫌がることもあります。患部に痛みや熱があるときは冷やして緩和させましょう。乳頭が傷ついていると、そこから細菌が入ることもあるので、患部は清潔に保つようにしましょう。

乳腺炎の予防法や母乳の詰まりと張りについて

出産から3〜4日におこるおっぱいの張り

 

出産後間もないおっぱいの張りは、母乳がたまっているのではなく、おっぱいに血液が集中しうっ血している状態なので、授乳や搾乳をしてもすぐには緩和されませが、たくさん授乳をすることでだんだんとおさまってきます。痛みや熱があるときは冷やし、入院中の場合はマッサージをしてもらうようにしましょう。
おっぱいがうっ血してしまうと乳頭や乳輪部分も硬くなり伸びが悪いため、赤ちゃんが吸おうとしても滑ってしまったり、うまく吸えないことがあるので、授乳前に乳頭を柔らかくするマッサージをしたり、少し搾乳してから飲ませましょう。初乳はとても大切なので、搾乳した母乳もスプーンで飲ませるようにしましょう。

 

乳腺炎の予防

 

毎日お風呂の時に詰まりがないか、乳腺をあまり刺激しないように乳房を優しく触り、しこりがないかチェックしましょう。おっぱいを赤ちゃんが吸った時に痛みが走るときは、詰まっている可能性があります。
食事については脂っこい食べ物や糖分が多い食べ物は控え、水分はとるようにしましょう
。ブラジャーや母乳パッドは清潔なものを使い、赤ちゃんが満足したらおっぱいから離すようにしましょう。
授乳は様々な角度から飲ませるようにして、夜間赤ちゃんが長時間寝てしまい、おっぱいが張るときは起こして飲ませるか搾乳をしましょう。
母乳がたまって張りを感じるときは、圧が抜ける程度の搾乳をしましょう。搾乳をするときは乳腺を刺激しないようにしましょう。しこりができた時も、その部分を押したり揉んだりすると、さらに母乳が作られてたまってしまうので気をつけましょう。

 

おっぱいの冷やし方

 

熱を持ったおっぱいは市販の冷却シートを患部に張って冷やしたり、きれいなキャベツの芯や葉で患部に湿布をしたり、里芋粉を水で練りガーゼではさんでから患部に貼り冷やしましょう。冷やし過ぎはおっぱいに良くないので、氷などで冷やさないようにしましょう。

 

おっぱいが詰まった時の対処法

 

おっぱいが詰まった時にできる、乳頭の白い斑点(白斑)は、脂肪の塊が原因の場合と、白く見えるその乳管自体が炎症を起こして白斑ができることもあります。
脂肪の塊が詰まっているときは、授乳姿勢をいろいろと変えてみましょう。赤ちゃんに飲んでもらいとれるのが一番ですが、しぶとい物はなかなかとれません。赤ちゃんが吸っても取れないときは乳管開通のマッサージをしてみましょう。お風呂やシャワーでおっぱいが暖まった時に、乳頭〜乳輪部分だけを残った歯磨き粉を搾り出すように押すと、詰まりが取れることもあります。この作業はかなりの痛みを伴いますが、何度も強く押すと乳腺が傷ついてしまうので気をつけましょう。自分でうまく取れないときは母乳外来や母乳マッサージをしている産婦人科を受診しましょう。

 

強く押しても塊が出ず白斑が消えないときは、乳管や小葉に炎症があることや傷ついていることがあります。搾乳をするときは絶対に乳腺葉部分を強く押したり揉んだりしないようにしたり、しこりができた部分をマッサージするのも止めましょう。病院で一度診てもらいましょう。