うどんばかり食べるときの対処方法

赤ちゃんがうどんだけたくさん食べる時は…

うどんはつるつるとしていて飲み込みやすいので、とくに赤ちゃんが好んでよく食べる食材です。うどんをたくさん食べても心配はいりませんが、うどんだけの場合は栄養が偏ってしまうで、その他の食材も少しとろみを付けてあげたり、食べやすくなるように柔らかく煮込んだりして与えてみましょう。それでもほかの食材を食べてくれない場合は、細かく刻んでうどんに混ぜてあげてみましょう。うどんを好んで食べる場合でも、毎食うどんばかりにするのではなく少しずつほかの食材も準備して食べる機会を与えてあげてください。

 

他の食材は嫌がっても怒ったり無理口に入れないようにしましょう。食べないからと怒られると食事自体が嫌なものに感じてしまい、あまり食べなくなることや偏食になってしまうことも。食事は楽しい雰囲気づくりをして、うどん以外の食材が食べられたら大げさに褒めてやる気を出させましょう。離乳食は根気よく気長に与えるようにしましょう。