赤ちゃんが便秘で尻が切れて出血する、便秘で便がでない

離乳食を始めると赤ちゃんが便秘になることがあります。便が何日も腸に溜まると水分が体内に吸収されてしまい、便が硬くなり排便の際に肛門が切れてしまうことがあります。肛門が切れた時は、便の周りに鮮血が付きますが、すぐに止まります。

病気で内臓から出血しているときは、黒ずんだ便になったり、便の中にも血が混ざったりすることが多いです。離乳食が消化しきれずニンジンなどの赤い食材が、そのまま出てくることがあるので、食べた物を思い出してみましょう。 心配な時は便を持って病院で一度見てもらうようにしましょう。

赤ちゃんが便秘しているときは、水分を多くとらせる、オレンジやミカン果汁を飲ませる、お腹をのの字にマッサージする、などいろいろ試してみましょう。それでも出ないときは肛門を刺激したり、きれいな大人用綿棒にワセリンやベビーオイル、精製されたオリーブオイル等を付け浣腸をしてあげましょう。汗をかいた時は水分をたくさん与えるようにしましょう。

お腹が張ったり、機嫌が悪く食べる量が減る、嘔吐するなどの症状があり、いつもと違うと思った時は病院を受診しましょう。状態によって異なりますが、便が出なくなってから3~5日後を目安に受診しましょう。症状があるときは早めに受診しましょう。

便秘のホームケアはこちら

生後6~7ヶ月頃の悩みトップページ

スポンサードリンク

▼関連記事▼

母乳についての悩み

母乳育児には様々なトラブルがあり悩みが絶えない人も多く、ストレスで母乳が出なくなってしまうこともあります。悩みを改善、解消し母乳育児に役立てましょう。

赤ちゃんの定期健診について

赤ちゃんの定期健診は赤ちゃんが順調に成長しているか、発達に問題は無いかなどをチェックする大事なものです。

全月齢共通の悩み

赤ちゃんは言葉を話すことができないので、ママは赤ちゃんの気持ちがわからずいつも悩みが絶えません。ここでは月齢別の様々な悩みに対して解決策や改善策をアドバイスしています。

赤ちゃんを寝かしつけるコツ

赤ちゃんを寝かしつけるのはとても大変なことです。ここでは様々な寝かしつけのコツについて紹介しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP