妊娠36週の胎児の体重や母体の様子【看護師が解説】

妊娠中は、ママの身体の中では、どのような変化が起こっているのか、赤ちゃんは、お腹の中でどのように成長していくのか、とても気になりますね。今回は、妊娠36週目の母体の変化や赤ちゃんの様子をご紹介しましょう。

妊娠36週目の母体の変化

妊娠 妊婦

妊娠36週とは、妊娠10ヶ月で、いわゆる臨月といわれる時期です。

いつ赤ちゃんが産まれてもいい時期で、ママの身体も出産に向けて変化していきます。

なんと、ママの身体は1週間ごとに変化するとも言われています。具体的に、どのように変化するのか、みてみましょう。

1.お腹の膨らみが下がる

この時期になると、赤ちゃんは骨盤内に下がり、ママのお腹の膨らみも、だんだんと下がっているのが分かるでしょう。

胃や心臓への圧迫がなくなるため、胃のもたれや息苦しさからは解放され、食欲が増進しますが、食べ過ぎには注意しましょう。

2.頻尿になる

赤ちゃんが骨盤内に下がることで、今度は、膀胱が圧迫され、頻尿となります。

トイレに行く回数が増え、中には、10~15分おきにトイレに行きたくなる方もいます。

尿意を感じたら、我慢せず、その都度、トイレに行き、膀胱を空にしましょう。

3.腰や足の付け根に痛みを感じる

子宮が骨盤内に入り、神経を圧迫することで、腰や足の付け根に痛みを感じやすくなります。

よい姿勢を維持するようにする、軽いマッサージや温めることでも痛みが和らぎます。

妊娠36週目の胎児の様子

この時期の赤ちゃんは、4頭身くらい。身体の機能も成熟し、いつ外の世界に出てきても大丈夫。

1.子宮いっぱいに成長

妊娠36週の赤ちゃんの身長は平均47.4㎝、体重は2.6㎏。

子宮内には、ほとんど余裕がないので、四肢を曲げて、体を引き寄せ、くるりと丸まっています。

赤ちゃんが動くと、お腹の表面に手形や足形が見えることもありますよ。

2.すべての臓器がほぼ完成

呼吸器や消化器など、すべての臓器が完成します。赤ちゃんの体重が2500gを超えると、肺呼吸や体温調節が可能になるといわれています。身体の機能も成熟し、病気に対する免疫も胎盤を通して受け取っているので、いつ外の世界に出てきても大丈夫。

3.オリエンティング・レスポンス(定位反応)

これは原始反射の一つで、ママのお腹に強い光を当てると、赤ちゃんは光の方向に顔を向けるようになります。この反射があることは、赤ちゃんが正常に育っている証拠です。

妊娠36週目の注意点

1.体重管理は、最後まで頑張ろう

赤ちゃんが骨盤内に下がると、胃の圧迫感がとれ、食欲がでます。また、お産に向けてのストレスや「あと1ヶ月だから」という気のゆるみから、つい食べ過ぎてしまう人も。最後の1ヶ月で、急激に体重が増える方も少なくありません。急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、お産を長引かせる原因にもなります。最後まで、体重管理を心がけるようにしましょう。

2.外出時には、出産準備を忘れずに

「外出時にお産が始まったら大変」と、外出を控えがちになる方もいますが、特に医師から注意を受けていなければ、外出しても大丈夫。

むしろ気分転換や体力づくりのために、無理のない範囲で外出することをお勧めします。

ただし、外出する際には、次のものを準備して、出かけましょう。

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証
  3. 病院の診察券
  4. 携帯電話
  5. 緊急時のタクシー代
  6. 破水した時のために、生理用ナプキン
  7. 大きめのバスタオル

