赤ちゃんが頭をぶつけるときの対処方法

赤ちゃんが頭をたくさんぶつけるのが心配な時は…

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを始めた頃は、まだバランスがうまくとれず転ぶことや、手足が思い通りにコントロールできず転んでしまうこともよくある時期ですが、思いもよらぬ転倒事故や転落事故が起こりやすくなる時期でもあります。赤ちゃんが軽く頭をぶつけた程度でその後元気なら心配はいりませんが、赤ちゃんは頭はとても弱く出血や骨折が起こりやすいので、頭を強く打った時や頭を打った後にぐったりしたり吐き戻したりなど異常が見られたときはすぐに病院で診てもらうようにしましょう。頭を直後には症状がなくても3日間しっかり様子を見ましょう。

 

この立ち上がって動き始める時期くらいから赤ちゃんは本当によく転ぶようになります。日ごろから赤ちゃんが転んでも大丈夫なように安全対策をする必要があります。とくにコンクリートやタイルなどは硬く頭を強打するととても危険なので、その様な場所が家の中にあるときは入れないようにしたり柔らかいマットを敷くようにしましょう。

 

床におもちゃや雑誌などものが散乱してたり、床が滑りやすい素材だと転倒しやすいのでいつも整理整頓をして安全対策をするようにしましょう。赤ちゃんが起きて遊んでいるときは滑らないように靴下を脱がせて裸足にさせたり、滑り止めの付いた物を履かせるなどして工夫しましょう。とがった角のある家具はとても危険なので、市販のクッション材などを貼るなどの対策をしてください。一度家の中を赤ちゃん目線で歩き回ると危険な箇所が発見できるのでやってみましょう!赤ちゃんから目を話すときはサークルに入れて遊ばせたり、危険なものがない部屋で遊ばせるようにしましょう。ベビーラックやベビーチェアーなどで高い位置に座らせたまま赤ちゃんから目を話すと大変危険なので、短時間でも目を話すときは必ず安全な場所に移動させるようにしましょう。

 

赤ちゃんは遊びで頭をぶつけることもあるのですが、ほとんどの場合痛くない程度で音を楽しんだり感覚を楽しんだりしているので心配はいりませんが、ずっと頭をぶつけてばかりいたり、けがをするくらい頭をぶつけてしまうときは小児科で診てもらうようにしましょう。

赤ちゃんが頭をたくさんぶつけるのが心配な時は…

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを始めた頃は、まだバランスがうまくとれず転ぶことや、手足が思い通りにコントロールできず転んでしまうこともよくある時期ですが、思いもよらぬ転倒事故や転落事故が起こりやすくなる時期でもあります。赤ちゃんが軽く頭をぶつけた程度でその後元気なら心配はいりませんが、赤ちゃんは頭はとても弱く出血や骨折が起こりやすいので、頭を強く打った時や頭を打った後にぐったりしたり吐き戻したりなど異常が見られたときはすぐに病院で診てもらうようにしましょう。頭を直後には症状がなくても3日間しっかり様子を見ましょう。

 

この立ち上がって動き始める時期くらいから赤ちゃんは本当によく転ぶようになります。日ごろから赤ちゃんが転んでも大丈夫なように安全対策をする必要があります。とくにコンクリートやタイルなどは硬く頭を強打するととても危険なので、その様な場所が家の中にあるときは入れないようにしたり柔らかいマットを敷くようにしましょう。

 

床におもちゃや雑誌などものが散乱してたり、床が滑りやすい素材だと転倒しやすいのでいつも整理整頓をして安全対策をするようにしましょう。赤ちゃんが起きて遊んでいるときは滑らないように靴下を脱がせて裸足にさせたり、滑り止めの付いた物を履かせるなどして工夫しましょう。とがった角のある家具はとても危険なので、市販のクッション材などを貼るなどの対策をしてください。一度家の中を赤ちゃん目線で歩き回ると危険な箇所が発見できるのでやってみましょう!赤ちゃんから目を話すときはサークルに入れて遊ばせたり、危険なものがない部屋で遊ばせるようにしましょう。ベビーラックやベビーチェアーなどで高い位置に座らせたまま赤ちゃんから目を話すと大変危険なので、短時間でも目を話すときは必ず安全な場所に移動させるようにしましょう。

 

赤ちゃんは遊びで頭をぶつけることもあるのですが、ほとんどの場合痛くない程度で音を楽しんだり感覚を楽しんだりしているので心配はいりませんが、ずっと頭をぶつけてばかりいたり、けがをするくらい頭をぶつけてしまうときは小児科で診てもらうようにしましょう。