赤ちゃんの沐浴の手順と方法、注意点【看護師が解説】

新生児 沐浴

入浴とは、一般的に湯船につかることをいいます。

沐浴は、もともとは宗教的な意味があり、身体を洗って、身を清める行為とされています。

赤ちゃんの沐浴も、その意味から来ていると思われます。

赤ちゃん専用のものを使って身体を洗い、きれいにするのです。

また、赤ちゃんは一般の浴槽につかることができません。

他の人と入る浴槽には、細菌が多くいるため、抵抗力の弱い赤ちゃんには適さないとされています。

生後1ヶ月を過ぎれば、一番風呂で家族と一緒に入れることができるようになります。

沐浴の目的

沐浴の目的には、身体をきれいにする他に下記のような目的があります。

  • 身体を清潔にして、肌のトラブルを防ぐ
  • 血行を促し、新陳代謝が良くする
  • 身体を温める
  • 全身を観察する
  • おなかの中のようにリラックスを促す
  • スキンシップ

沐浴する前に

沐浴に必要な物をまとめてみましたので、そろっているか確認してくださいね。

必要物品

赤ちゃんの沐浴手順1
  • ベビーバス
  • 洗面器または桶(かけ湯と顔用のガーゼに使います)
  • ベビー石鹸(液体や泡のものでも良い)
  • バスタオル
  • 沐浴布(入浴時に身体にかけるもの)
  • ガーゼ(顔に使うもの)
  • 温度計
  • へその消毒用物品(綿棒やアルコールなど)
  • 新しい着替えとおむつ

