赤ちゃんの頭にかさぶたができるときの対処方法

赤ちゃんの頭に黄色いかさぶたがある時は…

産後から2~3ヶ月頃の赤ちゃんは、皮脂の分泌が活発で頭や顔に発疹ができやすく、その影響でフケがでたり黄色いうろこのようなかさぶたができることがあります。これを乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)と言います。4ヶ月~1歳頃には治ることがほとんどなので心配はいりませんが、分泌された皮脂などに雑菌が繁殖しないように清潔に保つことが大切です。

 

皮脂がたまらないように毎日お風呂や沐浴で分泌された皮脂や皮膚、かさぶた等を洗い流してあげましょう。ごしごし擦るのではなく、ガーゼなどで撫でるように洗い流します。かさぶたはとれにくいので無理やりはがさず少しふやかしてから取るようにしましょう。それでもはがれないときは、ワセリンやオリーブオイルなどをつけて柔らかくしましょう。日中も皮脂が気になるときは、軽く絞ったガーゼで拭いてあげるなど、清潔に保つようにしましょう。

 

赤ちゃんが湿疹をかいてしまわないように爪は短く切ったり、ミトンをはめたりして対策をしましょう。
ジュクジュクと膿んできたときや、日に日に悪化してくるは、細菌に感染している可能性があるので病院で診てもらいましょう。湿疹を痒がる場合はアトピーなどの可能性があるので、その場合も病院で診てもらうようにしましょう。