赤ちゃんの顔や髪の毛を触りたがるときの対処方法

赤ちゃんがママの髪の毛を引っ張る、顔を触りたがる時は…

赤ちゃんはなんにでも興味津々で、ママの顔もだーい好きで触りたくて仕方がないのです。特にサラサラ動く髪の毛やキョロキョロ動く目は赤ちゃんにとって格好のおもちゃになのです。生後8ヶ月頃の赤ちゃんはまだ何をしたら痛いのかや、相手が嫌なことはあまり理解できないのでママが何度もやめさせても嫌がってもなかなかやめてくれませんね。まだわからないからそのままでもいいのかもしれませんが、危険なことや相手が嫌がることは小さいうちから教えていくことも大切です。

 

8ヶ月頃はママが怒っていると言う事も段々とわかり始めているので、目を触ろうとしたときや髪の毛を思い切り引っ張る、おもちゃで叩くなど危険なことをした時は、赤ちゃんの目を見て低い声で短く叱るようにしましょう。何度も繰り返すときは他のことに興味を向かせるようにしましょう。ママが「キャー」など高い声で反応すると、赤ちゃんは遊んでいると勘違いしてしまい、楽しくなって何度も触ろうとすることがあるので叱り方に気を付けてください。

 

危険なことや相手が嫌がることが分かるようになるまで、何度も繰り返しますがこれは仕方のないことなので、何度も気長に教えていくしかありません。赤ちゃんは何もわからず生まれてくるので、わからないことできないことがあるのは当たり前の事です。生命に危険があること以外は、感情で怒鳴らず何度も話して教えていくことが大切です。できないことを怒鳴るよりできることをほめてあげる方が赤ちゃんはどんどんやる気が出て様々な事ができるようになるので、いつでも赤ちゃんのために色々と教えてあげてください。

 

赤ちゃんの爪が伸びているとけがをしてしまうことがあるので、爪はこまめに切るようにしましょう。