月齢別赤ちゃんのエコー写真と解説

月齢別に赤ちゃんのエコー写真を紹介

病院で行われる妊娠中の定期健診では、お腹の中の赤ちゃんの様子を見るためにエコー検査が行われます。その時に撮ったエコー写真は健診後にもらえることが多いです。一人一人エコー写真で見られる赤ちゃんの様子は違いますが、下記の月齢別のエコー写真を参考程度にして自分以外の赤ちゃんの様子と見比べてみましょう。
エコー写真は折れたり変色しやすいので、アルバムに挟むなどして残しておくのがお勧めです。
赤ちゃんの様子や成長具合は一人一人異なるので、掲載しているエコー写真と違うからと言って心配する必要はありません。
気になるところがあるときは医師や助産師さんに確認しましょう。

月齢別赤ちゃんのエコー写真と解説記事一覧

妊娠6週頃の赤ちゃんはとても小さくエコーではわかりにくく、心拍はまだ確認できません。まだ胎盤ができてないので卵黄嚢から栄...

妊娠6週頃の赤ちゃんはとても小さくエコーではわかりにくく、心拍はまだ確認できません。まだ胎盤ができてないので卵黄嚢から栄...

妊娠4ヶ月になると顔の形や腕、脚などが見えるようになり体形も赤ちゃんのようになってきました。赤ちゃんの全身がエコーに写る...

妊娠5ヶ月の頃になると元気に手足を動かしている姿やあくびをしたりしている姿が見れることもあるのでいいエコー写真が撮れると...

妊娠6ヶ月の頃になると上半身や下半身部分しかエコーに納まらなくなります。少しずつあいているスペースが減ってきたのがわかり...

妊娠7ヶ月頃には顔がだいぶ大きく写るようになります。子宮の中のスペースも狭まり体や顔はママの子宮や胎盤にぴったりくっつい...

妊娠8ヶ月頃になると赤ちゃんの体に脂肪がついてきてエコー写真もふっくらした様子が見られると思います。妊娠28週1日妊娠3...

妊娠9ヶ月頃は体が大きくなりエコーには一部分しか写らなくなるので何が写っているのかわからない事もあります。一生の大事な写...

妊娠10ヶ月頃は赤ちゃんの身体に脂肪が付きふっくらした様子が見られると思います。お腹の中が窮屈そうであまり動いているとこ...