妊娠31週の胎児の体重や母体の様子【看護師が解説】

妊娠 妊婦

妊娠31週は、8ヶ月の最後の週です。

赤ちゃんが大きくなって、お腹が前にせり出してきます。

洋服の上からもおなかに赤ちゃんがいることがよくわかります。

おなかの重みを感じて、立ったり座ったりの日常的な動作もゆっくりになる頃です。

赤ちゃんが大きくなることで、胃が圧迫されて息苦しさを感じている方もいらっしゃることでしょう。

だんだん大きくなる赤ちゃんのことを想って、不安なことも増えてくる頃です。

ここでは、妊娠31週のママと赤ちゃんの状態や注意点、今後の準備などについてお話していきます。

妊娠31週目母体の変化

妊娠31週頃のママの身体は、赤ちゃんが大きくなることによって、お腹の張りや動悸・息切れなどが出やすい時期になっています。

これまで順調だった方も、もしかしたら次のような症状を感じるかもしれません。

お腹の様子

お腹の様子は、子宮底長は約27cmになっています。

これは、おへそとみぞおちの中間ほどの高さです。

ずいぶんお腹が大きくなっていますので、胃が圧迫されて苦しいと感じる方が多くなってきます。

食事の量が少し減ったり、食べられたとしても食後に胃が圧迫されて苦しくなったりと、「つわり再来?」と思うこともあります。

そんな時には、食べる量を調節したり、分割食にしたりして様子を見ましょう。

動悸・息切れ

この頃になると、動悸や息切れを感じる方も多くなってきます。

羊水量が28−30週で最大の800mlほどになりますが、赤ちゃんも成長して、さらにお腹が大きくなるために胃の圧迫が加わります。

子宮は、他の臓器を圧迫しながら大きくなるため、そのような症状が現れます。

ゆっくりと、休みながら行動して、辛くならないようにしましょう。

貧血

妊娠30週前後になると、赤ちゃんへの血流の確保、鉄分の供給の必要性が高まり、ママは貧血(鉄欠乏性貧血)を引き越こしやすくなります。

めまいやふらつきを感じる方や何の症状もない方、様々です。

鉄分が多く含まれているレバーや牛肉、マグロ、ほうれん草などの食品を取り入れるといいですね。

レバーは、食べすぎるとビタミンAの摂り過ぎにつながります。

1週間から10日に1度くらいだと大丈夫ですよ。

ビタミンCと鉄分を一緒に摂ると、鉄分の吸収率がアップしますので、組み合わせも工夫するといいですね。

お腹の張り

妊娠31週にもなると、赤ちゃんが大きくなって、お腹の張りを感じる方も多いと思います。

お腹の張りとは、「子宮収縮」のことです。

お腹が張っていると、お腹を触ると硬くなっています。

そのお腹の張りは、休むとすぐにおさまるようなら大丈夫です。

休んでも、なかなか良くならない、何度もお腹の張りを感じるなどの症状がある場合は、かかりつけの病院に相談しましょう。

お腹が張っている時に、お腹をさすらないようにして下さい。

子宮は「子宮筋」でできており、刺激を伝達する作用があります。

お腹をさすっていると、それが刺激となってお腹の張りがおさまりづらくなります。

そっと手を当てる程度にしておきましょう。

また、「冷え」もお腹の張りを誘発しますので、冷えないようにすることも大切です。

安定期

31週を過ぎると、いよいよ妊娠9か月に突入です。

16週以降から安定期に入り、これまでは活動的にしていた方も無理をしないようにしましょう。

明確に、いつからいつまでが安定期と決められてはいませんが、一般的に安定期とは、妊娠16週から27週頃までをいいます。

これからは、赤ちゃんがどんどん大きくなる時期です。

それに伴う動悸・息切れ、お腹の張り、貧血などの症状を起こすことがあります。

このような症状を感じなくても、もう妊娠も後半で、妊娠による様々な変化が母体に負担になる時期です。

くれぐれも無理をしないようにしましょう。

妊娠31週目胎児の様子

