赤ちゃんを守るための事故予防対策

赤ちゃんを守るための事故予防対策

赤ちゃんはいつでも興味深々で、何でも触ろうとしたり気になる方へ頑張っていこうとします。赤ちゃんはまだ危ない物や痛い事などの知識が全くないので、思わぬところに手が届くようになったり行くようになり、ケガや命にかかわる事故を起こすことがあります。そうならないために、保護者が事故やケガの予防をしっかりしておくことが大切です。事故や怪我をしてから後悔しても遅いので、「たぶん大丈夫」ではなく、「これは絶対大丈夫!」という状態にしておきましょう。

 

下記の項目は特に事故が起こりやすい場所と対策方法です。すべてチェックしてみましょう。

 

お風呂

 

お風呂での赤ちゃんや子供の事故は大変多いので特に気を付けたい場所です。、赤ちゃんは数センチの深さでも溺れてしまうことがあるので、浴槽に湯や水をためているときは、赤ちゃんがお風呂場に一人で入らないようにするか、必要時以外は空にしておきましょう。浴槽に蓋がしてあっても落ちる危険性があるので、安心はしないようにしてください。また、桶なども空にしておきましょう。赤ちゃんが最初にお風呂に入る際は、必ず湯船の温度の確かめてから入れるようにしましょう。

 

洗濯機

 

縦型洗濯機の場合は、洗濯機の周りに赤ちゃんがよじ登れるような物があると、それらに登り洗濯機の中に落ちる危険性があります。洗濯機の周りには何も置かないようにしたり、洗濯槽に水をためておかないようにしましょう。ドラム式洗濯機の場合は、赤ちゃんが中に入りやすい構造なので、必ずチャイルドロックをかけるようにするか、近づかないような工夫をしましょう。

 

トイレ

 

一番危険なのは汲み取り式のトイレですが、洋式トイレも和式トイレも中に落ちてしま危険性は十分にあります。特にトイレの中に多くの水がたまるタイプのものは溺れる危険があるので、十分気を付けてください。子供が開けられない位置に鍵を付けたり、トイレの中に登れる台やものを置かないなどの工夫をしましょう。

 

キッチン

 

キッチンには包丁、フォークやナイフなどの尖った食器類、ポットなどの電化製品、ガスなど危険なものがたくさんあります。特に調理中は調理音で赤ちゃんに気づかないこともあり、赤ちゃんが自由に行き来できる状態は大変危険です。キッチンはゲートで入れないようにするのが望ましいですが、不可能な場合は危険なものが赤ちゃんの手の届かないところに置くようにし、調理中はゲートに入れたりおんぶするなどの工夫をしましょう。調理中のおんぶは赤ちゃんの足やお尻に暑い鍋や火が近づかないように常に注意を払うようにしましょう。

 

テーブルや机

 

机やテーブルにセンタークロスやテーブルクロスをかけていると、赤ちゃんが引っ張って乗っているものが落下する危険性があるので、かけないようにするか天板のサイズにぴったりでずれにくいビニールタイプのものにしましょう。テーブルや机の角がとがっている場合は、赤ちゃんの目などを傷つける可能性があるので、市販のガードをつけるようにしましょう。

 

コンセント

 

赤ちゃんがコンセントの穴に指やおもちゃ、金属類を入れて感電してしまったり、プラグで遊んでいてコンセントにささりかけの金属部分を触って感電する事故がよくあります。感電すると大変危険です。できるだけ赤ちゃんがコンセントやプラグに触れられない環境を作ってあげることが一番ですが、それが難し場合は、プラグがささっていないコンセントは塞ぎ、プラグがささっているところは市販のカバーを付けて抜けないようにしましょう。また、通電しているコードを噛んだり、はさみ等で切ったりすることも大変危険なので気をつけてください。

 

ドア

 

開き戸でも引き戸でも指を挟む箇所がいくつかあるので、開閉の際は気を付けなければいけません。特に気を付けて欲しいのは、開き戸の開閉です。場合によっては指を切断する大けがをすることもあるので、ドアの開閉は注意しましょう。家のドアは市販のカバーを付けると安心ですね。また、ドアで赤ちゃんや子供が遊ばないようにしましょう。

 

化粧道具や医薬品

 

赤ちゃんはなんでも口に入れてしまうので、使った化粧道具や医薬品は必ず手の届かないところにしまっておきましょう。また、文房具や工具類も赤ちゃんが扱うと危険なので、必ず手の届かないところにしまっておきましょう。1歳前後は何でも口に入れてしまうので、誤飲の危険性があるものは赤ちゃんの手の届かないところに置くようにして、いつも家族で気を付けて生活しましょう。

 

ベランダや窓

 

ベランダや窓の近くに椅子や台、箱、自転車など赤ちゃんが登ってしまう可能性があるものはすべて片付けましょう。軽いものは離れた場所に置いていても、自分で移動させることがあるので、確実に赤ちゃんがベランダや窓から飛び出ないようにしておきましょう。出来ればベランダには出られないようにカギをかけておきましょう。

 

階段

 

赤ちゃんは動けるようになるとあっという間に階段に登れるようになります。転落すると大変危険なので、まだ大丈夫と思わず早めにゲートを付けておきましょう。

 

家電製品

 

ポット、アイロン、暖房器具、扇風機、シュレッダー、掃除機など赤ちゃんがケガをする危険性がある家電製品は必ず手の届かないところに置くようにしましょう。冷蔵庫は氷でケガをする危険性があります。扉を開けられないようにロックをつけましょう。

 

画鋲、釘、ねじ

 

細かいとがったものは誤飲する可能性が高いです。家具や家電製品、掲示物などから落ちないように緩んでいないかチェックしておきましょう。

 

細かいおもちゃ、小銭、電池

 

赤ちゃんは細かい物をすぐに口に入れてしまいます。床や家具の裏や下に落ちていないかチェックしましょう。

 

この他に、普段で少しでも危険と思ったところは、必ず安全にしておくようにしましょう。赤ちゃんはまだ自分で自分を守ることができないので、パパやママが守ってあげましょう。よそのお宅にお邪魔した時は赤ちゃんがケガをしないように、自宅にいる時以上にケガや事故が起こらないように注意しましょう。