エプロンを嫌がるときの対処方法

離乳食を与えるときにエプロンを嫌がる時は…

離乳食のときにエプロンを嫌がるのは赤ちゃんによって理由が違い、エプロンの素材を嫌がる、袖があるのを嫌がる、離乳食自体が嫌い、エプロンをすると暑いなど様々なあります。赤ちゃんがどうして嫌がっているのかがわかると、改善しやすいですね。

 

素材は硬いプラスティック製のものを嫌がる子はよくいます。素材を嫌がっているようであれば、シリコン製のものや布製の物に変えて見ましょう。

 

理由がわからないときはエプロンを好きなキャラクターのものに変えてみたり、ママがエプロンで遊んで見せたりして、エプロンは楽しい物と思えるように工夫してみましょう。エプロンができたらたくさん褒めてあげましょう。

 

離乳食の時に無理やり食べさせたり、怒ってばかりいると、エプロンを付けると嫌な時間が始まると思い嫌がることもあるので、離乳食の時間が楽しくなるようにしましょう。離乳食は焦らず楽しくが大切です。