妊娠31週頃の赤ちゃんは、活発に動き、背が高くなり身体の肉付きも良くなってくる頃です。

身体の細部ができあがりつつある状態です。

エコーでの様子

毎回、赤ちゃんの姿が見られるエコーの時間は楽しみですよね。

この時期には、活発に動く赤ちゃんを見ることができるでしょう。

手や足を動かしているところはもちろん、指を動かしたり口を開けたりしている場面も見られるかもしれません。

胎動の様子

妊娠31週頃の胎動は活発です。

まだ子宮の中は余裕があるため、赤ちゃんはよく動けるのです。

また、足や手も長く大きくなっていますので、その分子宮の壁に力強くあたって、胎動を活発に感じるのです。

胎動で夜に目が覚める方もいらっしゃいます。

お腹が張ったり痛くなったりしなければ、様子を見ていても大丈夫です。

逆子

逆子とは、赤ちゃんの頭が上に、足やお尻が下になっていることをいいます。

頭位は、頭が下になっている状態のことで、正常な体勢とされています。

この時期に逆子の赤ちゃんは、まだ頭位になる可能性があります。

なぜかというと、赤ちゃんはずいぶん大きくなっていますが、まだ子宮の中には余裕がある状態だからです。

医師から、逆子体操を勧められる方も多いと思います。

正しい逆子体操が行えるように指導を受けるといいですよ。

ただし、逆子体操をすることによるリスクもありますので、よく説明を聞きましょう。

胎児の成長

31週末で身長40cm 体重1500gほどになっています。

この時期から、医師より赤ちゃんが少し小さめ、大きめなどのコメントがあるかもしれませんが、まだ経過を見る段階です。

これから、身長はあと10cmほど伸び、体重は約2倍になります。

ママの摂る栄養は、赤ちゃんに運ばれ、身体全体を作ります。

バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

31週目の注意点

お腹がせり出して、身体の重心が変わり、少し歩き方が変わってくる頃です。

腰が反り気味にならないように、背筋はまっすぐ伸ばして歩くようにしましょう。

腰や足の付け根を痛めることがあります。

また、動悸や息切れを感じたら、ゆっくりと動くようにするといいですね。

赤ちゃん連れの方は、急ぐことができません。

ゆっくりと行動しても間に合うように、早めの準備が必要ですね。

今からその練習をしておくといいですよ。

今後に向けての準備

両親学級などの参加

病院で行っている両親学級や母親学級に出席できるといいですね。

妊娠後半の身体の変化や出産に向けて入院の必要物品、入院のタイミング、呼吸法などの話が詳しく聞けます。

入院の必要物品の準備

両親学級などを受けて、入院物品の準備や赤ちゃんを迎える準備を進めていきましょう。
病院によって、準備するものは様々ですので、病院に確認が必要です。
必要物品は、34−35週頃までに準備しておくのが無難です。
少し早く出産が始まる方もいらっしゃるので、慌てないように早めの準備がいいですね。

里帰りの方はその準備

里帰り出産の方は、遅くとも32週までに、里帰り先の病院を受診するように言われることが多いです。
持って行く荷物の準備や紹介状の依頼など、早めにやっておきましょう。

赤ちゃんを迎える準備

赤ちゃんを迎えるに当たって、買おうと思っているものは、揃えていきましょう。
だんだんと動くのが辛くなったり、お腹が張ったりして動けなくなることがあります。
この時期に揃え始めて、34−35週までには準備を終えましょう。

まとめ

妊娠31週のママと赤ちゃんの状態や注意点、今後の準備などについて詳しくお話しました。

この時期は、様々な身体の変化を感じたり、出産に向けて不安になったりする頃です。

心配なことは医師や助産師に相談しましょう。

出産に向けて、準備も少しずつ始めいくことをおすすめします。

出産までゆったりとリラックスして過ごせるといいですね。