沐浴する前の準備

沐浴の前の必要は準備についてまとめました。

新しい洋服とおむつの準備

赤ちゃんの肌着、ベビー服を重ねて、袖に通した状態にします。

それをすぐ着られる様に広げて、おむつも広げて準備しておきましょう。

バスタオルの準備

赤ちゃんの沐浴2

洋服の隣には、バスタオルを広げておきます。

広い場所があると新しい洋服とバスタオルを隣に準備しておきます。

場所が取れない場合、バスタオルを新しい洋服の上に置きます。

新しい洋服とバスタオルの位置は、沐浴する場所(ベビーバスの場所)からできるだけ近いのが理想です。

なぜかというと、赤ちゃんの身体がぬれたままだと、しずくがポタポタと落ちて足元が危ないからです。

一人で沐浴する場合は、できるだけお湯から上げたら、赤ちゃんをすぐにバスタオルにくるんで、お世話をしやすい場所に移動しましょう。

二人以上でする場合は、もう一人がバスタオルを持って赤ちゃんを受け取るとスムーズです。

部屋の準備

季節にもよりますが、冷えないようにしましょう。

夏はクーラは切ってから、冬は暖房をつけて、赤ちゃんが寒くないように注意しましょう。

沐浴物品の準備

石鹸やかけ湯用のお湯は使いやすい場所に準備しましょう。

お湯の温度は、38~40℃です。

かけ湯用のお湯を洗面器に用意しておきます。

赤ちゃんの沐浴3

沐浴の手順

沐浴の順番をまとめましたので、参考にしてくださいね。

手洗いをする

沐浴する人の手が汚れてると、本末転倒です。
きれいに洗いましょう。

赤ちゃんの洋服を脱がせる

排泄している場合は、きれいにお尻を拭く。そのままだとお湯が汚れてしまいます。
排泄の処理した場合、手を洗いましょう。

ガーゼを胸にかける

赤ちゃんは、胸に何が触れていると安心するものです。
ガーゼなど軽くてうすいものを使いましょう。

赤ちゃんを支える

片手の親指と他の4本の指を赤ちゃんの耳の下に当てて、首と頭をしっかりと支えます。

もう片方の手は、赤ちゃんの足の付け根とお尻の辺りをしっかりと支えます。

ベビーバスに連れて行く

赤ちゃんの沐浴4

支えたまま、赤ちゃんをベビーバスのところまで連れていきます。

段差などに気をつけて移動しましょう。

お湯につける

赤ちゃんの沐浴5

赤ちゃんをお湯につけます。

足から首までつかるようにゆっくりとお湯に入れましょう。

顔を拭く

赤ちゃんの沐浴6

顔用のガーゼをお湯で濡らして、目頭から目尻に向かって優しく拭きます。

顔全体がきれいになるように拭きます。

髪の生え際、鼻や口元もきれいに拭きましょう。

拭き方にはこだわらなくても大丈夫です。

自分が行うように拭いてあげて下さい。

頭を洗う

顔に水がかからないように頭を濡らします。

ガーゼを使うと水が飛び散りにくいです。

シャンプーや石鹸を泡立てて頭を洗います。

洗えたら、泡を落とします。

このときもガーゼを使うと水が飛び散らず、やりやすいかもしれません。

泡が残っていないかどうか、頭全体を素手でなでで確認しましょう。

赤ちゃんの沐浴7 赤ちゃんの沐浴8 赤ちゃんの沐浴9

首、胸、脇、おなか、手、足をを洗う

赤ちゃんの沐浴10

上半身の前部分をスムーズに洗いましょう。

手は、口や目に持っていくことがあり、泡がつてしまうので、洗ったらすぐにゆすぎましょう。

おへそはこすらないようにしましょう。

首や脇、足の付け根など、皮膚が密着している場所は、汚れがたまりやすいです。

洗い残しやゆすぎ残しがないように気をつけましょう。

赤ちゃんの沐浴11 赤ちゃんの沐浴12

背中を洗う

左手で頭を持っている状態だと、右手を赤ちゃんの脇の下に入れて、右手首に赤ちゃんの顎が乗る形にして、背中が見えるようにします。

赤ちゃんの顔が水につかないように注意しましょう。

首の後ろから背中、お尻にかけて洗います。

このときに、肛門を洗わないようにしましょう。

肛門は最後です。

陰部と肛門を洗う

赤ちゃんの沐浴13

赤ちゃんをもとの状態に戻します。

左手で、赤ちゃんの首と頭を支えて、仰向けにします。

お湯につかったままでいいので、泡で陰部を洗います。

男の子は、陰茎と陰嚢も丁寧に洗います。

女の子は、外陰部を洗います。

膣の中は洗う必要はありません。

最後に肛門を洗います。

首から下をお湯につけて温める

あまり長いとのぼせてしまいますので、10−20秒ほどで充分です。

かけ湯をする

一人で沐浴していると、下半身はお湯につかったままかけ湯をする形になりますが、それで大丈夫です。
二人でする場合は、お湯から赤ちゃんを完全に上げてから、かけ湯をしてください。

水分を拭き取る

赤ちゃんの沐浴18

バスタオルを包み、水気を拭き取ります。
頭は、優しくこすりながら拭いてもいいですが、身体は軽く押さえるように拭きましょう。
首や脇、足の付け根は、水分が残りやすいので、しっかり拭くようにしてくださいね。

おむつをつけ、洋服を着せる

セットしておいた洋服の上に寝かせます。

おしっこを飛ばされないように、おむつを陰部にかぶせて仮止めしておきます。

きちんとおむつをしようとすると、初めは時間がかかりがちで、身体が冷えてきます。

おむつはとりあえず陰部を覆うだけにして、できるだけ早く洋服を着せましょう。

手は、迎え袖と言って、親の手を反対側から袖に通して、赤ちゃんの手を包むようにして袖を通してあげます。

赤ちゃんの指が洋服に引っかからないようにするためです。

洋服を着せたら、きちんとおむつをしましょう。

おへその消毒

おへその消毒が必要な場合は、赤ちゃんが寒くないように袖を通してからやると冷えずにすみます。

沐浴の注意点

沐浴をするに当たって注意することがいくつかあります。

1日に1回は沐浴する

基本的に1日に1回は、沐浴してあげましょう。

暑い季節で汗をかいている場合、シャワーで汗を流してもいいですね。

沐浴の時間帯をある程度決めておく

沐浴の時間が毎日バラバラだと、赤ちゃんの生活リズムを整えにくくなります。

特別な日でない限り、午前中、夕方頃など、大まかな時間帯を決めておきましょう。

土曜や日曜など、パパが沐浴する場合、多少時間がずれても良いでしょう。

短時間で終わる

基本的に沐浴は5分以内でするとされています。

赤ちゃんには、沐浴も負担になることがあります。

長くても10分以内にお湯から出られるようにしましょう。

空腹・満腹のときは沐浴しない

空腹すぎるとき、授乳したばかりのときには、沐浴をしないようにしましょう。

おなかが減って機嫌が悪かったり、おなかが一杯で苦しかったりするので、落ち着くまで様子を見ましょう。

少なくとも授乳後30分は、沐浴しないほうがいいですね。

赤ちゃんが冷えないように

夏でもクーラーがついていると、裸の赤ちゃんは寒い思いをします。

クーラーや扇風機は一旦消してから沐浴しましょう。

冬には、暖房をかけて寒くないように配慮しましょう。

お湯から上がったら、できるだけすぐにタオルにくるんで手早く水分を拭き取り、冷えないようにするのがポイントです。

体調が悪いときには無理して沐浴しない

赤ちゃんがぐったりしている、発熱しているなど、体調が悪いときには、無理をして沐浴しなくても大丈夫です。

下痢などや発汗が激しいなどのときには、お尻だけ洗ってあげたり、身体を拭いて着替えさせてたりするだけでも大丈夫です。

すべって落とさないように

泡を使うので、手が滑りやすく、赤ちゃんの支え不安定になる可能性があります。

しっかりと支えて、落とさないようにしましょう。

話しかけながらする

赤ちゃんとコミュニケーションをとるいい機会です。

沐浴に慣れてきたら、話しかけながら行いましょう。

泣いても手は動かす

沐浴の途中で、赤ちゃんが泣き始めても手を止めないで下さい。

どうしようもない場合は、陰部と肛門だけ洗い、後は省略しても大丈夫です。

とりあえず終わらせて、落ち着いてからヨシヨシとしてあげると良いでしょう。

パパとママの安楽も考えて

沐浴は、ベビーバスを置く場所によって、パパとママの体勢がつらい場合があります。

お湯の運搬や後片付けも、できるだけ身体に負担がないように工夫できるといいですね。

腰を痛めてしまわないように注意しましょう。

まとめ

沐浴の目的や必要なもの、準備や手順などについて、初めての沐浴をするパパとママにわかりやすく説明しましたが、いかがでしたか?

初めは、慣れないので大変かもしれません。

でも、安心して下さい。

毎日、繰り返していると、自分なりのコツをつかんでやりやすいように工夫できるようになります。

人手がいるときには、みんなで協力してやりましょう。

二人いれば、洗う担当とと赤ちゃんを支える担当というふうに、分担すれば良いのです。

赤ちゃんが安全に、心地よく沐浴できるといいですね。