股関節脱臼の疑いが心配

健診で股関節脱臼の疑いと診断された時は…

3~4ヶ月健診では股関節の開き具合を診察し、股関節の開き具合が悪い、左右のしわの数が違う、膝の長さが違うなど症状があると股関節脱臼と診断されることがあります。股関節脱臼とは股関節がずれたり外れていることを言います。ほとんどの場合は後天性ですが中には先天性の股関節臼蓋形成不全であることもあります。診断を受けたら早目に病院へ行き調べてもらうようにしましょう。経過観察になった場合は症状が進行しないように普段の生活を気を付けましょう。

 

股関節脱臼は赤ちゃんの足が不自然な状態でになった時に外れてしまうことが多く、足をまっすぐに伸ばした状態や足を閉じた状態で抱っこをしたり抱っこ紐やおんぶ紐を使用したり、いつも同じ方ばかり向いて寝ていると股関節脱臼が起こることがあります。予防や治療に大切なのは赤ちゃんの足を自然な状態に保つことです。赤ちゃんの足は大人と違い、M字の状態が自然な状態です。抱っこやおんぶの時もこの状態を保つように気を付けましょう。向き癖があるときはいつも同じ方ばかり向かないように矯正してあげましょう。おむつを当てるときは足を引っ張らずお尻を持って替えるようにし、よく足が開くように付けるようにしましょう。うつ伏せも足が開きやすいのでやってみましょう。うつ伏せをさせるときは必ずそばで見守りましょう。

 

股関節脱臼は症状や治療時期、方法によって異なりますが、良くなることの多い病気なので、異変に気づいたら早めに病院で診てもらうようにしましょう。赤ちゃんは股関節脱臼を起こしやすいので、日ごろから抱き方を気を付けましょう。
赤ちゃんの抱き方についてはこちら