誰かと一緒に出掛けるのが理想ですが、一人の場合は、家族に行先を伝えておくと安心ですね。

今後に向けての準備

妊婦 妊娠 母子健康手帳

1.安産に向けて体づくり

臨月になるとお腹が大きくなり、体を動かしにくくなりますね。

しかし、安産を迎えるためには、適切な体づくりが必要です。お産をする時は、足を大きく開くので、股関節の柔軟性は大切。

また、骨盤底筋を鍛えることで、産道をスムーズに広げることができます。

そこで、これらの体づくりに最適なエクササイズをご紹介しますね。

<エクササイズ>

各エクササイズを1日10回を限度に、できれば毎日、行うようにしましょう。

1)股関節をほぐす
  1. あぐらをかいて座ります。
  2. 背筋を伸ばし、何回か深呼吸します。
  3. 姿勢を維持したまま、鼻からゆっくりと息を吸います。
  4. 口らかゆっくりと息を吐きながら、両手で両膝を押して、股関節を伸ばします。

5秒間キープしましょう。

2)太ももを伸ばす
  1. 足を肩幅に開いて立ちます。背中が丸まらないよう、背筋をまっすぐ伸ばします。
  2. 背筋をまっすぐ伸ばしたまま、ゆっくりと息を吐きながら、腰を落とします。落とせるところま

でOK。

3)足首を伸ばす
  1. 椅子に深く腰掛け、姿勢を正しましょう。
  2. 両手で椅子の縁をしっかり持ちます。
  3. 片足を伸ばしたら、つま先を上げて3秒間キープ。
  4. つま先を下げて足首を伸ばし、3秒間キープ。
  5. 反対側の足も同様に行いましょう。
4)スクワットのポーズ
  1. 足をできるだけ大きく開き、立ちます。
  2. そのままゆっくりと腰を落としてしゃがみます。
  3. 手を体の前に出して床につき、体重を少し前にかけます。
  4. そのままの姿勢で、ゆっくり腹式呼吸をします。

<エクササイズの注意点>

  1. お腹の張り、疲れ、痛み、めまいを感じたら、すぐに中止しましょう。
  2. 医師から安静の指示があった場合は、行わないようにしましょう。

2.呼吸法を覚えよう

陣痛がくると、痛みでパニックになってしまう方もいます。

そうなる前に、痛みを乗り切る呼吸法を覚えておきましょう。

痛みを乗り切るには、一定のリズムで行う腹式呼吸が効果的です。

この呼吸法には「痛みから意識をそらすことができる」「体の力を抜いて、リラックスできる」「赤ちゃんに酸素を送れる」という3つのメリットがあります。

まずは、体を締め付けない服装で、姿勢をただし、あぐらをかいて、お腹を手でさすりましょう。

そして、肩の力を抜き、目は開けたまま、鼻からゆっくりと2~3秒かけて、息を吸います。

次に、口をすぼめて、口からゆっくりと、できるだけ時間をかけて息を吐きましょう。

これらをできれば毎日、短い時間でいいので、練習しましょう。

3.いざ、という時の段取りを確認

いつ出産が始まってもいいように、出産・入院中・産後のことを決め、確認しておきましょう。

産院までの道のり、交通手段、緊急連絡先や手続きをリスト化することも必要ですね。

特に交通手段では、タクシーの場合、破水していると乗車させてもらえないケースもあります。

今は、陣痛タクシー等、出産を控えたママ専用のサービスがあります。

この陣痛タクシー(会社によっては、ファミリーサポートまたはマタニティタクシーと呼ぶところもあります)、会員登録すると24時間、陣痛時の送迎講習を受けたドライバーが対応してくれます。

シートも破水に備え、全車に防水シートを用意してくれています。

しかも、通常料金に、お迎え料金が数百円ほどつくだけ。

お住まいの地域や会社によって、サービスの内容に違いがありますので、利用を考えているかたは、事前に調べておきましょう。

まとめ

日光浴

妊娠36週目は、いつ赤ちゃんが産まれてもいいくらい、赤ちゃんも成長し、ママの身体も出産に備えて準備を始めています。

しかし、まだ満期とみなされる37週までは、ちょっと早いですね。

もう少し、お腹の中で過ごせるよう、焦らずに、ゆったりした気持ちで過ごしましょう。