赤ちゃんの記念日や行事

赤ちゃんの記念日や行事について

昔から赤ちゃんが生まれてからは様々な行事があり、地域によって内容が大きく異なることもあります。最近は核家族化などで行事をしない家族も多いですが、せっかくの記念日なので写真だけでも取っておくといい思い出になります。

 

お七夜 生後7日目

 

赤ちゃんが生まれて最初の行事です。お七夜とは赤ちゃんが社会の一員として認められる儀式です。
赤ちゃんの名前を命名書に筆で書き、神棚や床の間に飾ります。昔はご近所さんも参加することがありましたが、現在は身内だけで行われることが多く、ママと赤ちゃんの体調を考えて日にちをずらすこともあります。

 

お宮参り 男の子生後31日目 女の子生後32日目

 

お宮参りとは赤ちゃんが生まれたことを、その土地の産土神さまに報告し、赤ちゃんの健康を願う儀式です。男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行います。
一般的にはパパのお母さんが赤ちゃんを抱っこして、神社へ行きお賽銭だけやお祓いをして祝詞をあげてもらいます。お礼や料金は決まっていることがあるので、神社に問い合わせみましょう。相場は五千円くらいです。
昔はお宮参りの後に親戚やご近所に挨拶に行くこともありましたが、最近では家族だけで行われることが多いです。家の近くの神社ではなく有名な神社に行く人もいます。服装も赤ちゃんは晴れ着でなくドレスを試用することや、ママやおばあちゃんも着物ではなく洋服で参拝する人もいます。

 

内祝い 生後1ヶ月から2ヶ月くらいの間

 

以前、内祝いは親族や親しい人などに赤ちゃんが生まれたことを知らせ、喜びをおすそ分けする物でしたが、現在はお祝いをいただいた方へのお返しをすることの方が一般的になっています。お祝いをいただいた時は忘れないように、名前と金額メモをメモしておきましょう。
のしには子供の名前を書き、お祝いの半額くらいの物をお返しすることが多いです。

 

お食い初め 生後100日目

 

赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う儀式です。お祝い膳や小石を用意して一番長寿の人が赤ちゃんに食べるまねをさせます。
お祝い膳は鯛の尾頭付き、赤飯、お吸い物、煮物、お漬け物などです。石は歯が丈夫になるように準備します。
お食い初めも親の食事を少し分けて準備したり、家族だけで行ったりなど簡単に済ませる家庭も増えています。

 

初節句

 

男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の上巳の節句。
生まれてから初めて節句を迎える事を初節句と言います。節句は子供の健やかな成長を願い、ひな人形や五月人形などを飾ってお祝いをします。人形には厄除けの意味も込められています。 生まれてすぐの場合は来年に行います。
家族だけでお祝いしたりすることが多くなっていますが、お食い初めなどに比べると現在も行われることが多いです。子どもを思う親の気持ちはいつの時代も変わりません。