基礎体温について

基礎体温とは

基礎体温とは安静にしている時の体温のことで、女性は黄体ホルモンの分泌によって基礎体温が変化します。この変化は月経周期に合わせて上下するので、基礎体温を測ることで排卵の有無やタイミング、病気の有無などがわかります。妊娠するためには排卵に合わせて性行為しなくてはなりません。ですから、基礎体温表は不妊症の治療には欠かせない物です。不妊治療を受ける時は基礎体温表を持参するとスムーズに進めることができます。基礎体温を測るための婦人体温計もあります。下記には基礎体温の測り方と正常な基礎体温のパターンと問題のある基礎体温のパターンを紹介しています。

基礎体温の測り方

前日、枕元に体温計と基礎体温表と筆記用具を準備しておきます。基礎体温表は薬局で販売していますし、無料でダウンロードすることもできます。( 無料ダウンロードはこちら。リンク先:花王)体温計は市販の予測式体温計でも実測式体温計でも使えますが、実測式の方がより正確に測ることができます。朝は時間が無い人は予測式の方がいいと思います。
翌日、目が覚めたら布団から出ず横になったまま体温を測定します。測定中も動いてはいけません。測定結果と何か記載すべき事項(薬の服用や風邪をひいているなど)があれば記入しておきましょう。

基礎体温でわかる異状

正常なパターン

基礎体温-正常なパターン

基礎体温が正常で28日周期の場合は、約2週間の低温期(低温相)と高温期(高温相)に分かれます。
排卵は低温期の最終日の前後3日間におこることがほとんどです。特に体温が急上昇する辺りに排卵する人が多いですが、高温期に体温が上昇する直前やに排卵する人もいるので、基礎体温表だけで排卵日を特定する事は難しいです。排卵日をより詳しく特定するには、子宮頚管粘液をチェックしたり病院でエコー検査や尿検査などが必要になります。

 

 

低温期と高温期に分かれていない

基礎体温-低温期と高温期に分かれていない

低温期と高温期にわかれず低温期が続く一相性の場合は、排卵の起こらない無排卵性月経の可能性があります。卵巣機能が悪化すると無月経になることもあるので早めに受診しましょう。

 

 

低温期が長い

低温期が長い

低温期が21日以上続く場合は卵胞発育不全の可能性があります。卵胞発育不全は黄体機能不全の原因にもなります。

 

 

高温期が短い

基礎体温-高温期が短い

高温期が10日以内の場合は黄体機能不全の可能性があります。

 

 

高温期が長い

基礎体温-高温期が長い

高温期が3週間以上続く場合は妊娠や流産、病気の可能性があります。

 

 

低温と高温がバラバラ

基礎体温-低温と高温がバラバラ

睡眠不足、生活リズムが不規則、ストレス、疲労などで体温が上下しやすく、基礎体温がうまく測れずばらばらになることがあります。生活リズムを整えたり、ストレスや疲労を解消しましょう。