不妊症と妊娠しやすい体づくり

妊娠しやすい体をつくろう

妊娠するためには体が妊娠できる状態である事が大切です。特に不妊症の原因が無い人でも普段の生活の中に妊娠しにくくさせる要素はいくつかあり、それらを解消するだけで妊娠しやすくなることもあるので、ぜひ試してみましょう。なかなか成果が表れなくても、焦らず心にゆとりを持つことが大切です。

体重を標準に近付ける

太り過ぎの人や痩せすぎの人はホルモンのバランスを崩しやすいので妊娠しにくい体になっていることが多く、特に痩せすぎの人は太りすぎの人よりも妊娠しにくい傾向にあります。また、最近体重が5kg以上変化があった場合も、ホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくくなることがあります。無理なダイエットは妊娠にとても悪影響を与えるので、標準体重の人や痩せの人はダイエットは控えましょう。太りすぎの人がダイエットする場合は、食事制限だけでなく運動を取り入れ健康的に痩せられるペースで体重を落とすようにしましょう。

 

もともと痩せている人は基礎体温と生理周期が正常で有れば問題はありません。ダイエットで痩せた人や極端に痩せすぎている人が体重を増やす場合は、必ずバランスのとれた食事で増やすようにしましょう。食べて体重を増やすだけでは脂肪ばかり増えてしまうので、運動で筋肉を付けながらバランスよく増やしていくようにしましょう。無理なダイエットで生理不順や生理が止まってしまっている人は、健康な体に戻すには時間がかかりますが、あきらめず健康に気を付ける生活を続けるようにしましょう。

血行と代謝を良くする

冷え性や血行不良の人はホルモンバランスを崩しやすく、体の様々な働きが悪くなるので卵巣や精巣の働きにも影響してきます。冷え性を改善して体の循環をよくしてあげると体温も上がり、体の様々な働きが活発になるので卵巣や精巣の働きもよくなります。冷え性や血行不良を改善させるには、食事に下記の体を温める食材を積極的に取り入れたり、運動で血行をよくしたり筋肉を付けて血液を送るポンプ機能を活発にしましょう。体を締め付ける衣類は血行が悪くなるので、締め付けない服装を心がけましょう。

 

体を温める食材:にんにく、ねぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、ピーマン、 しし唐、唐辛子、しょうが、みょうが、こしょう、シナモン、牛肉、鶏肉、いわし、さけ、海老、もち米、ココアなど

 

とくにショウガは少量で体を温めることができ、効果もすぐに現れやすいのでおすすめです。

ストレスをためない

ストレスはホルモンバランスに影響します。ストレスがたまると生理不順になったり、生理が止まってしまうこともあります。仕事のストレス、夫婦間のストレス、不妊に対してのストレスなどどんなストレスも同じように影響します。ストレスを感じたり悩みを抱えている人は、できる限り解消するようにしましょう。夫婦間のストレスはセックスレスつながってしまうこともあるので、パパと会話をしてお互いの気持ちを理解し合うようにしましょう。いつも深く考えすぎてしまう性格の人は、考え方を前向きにすることも大切です。

バランスの良い食事でビタミンとミネラルをとる

健康な体を作るためにはバランスのとれた食事が大切です。偏った食事をしているとホルモンバランスが崩れ生理不順になってしまうこともあります。ビタミンやミネラルもホルモンの分泌に関係しているので、積極的に取るようにしましょう。不妊症に良いと言われる栄養素だけを積極的に摂取するのではなく、すべての栄養素をバランスよく取ることが大切です。下記の栄養素は妊娠しやすい体を作るためにおすすめの栄養素や食材です。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは血行を良くする働きや、ホルモンの生成分泌にかかわりホルモンのバランスを整える働きがあります。

 

イソフラボン

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので、月経不順やホルモンバランスを整えるのに役立ちます。イソフラボンは大豆に多く含まれる栄養素です。豆腐や納豆などの大豆を使った料理を積極的に取り入れましょう。

 

ニンニク

 

ニンニクにはホルモンバランスを整える働きがあると言われています。ニンニクはビタミンB1、B2やミネラルなど様々な栄養素が含まれており、疲労回復や滋養強壮に効果があり、体を健康にするにはとても良い食品です。食べ過ぎると胃を刺激し過ぎるので気をつけましょう。

 

亜鉛

 

亜鉛は生殖能力の維持や精子を作るために必要なミネラルで、女性ホルモンのバランスを整える働きもあります。イライラやストレスを防ぐ働きもあり、亜鉛が不足するとキレやすくなったり鬱になりやすくなると言われています。ジャンクフードやインスタント食品は亜鉛不足になりやすいので気をつけましょう。

タバコやアルコールは控える

タバコを吸うと血管が収縮し血行が悪くなります。また、たばこには体に良くない化学物質が含まれているので、妊娠だけでなく健康にも悪影響です。アルコールの取り過ぎは精子の数が減り、精子の活動量も低下します。アルコールを飲むと亜鉛をたくさん消費するので、亜鉛不足になり生殖能力が低下します。女性もアルコールの取り過ぎは月経不順や無排卵になることがあります。

不妊症と妊娠しやすい体づくり記事一覧

こちらでは不妊の原因についてそれぞれ詳しく紹介しています。不妊の原因はいくつかあり、一つの原因で不妊になってしまう場合も...

こちらでは男性側の不妊の原因について紹介しています。男性側に不妊の原因が疑われる場合、なかなか病院へ行ってくれない男性も...

検査を初めて受ける時は様々な情報が必要となります。病院を受診する前に基礎体温表や初潮の年齢、避妊の期間、避妊をしていない...

基礎体温とは安静にしている時の体温のことで、女性は黄体ホルモンの分泌によって基礎体温が変化します。この変化は月経周期に合...

不妊治療の方法は原因によって違ってきます。子宮内膜症や卵管のトラブルなどが不妊症の原因の場合は、その原因の治療を優先させ...