発疹が出た時のホームケア方法

発疹が出た時の対処方法は?

赤ちゃんや子供は皮膚が弱いので汗疹がすぐにできたり、感染症で発疹ができたりします。発疹に様々な種類があり、心配のない場合もあれば大きな病気が原因であらわれる場合もあります。発疹が出たらまずは原因を確かめましょう。汗疹は判断がつきやすいですが、突然現れ治らない場合や熱を伴った発疹、食後に現れる発疹、同じ時間に現れる発疹などの場合は病院で診てもらいましょう。

体や衣類は清潔に保ちましょう

体を不潔にしていると発疹から菌が入り感染して悪化してしまうことがあるので、体や衣類は清潔にしておきましょう。痒みのある発疹はかき壊してしまわないように、爪を切ったり赤ちゃんの場合は手をミトンや手袋などで覆ってあげると安心です。お風呂や発疹の手当方法は発疹や原因によって異なるので医師の指示に従いましょう。汗をかいたり湿疹から出た血液や滲出液で服が汚れたら着替えさせましょう。

周りの人へ感染しないように注意

感染する病気の場合は、タオルを共有しない、発疹に触らない、かき壊さない、洗濯ものを別にする、こまめに手洗いをするなど周りにうつらないように工夫しましょう。お尻にとびひや水いぼなど感染する発疹ができた場合は、便座で感染することもあるので注意しましょう。

 

ケガや病気の可能性または症状があるときは、まず専門の医療機関に相談しましょう。