赤ちゃんの夜泣きの対処方法

赤ちゃんの夜泣きが激しい、多い時は…

夜泣きは成長の証しですが、あまりにも激しく泣いたり何度も泣かれると本当に参ってしまいますね。夜泣きは特に昼間にたくさん刺激を受けたり、興奮すると激しく泣くと言われています。昼間にたくさん遊ばせたとき、初めての場所へ散歩に出かけたとき、お友達がたくさんいるところに出かけたときは疲れてぐっすり寝てくれるのかなと思ったら、逆に夜泣きが激しくなったという経験をしているママは多いと思います。

 

夜泣きは赤ちゃんの脳が発達に伴いおこる事なので、夜泣きをすぐに止めさせる方法はありませんが、夜泣きが激しい時は昼間にあまり刺激を与えすぎないようにしたり、たくさん抱っこをしたりスキンシップをたくさんとるなどしてして、不安を取り除くようにすると落ち着くこともありますが、その子によって効果は違うので、あまり期待せずに様々な方法を試してみましょう。夜泣き対策として、日中の外出は赤ちゃんの生活リズムに合わせる、昼寝はしっかりさせる、昼寝の時間を変える、朝起きる時間を変える、散歩や運動は慣れた場所に行く、散歩の時間を変える、お風呂の時間を変える、夜間授乳をやめる、入眠儀式を取り入れるなど少しずつ試してみましょう。

 

夜泣きをしたときは一旦お茶を飲ませたり、電気を点けたりして完全に起こしてあげると泣きやむことがあります。ママがイライラしたり無理やり寝かしつけようと、逆に赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、全然泣きやまないことがあります。

 

夜泣きの特効薬はないので、ママも気を楽に持って対応するようにしましょう。抱っこしたまま寝てくれるのであれば、抱っこしたまま一緒にそっと布団に入り、赤ちゃんの姿勢が抱っこに近い状態にしたり、腕枕をしたまま眠ると安心して寝てくれることがあります。

 

夜泣きはいずれ終わりがきます、今は大変ですが赤ちゃんが眠ったらママも眠るようにして乗り越えましょう。 夜泣きをしている赤ちゃんは、不安な気持ちや恐怖感でいっぱいなので、優しく抱っこをして、安心させてあげましょう。大人でもふかふかの布団や電車の揺れで心地よくなって眠ってしまうように、赤ちゃんもママの抱っこはとても心地がよいのです。